BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ IntelliJ IDEA に関するすべてのコンテンツ

  • Javaニュース総まとめ: IntelliJ IDEA 21.2、Quarkus 2.1、Micronaut 3.0.0-M5、WildFly、Payara Platform

    今週2021年7月26日のJava総まとめでは、JDK 17、JDK 18、Micronaut 3.0.0、Quarkus 2.1.0、Apache Camel Quarkus 2.1.0、WildFly 24.0.1、Josh Long氏のBootiful Podcastの最新版、IntelliJ IDEA 2021.2、IntelliJ Scala Plugin 2021.2、RefactorFirst 0.2.0、Apache Tuweni 2.0からのニュースを特集する。

  • Java News Roundup: JDK 17, JDK 18, Open Liberty, Payara, Quarkus and Spring

    今週2021年7月5日のJavaラウンドアップでは、JDK17、JDK18、Open Liberty 21.0.0.7、Payara Server Community 6.2021.1.Alpha1、Quarkus 2.0.1、Spring Framework、javaxからjakartaへのネームスペース変更、IntelliJ IDEA 2021.2の開発状況、July 2021 TIOBE Indexを紹介する。

  • Javaニュース総まとめ - 2021年6月28日週

    今週のJava総まとめでは、JDK 17、JDK 18、GraalVM Native Build Tools、TornadoVM 0.10、Quarkus 2.0およびApache Camel Quarkus 2.0のリリース、Apache Camel 3.11、Apache Wicket、Helidon、Micronaut Foundation、JReleaser 0.5.0、IntelliJ IDEA 2021.1.3、Gradle 7.1.1、Hibernate、Scala、ASM、およびSpring Frameworkからのニュースを取り上げる。

  • JetBrainsがIntelliJ IDEA 2021.1をリリース

    JetBrainsは、Java 16のサポート、HTMLの変更を即座にレンダリングする新しいプレビュー機能、およびWSL 2のサポートを特徴とするIntelliJ IDEA 2021.1をリリースした。Docker、WSL 2、またはSSH経由でアプリケーションを実行することもできる。その他Docker、Kubernetes、Kotlin、Gitなどのサポートのさまざまな改善が含まれる。

  • IntelliJ IDEA 2021.1 EAPがJava 16をサポート

    JetBrainsは、Java 16のフルサポートを備えたIntelliJ IDEA 2021.1 EAP 1をリリースした。注目すべき特徴としては他に、Windows Subsystems for Linux(WSL) 2のサポート、HTMLファイルをプレビューするための組み込みブラウザ、プロファイリングサポートの改善などがある。Docker、SSL、WSL経由でのアプリケーションの実行も可能になる。

  • Kotlin 1.4 は新しい言語機能、改善されたコンパイラとツールを提供

    Kotlin 1.4 はパフォーマンスとツールの改善に重点を置いている。また、インターフェースの単一抽象メソッド (SAM) 変換、明示的な API モードなど、多くの新しい言語機能が含まれる。

  • JetBrains は IntelliJ 2020.2 をリリース

    JetBrains は IntelliJ IDEA 2020.2 をリリースした。これは人気の統合開発環境(IDE)の最新版だ。

  • 開発者調査を調査する - Javaに関する結果を中心に

    JRebelとSynkは先頃、Java/JVMテクノロジレポートを公開した。CodingameとTiobeは、言語の使用と採用に関するレポートを発表している。これら報告書の現状と、Javaを含むエコシステムで現在何が起きているのかを調査した。

  • IntelliJ IDEA 2018.3がリリース - 次期Java 12のサポート、Spring Boot対応の改善などを提供

    JetBrainsは、同社のフラグシッププロダクトであるIntelliJ IDEAのバージョン2018.3をリリースした。このバージョンには、Java 12のサポート、Spring Bootの拡張、マルチラインTODOコメントのサポートなど、一連の新機能が提供されている。

  • IntelliJ IDEA 2018.2、Java 11やMacBookタッチバーのサポートなど

    JetBrainsはIntelliJ IDEAのバージョン2018.2をリリースした。このバージョンは次のJava 11のサポートやブレークポイントインテンション、MacBookのタッチバー、Spring BootやScalaプラグイン、Dockerプラグインの強化といったものを提供する。

  • IntelliJ IDEA 2017.3リリース

    JetBrainsが旗艦製品であるIntelliJ IDEAのバージョン2017.3をリリースした。Java、Java EE 8、Spring Boot、Kotlin、Dockerのサポート強化など新しい機能を追加している。バージョン2017.2のリリースから3ヵ月後の最新リリースだ。このリリースまで、JetBrainsはこの最新バージョンのパブリックプレビューを提供し、フィードバックとバグレポートを求めた。

  • IntelliJ IDEA 2017.2: より賢く、より的確に、そしてより早く

    JetBrainsはIntelliJ IDEA 2017.2をリリースした。フラッグシップであるJava IDEの3ヶ月ごとのリリースだ。Trisha Gee氏はこのリリースノートについてブログに投稿した。多くのユーザビリティに関する向上がある。空のコレクションや文字列配列を作った場合や配列で添字が範囲外になる場合の警告の新しいクラスといったものがある。またnullに関する解析を改善した。

  • WebStorm 2017.1、Vue.jsサポートを追加

    WebStormは、最新のJavaScript機能をIDEに追加し続けている。バージョン2017.1には、Vue.js、Jest、Angular Language Service、StandardJS、emojis.のサポートが含まれる。

  • JetBrains Rider: IntelliJとReSharperをベースとした新しい.NET IDE

    JetBrains Riderは、今年の1月に提供されたが、今年の大部分をプライベートの早期アクセスプレビュー(Early Access Preview)に費やしてしまった。現在、EAPはIntelliJプラットフォーム上での .NET開発に向けたものがなにであるかを見たい人が誰でも利用可能になっている。一版リリースされるまでに修正されるべき問題がいくつか残っているが、ツールは非常に安定している。

  • Ceylon 1.3、Androidアプリ構築のサポートなどを追加

    RedHatのJVMのための強い静的型付け言語、Ceylonがバージョン1.3になった。バージョン1.2から1年、メジャーリリースであるCeylon 1.3には、新しい言語機能と改善に加えて、Androidサポート、npmインテグレーション、IntelliJ IDEAとAndroid Studioのためのプラグインが導入されている。

BT