BT

InfoQ ホームページ Kanban に関するすべてのコンテンツ

  • 分散チームの同調を保つには

    分散チームの最大の課題はコミュニケーションである。コミュニケーションは、コラボレーションの基本ルールを確立する上で不可欠なものだ。お互いの連絡に都合のよい勤務時間へのシフトやチームリエゾンは、コミュニケーションと作業同期を行なう上で有効な手段である。信頼と尊敬とオープン性に立脚したチームは、組織全体の人々を積極的に支援し、チーム間の同調を維持する文化を育む。

  • すべてのマネジメントをアジャイルに - Fin Goulding氏の講演より

    AvivaのインターナショナルCIOであるFin Goulding氏が、先日のDevOps Enterprise Summit Londonで、組織全体のフロー原理(flow principles)によるアジャイル能力向上について講演した。講演で取り上げられた内容のいくつかについて、詳しい説明を氏に依頼した。

  • オピニオン:2017年のCulture & Methods は何が待ち構えている?

    われわれは InfoQ Culture & Methods の編集チームに、2017年のテクノロジー分野で目立ってくるトレンドは何か、世界中の組織に影響するものは何か調査を行った。

  • アジャイルコラボレーター、リーダー Jean Tabakaとの別れ

    アジャイルコミュニティはソートリーダー、インフルエンサー、そして友であるJean Tabaka氏を失った。彼女は今週初めに亡くなり、CA Technologies (前Rally Software)におけるアジャイルフェローとしての仕事、そして"Collaboration Explained: Facilitation Skills for Software Product Leaders"の著者としてよく知られていた。

  • Wrike、2016年版アジャイルマーケティングサーベイ結果をリリース

    ワークマネジメントおよびコラボレーションプラットフォーム企業Wrikeが、アジャイルの利用、仕事にどう役立っているか、その全体的な満足度について、800名のマーケティング担当者を調査した。

  • Tomas Rybing氏による"標的型かんばんボード"の紹介

    この記事では,Tomas Rybing氏の紹介する,射撃の標的を応用したかんばんボードについて説明する。

  • チームレベルのパフォーマンス最適化をすべきでない理由とは

    Klaus Leopold氏がGOTO Berlin 2015カンファレンスでの講演で,チームレベルのパフォーマンスの重視が多くの場合,局所的な部分最適化を引き起こし,結果としてチーム全体のアジリティが向上しない理由について,詳しく説明した。InfoQは氏にインタビューして,なぜアジャイルフレームワーク導入がアジリティ向上に結び付かないのか,コラボレーション向上にかんばんをどのように利用すればよいのか,チームがかんばんに期待できるメリットは何か,などを聞いた。

  • かんばんを用いたイノベーション

    Patrick Steyaert氏がLean Kanban Benelux 2015とLean Kanban Central Europe 2015という2つのカンファレンスで,かんばんを使用したリーンイノベーションについての講演を行った。InfoQは氏とのインタビューで,イノベーションに対する主要な障害,イノベーション管理への"気付きかんばん(discovery Kanban)"の利用,イノベーションのための才能開発などについて聞くとともに,ビジネスモデルキャンバスやリーンキャンバス,あるいはその他の思考ツールとかんばんとの併用事例についても尋ねてみた。

  • かんばんを使ったITホスティング - 保険会社のケーススタディ

    Odile Moreau氏がLean Kanban Benelux 2015カンファレンスで,ある大手保険会社のアジャイル移行をケーススタディとして発表した。同社はITホスティングのチームを対象に,かんばんを採用したアジャイルの導入に着手している。InfoQは氏にインタビューして,同社の状況やかんばんを選択した理由,作業フローを管理し調整する上でかんばんをどのように利用しているかなどに加えて,かんばん導入から氏が得た教訓についても聞くことができた。

  • ギリシャにおけるアジャイルとリーンの採用事情

    ギリシャでは,中小規模の企業がアジャイル的な作業方法を導入しているのに対して,大規模な組織の実例はそれほど多くない。その一方で,地元企業のアジャイルに対する関心は高まっている。アジャイルミートアップでは,スクラムとかんばんのどちらを採用すべきか,スタートアップとスクラム,固定価格とスコープ契約,生産性,チームでの幸福感といった話題が議論されている。

  • さまざまなタイプのカンバンボード

    このポストは5つのイノベーティブなカンバンボードに関するものである。

  • 目的に合ったアジャイルメソッドを適用する

    Cape Project Managementのアジャイルエグゼプティブコーチ兼トレーナであるDan Tousignant氏が,アジャイルアプローチを選択するためのマトリックスを提案した。

  • Lego Flow Game

    スクラムマスタ兼コーチのJoe Mcgrath氏が,自身のブログの最新記事で,Lego Flow Gameを取り上げている。

  • “Arrow"かんばんボードの導入

    Tomas Rybing氏が‘Arrow’と題した独自のかんばんボードのコンセプトを発表した。Arrowは優先順位ピラミッドのアプローチをベースとして,バックログとかんばんボードを組み合わせることで,作業プロセスを視覚化したものだ。

  • 組織レベルでアジャイルになるため、スクラムをこえてプラクティスをサポートする

    スクラムはシンプルでライトウェイトな手法なので、スクラムだけでは十分とは言えない。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。