BT

InfoQ ホームページ ライセンス に関するすべてのコンテンツ

  • Sonatypeが企業のオープンソース利用を把握するための製品を発表

    Maven開発で指導的役割を果たしているSonatypeはSonatype Insightを発表し、組織のオープンソースの利用と監査を支援する企業の仲間入りを果たした。このようなサービスを提供する会社は増加している。

  • VMware が vFabric クラウドアプリケーションプラットフォーム5を発表,ライセンス方式とデプロイメントを簡略化

    VMware は本日,今夏の終わりに出荷予定の vFabric クラウドアプリケーションプラットフォーム次期バージョンのライセンスモデルを,VM 単位のものに変更すると発表した。今回のプラットフォームには Spring tc Server で動作する Java アプリケーションの柔軟なメモリ管理と,Spring アプリケーションのパフォーマンス監視を実稼働時に行う Spring Insight ベースのツールが加えられている。

  • Android Java に著作権侵害はあるか

    金曜日に投稿された記事で,Android のソースツリーには他者が所有権を持つコード,あるいは逆コンパイルされたコードが他にも存在する,と指摘されている。これは Oracle と Google の訴訟にどのような影響を及ぼすだろうか。

  • Apple が iPhone 開発を開放

    Apple は今日,同社が "開発者の意見を受け入れて","最終的なアプリケーションがコードのダウンロードを行わない限り,iOS アプリを作成するための開発ツールに関するすべての規制を緩和する予定である" と発表した。同時に "提出されたアプリの審査方法について開発者の理解を得るために,App Store レビューガイドラインを初めて公開する” とも発表している。

  • クラウドコンピューティング向けの新しいPHPライセンスオプション

    Zend社は、クラウドコンピューティングをサポートするために、PHP製品向けに「Unlimited Subscription」ライセンスオプションを先日発表した。仮想化とクラウドコンピューティングの技術は、伝統的なソフトウェアライセンス形態(ユーザ毎のライセンス、サーバ毎のライセンスなど)に大きな課題を突きつけている。なぜなら、どちらの技術を使っても、実行されるインスタンスの数が動的に変化するからだ。Zendは、この問題に対する解決方法を提案している。

  • iPhone 開発ライセンス変更への反応とその結果

    ある 報告 によると,Apple が iPhone の開発ライセンスを変更して,Objective- C,C,C++ 以外の言語で記述されたアプリケーションや “中間言語や互換性レイヤ,あるいはツールを通じて” API にアクセスするアプリケーションが禁止されることになるという。反響は大きく,産業界に波紋を広げることになりそうだ。

  • GoogleとAndroid開発者とのトラブル

    Googleが、最近、Steve Kondik氏に対して停止命令を出した。Kondik氏は、CyanogenModを作ったAndroid開発者として知られている。 CyanogenModは、無料で公開されているカスタマイズしたAndroidファームウェアであり、Maps、GMail、Talk、 YouTube、Marketなどのオープンソースではないアプリケーションをバンドルしている。これがGoogleと開発者の最初の衝突だと見る人もいる。

  • コピー防止ソフトウェアの代替となるWebサービス

    マイクロソフトは、同社の新しいバーコードテクノロジーである「マイクロソフト・タグ」を生成するAPIをリリースした。しかしこれはほとんどの商用ライブラリと異なり、コピー防止措置がとられていない。その代わりに、このライブラリはWebサービスとしてのみ利用できる。

  • Microsoft、2万行のコードをLinuxカーネルに提供

    Microsoftは、3つのLinuxデバイス ドライバをLinuxカーネル2.6.32に提供したとしている。これはGPLv2ライセンスの下で行われ、コードは2万行に及ぶ。

  • OpenMoko、MP3の特許権論争に直面

    Linuxベースの電話であるOpenMokoは現在、Societa Italiana per lo Sviluppo dell'Elettronicaとして知られるSisvelと特許権に関わる議論の最中にある。Sisvelは、イタリアの特許権所有企業である。積極的にMPEG特許を実施していることでその名が知られている。

  • IcedTea:完全準拠のオープンソースJavaの誕生

    IcedTeaプロジェクトがJava Test Compatibility Kitを追い越し、Java完全準拠である、初のオープンソースライセンスのJava実装が誕生した。

  • OpenJDKを真のオープンソースにする架け橋「IcedTeaプロジェクト」

    GPL ライセンスのJavaプラットフォーム実装である、OpenJDKが Sunから正式にリリースしてから1年になる。この間にJavaコミュニティは、この新しいオープンソースのコードベースに再び向かい始めている。

  • LGPLからGPLv3への議論を呼んだ変更を受け、ExtJSのライセンスは発展し続けている

    よく用いられるJavascriptライブラリ、ExtJSのリード開発者であるJack Slocum氏は、ExtJSの2.1以降を使用して開発されたオープンソースソフトウェアのために、コミュニティで2つの新しい除外規定を作ろうとしていることについて先日公表した。

  • AMF、BlazeDSまたはGraniteDSによる、Adobe FlexアプリケーションのRPC

    先日、AdobeがAMFの仕様やコードを含むLiveCycle Data Servicesの大部分を、BlazeDSプロジェクトとしてオープンソース化すると発表したことで、Adobe Flexプラットフォームは大きく変化した。この変化はFlexプラットフォームの採用を検討している人々から、最終的なコストやライセンシングの障壁を取り除くだろう。

  • Dalvik、Androidのバーチャルマシーンが激しい論議を巻き起こす

    今週初旬に行われたGoogleのAndroid SDKのリリースと共に、APIとモバイル分野において与えられる影響に関するディスカッションが盛んであった。しかしながらJavaコミュニティにおいて重大なディスカッションを引き起こした分野は、Androidプラットフォームの基礎であるDalvikバーチャルマシーンである。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。