BT

InfoQ ホームページ IntelliJ IDEA に関するすべてのコンテンツ

  • IntelliJ IDEA 2018.2、Java 11やMacBookタッチバーのサポートなど

    JetBrainsはIntelliJ IDEAのバージョン2018.2をリリースした。このバージョンは次のJava 11のサポートやブレークポイントインテンション、MacBookのタッチバー、Spring BootやScalaプラグイン、Dockerプラグインの強化といったものを提供する。

  • IntelliJ IDEA 2017.3リリース

    JetBrainsが旗艦製品であるIntelliJ IDEAのバージョン2017.3をリリースした。Java、Java EE 8、Spring Boot、Kotlin、Dockerのサポート強化など新しい機能を追加している。バージョン2017.2のリリースから3ヵ月後の最新リリースだ。このリリースまで、JetBrainsはこの最新バージョンのパブリックプレビューを提供し、フィードバックとバグレポートを求めた。

  • IntelliJ IDEA 2017.2: より賢く、より的確に、そしてより早く

    JetBrainsはIntelliJ IDEA 2017.2をリリースした。フラッグシップであるJava IDEの3ヶ月ごとのリリースだ。Trisha Gee氏はこのリリースノートについてブログに投稿した。多くのユーザビリティに関する向上がある。空のコレクションや文字列配列を作った場合や配列で添字が範囲外になる場合の警告の新しいクラスといったものがある。またnullに関する解析を改善した。

  • WebStorm 2017.1、Vue.jsサポートを追加

    WebStormは、最新のJavaScript機能をIDEに追加し続けている。バージョン2017.1には、Vue.js、Jest、Angular Language Service、StandardJS、emojis.のサポートが含まれる。

  • JetBrains Rider: IntelliJとReSharperをベースとした新しい.NET IDE

    JetBrains Riderは、今年の1月に提供されたが、今年の大部分をプライベートの早期アクセスプレビュー(Early Access Preview)に費やしてしまった。現在、EAPはIntelliJプラットフォーム上での .NET開発に向けたものがなにであるかを見たい人が誰でも利用可能になっている。一版リリースされるまでに修正されるべき問題がいくつか残っているが、ツールは非常に安定している。

  • Ceylon 1.3、Androidアプリ構築のサポートなどを追加

    RedHatのJVMのための強い静的型付け言語、Ceylonがバージョン1.3になった。バージョン1.2から1年、メジャーリリースであるCeylon 1.3には、新しい言語機能と改善に加えて、Androidサポート、npmインテグレーション、IntelliJ IDEAとAndroid Studioのためのプラグインが導入されている。

  • ZeroTurnaround社はRebelLabsの開発者生産性レポートを公表した

    本日ZeroTurnaround社のRebelLabsは年2回の2016年の開発者生産性レポートを公表した。これは2000人以上が仕事で何のツールを使っているかを回答したものだ。InfoQはレポートに接近し、結果をまとめた。

  • Java Champions、フリーのIntelliJ IDEAライセンスを受け取る

    Java Championには特権があるが、JetBrainsの寛大さによりIntelliJ IDEAのフリーライセンスそこに加わった。承認されたオープンソースプロジェクト、学生、教師など、特別なJeBrainsプレミアムを獲得できるグループのリストに加わることになる。

  • Android Studio 2.0の新機能: Instant RunとCloud Test Lab

    Android Studio 2.0がリリースされた。Instant Run、実機上でテストするGoogleサービスとのインテグレーション、エミュレータの高速化、ビルドの高速化、GPUプロファイラとデバッガ、ディープリンクのサポートなど、複数の新機能と改善が含まれている。

  • Android Studio 2.0がホットコードスワッピングをサポート

    Android Studio 2.0がカナリアチャネルに登場した。今回のリリースで注目される改良点は,開発手順がさらに合理化されたことだ。コードのスワッピングやビルドの高速化,エミュレータの速度向上,GPUプロファイラとデバッガ,複数タイプのテストの同時実行などが可能になっている。

  • IntelliJ IDEA 15リリース

    JetBrainsはIntelliJ IDEA 15をリリースした。Java 8ラムダ式のデバッグサポート強化,テスト実行のユーザインターフェース改善,JVMフレームワークサポート拡張(Spring 4.2, Hibernate 5.0, Grails 3.x, Arquillian),Typescript 1.6とTSLintの統合,Angular 2の初��サポートなどを備える。

  • Android Studio 1.4、ベクターグラフィックスのサポートを追加

    GoogleがAndroid Studio 1.4をリリースした。今回のリリースでは、ベクターグラフィックス、テーマエディタ、Design Support Library用のテンプレート、Firebaseアカウントへの簡単接続がサポートされる。

  • JetBrainsのサブスクリプションライセンス採用が論争に

    IntelliJ IDEAやReShaperなどを提供するJetBrainsが,ライセンス方法を全面的に変更すると発表した。この変更で同社の開発ツールはすべて,サブスクリプションベースのライセンスモデルに変更され,使用のためには継続的な支払が必要になる。

  • Google、Android Eclipseツールのサポートを終了

    GoogleがEclipseベースのAndroid開発ツールを今年末までで終了することを発表した。

  • JetBrainsがAppCode 3.1プレビューをリリース,Swiftサポートを強化

    JetBrainsがAppCode 3.1をEAP(Early Access Program)としてリリースした。Swiftサポートの改善されたIDEのプレビューを開発者に提供する。今回のリリースは,基本的な編集サポートやSwiftソースファイルの構文強調表示などといった,6月の3.0.1リリースで導入されたSwiftの基本サポートの上に構築されている。リリース3.1でSwiftを使う場合は,IDEの先進的な機能のほとんどを利用することができる。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。