BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Kanban に関するすべてのコンテンツ

  • Lego Flow Game

    スクラムマスタ兼コーチのJoe Mcgrath氏が,自身のブログの最新記事で,Lego Flow Gameを取り上げている。

  • “Arrow"かんばんボードの導入

    Tomas Rybing氏が‘Arrow’と題した独自のかんばんボードのコンセプトを発表した。Arrowは優先順位ピラミッドのアプローチをベースとして,バックログとかんばんボードを組み合わせることで,作業プロセスを視覚化したものだ。

  • 組織レベルでアジャイルになるため、スクラムをこえてプラクティスをサポートする

    スクラムはシンプルでライトウェイトな手法なので、スクラムだけでは十分とは言えない。

  • 私生活でアジャイルを実践する

    アジャイルはソフトウェア開発だけのものではない。私生活でも実践できる。この記事では家庭でのアジャイルの実践について紹介する。

  • Gil Ziberfeld氏に聞く - アジャイルにおける製品計画とその管理

    InfoQは,プロダクトの計画とその実践,#NoEstimatesに対する考え,製品計画に関する議論の価値,製品開発における意思決定の改善方法などについて,Gil Zilberfeld氏にインタビューした。

  • アジャイルの現状 - 2014年12月

    InfoQの編集者、コンサルタント、トレーナーに現在のアジャイルの状況や普及、どのようなアイディアや実践、技法が出現しているのかについて、意見を聞いた。科学的な調査ではなく、何方かと言えば非公式の意見収集だ。

  • かんばん方式による変革 - ある保険会社のケーススタディ

    かんばん方式は作業管理に使用されることが多いが,概念としては,組織改革の旅の道先案内として使うこともできる。今回紹介するのは,かんばん方式を利用した改革によって,可視性と予測可能性の改善と人々の積極的参加を成し遂げた,ある保険会社のケーススタディである。

  • かんばん方式におけるメトリクスの適用例

    メトリクス(定量的な指標)は,かんばん方式に深く組み込まれている。可視化や管理フローなどのかんばん方式のプラクティスで役割を果たすと同時に,持続可能性やサービス指向,生存性といった面からの課題解決をサポートする。Lean Kanban Central Europe 2014 ConferenceでWolfgang Wiedenroth氏は,メトリクスの持つパワーについて講演した。プレゼンテーションの中で氏は,かんばん方式におけるメトリクスの使用例をいくつも紹介している。

  • カンバンのフローマネージャは変化を触媒する

    企業が仕事の視覚化のためにカンバンを利用するのは、もったいないことだとMatthew Philip氏は言う。フローマネージャという役割を導入することで、チームは反省をし問題に対する解決策を見つけやすくなる。それによって企業に変化が伝播する。

  • カンバンを使ってアジャイルを始める

    アジャイルの導入成功と組織変革の方法には関連がある。組織は、“命令”としてトップダウンでアジャイルを導入することもできるし、アジャイル導入の代替方法の記事で書いたアプローチでも導入する。カンバンはアジャイルをスタートするために使え、チームは持続的な新しい働き方を作る準備ができたと感じたときにアジャイルに参加できる。

  • カンバンで需要と能力のバランスをとる

    カンバンを使うことで、組織は実施中の作業を把握し、需要と能力のバランスがとれるプルシステムを確立できる。まずは実際の能力がどの程度あるかを見極め、その能力の流れを可視化することだ。InfoQはFlorian Eisenberg氏にインタビューし、どのように需要と能力のバランスをとるかについて話を聞いた。

  • 中央ヨーロッパにおけるリーン・かんばんのケーススタディ

    Lean Kanban Central Europe 2013 (LKCE13)では、変化マネジメント、システムシンキング、リーダーシップ、学習、チームワーク、そして、リーン・かんばんを導入した大企業のケーススタディのプレゼンテーションが行われた。InfoQは、アジャイルソフトウェア開発にリーン・かんばんを展開したことについて、Roock氏にインタビューした。

  • VersionOneがState of Agile Development Survey for 2012の結果を公表

    VersionOneがState of Agile Development Survey for 2012の結果を公表した。今回もアジャイルの普及とトレンドを表す重要な指標となっている。

  • アジャイルを用いたビジネスプロセスの��善

    組織はビジネスプロセスの改善を望んでいる。そして今日,それは迅速に行う必要がある。ならばビジネスプロセスの改善に,アジャイルの手法やテクニックを使うことはできないだろうか?

  • VS2012.2は、グループ開発が改善されている

    VS2012.2には、単にGitサポート以上のものがある。Visual Studio と TFSの両方共、開発者の毎日の生活の質に関連した、使用上の改善がいくつもなされている。

BT