BT

InfoQ ホームページ IDEs に関するすべてのコンテンツ

  • Microsoft .NET Conf 2020: .NET 5、C# 9.0、F# 5.0など

    先週オンラインでストリーミングされた.NET Confの2020エディションで、Microsoftは、待望久しい.NET 5と、.NET言語の新たなメジャーバージョン(C# 9、F# 5)、ASP.NET 5、EF Core 5.0をリリースした。Visual Studio 2019の新バージョンもリリースされた。.NET 5のサポートとGitツーリングの改良が行われている。BlazorやProject Tyeなどのツールやフレームワークに関するセッションも実施された。

  • Microsoft、Bridge to Kubernetesをリリース

    今週初め、MicrosoftはBridge to Kubernetesをリリースした。Kubernetes環境から依存関係を参照して、マイクロサービスコードをローカルで記述、テスト、デバッグすることの可能な、Visual Studio用のエクステンションである。その目的は、DockerfileやKubernetesマニフェストといった外部アセットのニーズを低減することによる、マイクロサービス開発の簡略化にある。

  • Project Reunionを使用して、MicrosoftはWin32とUWP APIの統合を試みる

    Build 2020で、Microsoftは、複数のWindows 10バージョンおよびデバイス間でアプリ開発を統合することを目的としたProject Reunionを発表した。開発者がプレビュー版で利用できるProject Reunionの最初の3つのコンポーネントは、WinUI 3、WebView2、およびMSIX(MSIX-Core)である。

  • Visual Studio CodespacesはGithub Codespacesに

    今月初旬、MicrosoftはVisual Studio CodespacesをGitHub Codespacesに統合することを発表した。Visual Studio Codespacesは、Gitpodに似たクラウドベースのオンデマンド開発環境である。統合された製品はAzure Functionsをサポートし、Visual Studio 2019、Visual Studio Code、および最新のブラウザで使用できる。

  • Kotlin 1.4 は新しい言語機能、改善されたコンパイラとツールを提供

    Kotlin 1.4 はパフォーマンスとツールの改善に重点を置いている。また、インターフェースの単一抽象メソッド (SAM) 変換、明示的な API モードなど、多くの新しい言語機能が含まれる。

  • JetBrains は IntelliJ 2020.2 をリリース

    JetBrains は IntelliJ IDEA 2020.2 をリリースした。これは人気の統合開発環境(IDE)の最新版だ。

  • Microsoft Build 2020のハイライト

    Microsoftは先週、第10回のBuildを開催した。BuildはMicrosoftのテクノロジを使用する開発者を対象に、年次で開催されるカンファレンスである。このオンラインイベントでは、Blazor WebAssemblyの一般向け提供開始、間もなくリリースされる.NET 5の最新情報、Azure Static Web Apps、IoTや人工知能に関する新プロジェクトなど、重要な発表やリリースが目白押しだった。

  • 開発者調査を調査する - Javaに関する結果を中心に

    JRebelとSynkは先頃、Java/JVMテクノロジレポートを公開した。CodingameとTiobeは、言語の使用と採用に関するレポートを発表している。これら報告書の現状と、Javaを含むエコシステムで現在何が起きているのかを調査した。

  • Microsoft Visual Studio Online: Visual Studio用の分散開発環境

    Microsoftが今月始めのIgniteカンファレンスで、Visual Studio Online(VSO)の公開プレビューを発表した。このサービスは、Visual StdioとVisual Studio Codeを使用可能なマネージド開発環境を提供すると同時に、デバッグやコード補完、協調セッションなどの可能なIDE機能を備えたオンラインコードエディタも備えている。

  • Microsoft .NET Conf 2019 - .NET Core 3.0、C# 8.0、F# 4.7、マシンラーニング

    今週始めにオンラインストリーミングされた.NET Conf 2019 Editionでは、.NETエコシステムの新機能がいくつか発表されている。.NET Core、ASP.NET、EF Core 3.0、さらにC# 8.0とF# 4.7もリリースされた。これら新リリースは、Windowsデスクトップ、Web、モバイルアプリケーションの開発方法に大きな影響を与えるものだ。Visual Studio 2019の新機能とツールも紹介されている。

  • ブロックチェーン開発者ツールをエンタープライズに導入するためにTruffleとMicrosoftがパートナーシップを発表

    最近のブログ投稿で、MicrosoftとTruffleは、ブロックチェーン開発者ツールとエクスペリエンスをMicrosoft Azureエコシステムに持ち込むパートナーシップを発表した。組織が行っている投資には、テスト用のローカルブロックチェーンノード、テストデータ、スマートコントラクトオーサリングと継続的デプロイ、デバッグ、テストが含まれる。

  • MicrosoftがVisual Studio Onlineを発表

    先月Microsoftは、Web用のオンラインコードエディタであるVisual Studio Onlineを発表した。この新しいサービスで、Microsoftは開発者がどこからでも、どんなデバイスでも共同作業できるようにしたいと考えている。

  • IntelliJ IDEA 2018.3がリリース - 次期Java 12のサポート、Spring Boot対応の改善などを提供

    JetBrainsは、同社のフラグシッププロダクトであるIntelliJ IDEAのバージョン2018.3をリリースした。このバージョンには、Java 12のサポート、Spring Bootの拡張、マルチラインTODOコメントのサポートなど、一連の新機能が提供されている。

  • Visual Studio Preview 1の第1印象

    MicrosoftがConnect 2018で、Visual Studio 2019 Preview 1のリリースを発表した。このプレビューでは、IDEの起動からコードリファクタリング機能、大規模なソースツリーのナビゲーションを改善する検索機能の改善まで、多くの変更点が強調されている。

  • IntelliJ IDEA 2018.2、Java 11やMacBookタッチバーのサポートなど

    JetBrainsはIntelliJ IDEAのバージョン2018.2をリリースした。このバージョンは次のJava 11のサポートやブレークポイントインテンション、MacBookのタッチバー、Spring BootやScalaプラグイン、Dockerプラグインの強化といったものを提供する。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。