BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ライセンス に関するすべてのコンテンツ

  • Grafana LabsがGrafana、Loki、TempoのライセンスをAGPLv3に変更

    Grafana Labsは最近、コア製品のライセンスを変更する計画を発表した。彼らは、Grafana、Grafana Loki、GrafanaTempoをApache License 2.0からAffero General Public License(AGPL)v3にライセンスを変更する。プラグイン、エージェント、特定のライブラリは、Apacheライセンスのままになる。

  • AmazonはElasticsearchのフォークをOpenSearchにブランド変更

    Amazonは先頃、ElasticSearchとKibanaのバージョン 7.10.2から派生したフォークのOpenSearchのリリースを発表した。OpenSearchは、Apache License V2 (ALv2) の下でライセンスされる。Elasticは先頃、非営利目的でのコードの使用を簡素化するためElastic Licenseを調整している。

  • ElasticがElasticsearchとKibanaのライセンスを変更、AWSは両者をフォーク

    Elasticは先頃、ElasticsearchとKibanaのライセンス変更を発表した。同社は、Apache 2.0から移行し、サーバサイドパブリックライセンス (SSPL) とElasticライセンスを採用する。Amazonは、以前のライセンスの下でElasticsearchとKibanaの両方のフォークを保守する計画で反応した。

  • Google、Windows Server VMの管理を簡略化する新機能を発表

    Googleは先頃、起動画面診断、Windows Serverの自動アップグレード、新しい診断ツール、ライセンスレポートの改善など、いくつかの新機能を発表した。大部分はベータ版で、Google Cloud (GCP) 上で動作するWindowsワークロードに関する問題のトラブルシュートやアップグレード、必要なライセンスの管理の簡略化を目的としたものだ。

  • Open Core Summitを開催する理由 - 発起人のJoseph Jacks氏に聞く

    あるソフトウェアがクラウドベースで広く採用されるようになったことがきっかけで、いくつかのオープンソースプロジェクトが、最近になってライセンスの変更を行っている。例えば、Confluentは昨年末、データ転送機能を提供するストリーミングプラットフォームであるConfluent Platfornのコンポーネントの一部と、システムとデータソースを接続するツールのライセンスを変更すると発表した。SaaSプロバイダによる、これらコンポーネントの使用を制限するためだ。

  • MacOS Catalina、BashをやめてZshに

    WWDC 2019において、AppleはmacOS Catalinaと呼ばれるデスクトップOSの次期バージョンなど多数の新プロダクトを発表した。macOS Catalinaでは、新規に作成したアカウントのデフォルト・コマンドラインシェルがbashからzshに変わる予定だ。

  • EclipseとOracle、javaxパッケージ名前空間と商標の扱いに関する合意を断念

    Eclipse FoundationとOracleは、Java EEのjavaxパッケージの今後の拡張方法について、合意に達することができなかった。

  • クラウドベンダーの使用を制限するConfluent Platformのライセンス変更

    Confluentは、データを転送する機能とシステムとデータソースを接続するツールを提供するストリーミングプラットフォーム、Confluent Platformの一部コンポーネントに関するライセンス変更を発表した。今回のライセンス変更は、特に、SaaSプロバイダによるこれらコンポーネントの使用制限にフォーカスしている。

  • OSSライセンスの遵守を簡単にするGitHub Licensed

    GitHub Licensedは、オープンソースのツールであり、GitHub上のプロジェクトの依存物のライセンスの正しさの保証とドキュメント化に関する雑務を単純にしてくれる。

  • GitHubとFacebookがAtom-IDE開発で協力

    GitHubとFacebookはチームを組んでAtom-IDEをリリースした。Atomエディタをより多機能にする、パッケージのコレクションである。開発の多くはFacebookのNuclideプロジェクトから取り入れているが、そのライセンスと競合他社の対応がAtomの将来を不確定なものにしている。

  • FacebookがReactのオープンソースライセンス変更を拒否

    Apache Foundationは先頃、FacebookのBSD+PatentsオープンソースライセンスのApacheプロダクトへの導入を認めないと発表した。この決定は、React開発者の間に失望と多くの内省を促したが、Facebookは決定の再考を拒否している。

  • Facebook、ReactをMITライセンスに変更

    Facebookは、ReactのライセンスをBSD+PatentsからMITに変更することを決めた。ApacheプロジェクトにReactを組み込めるようにし、オープンソースコミュニティとの不安定な関係を回避するためだ。

  • Dockerコンテナ上でのJavaの実行はライセンス違反なのか?

    先日のブログ記事でHenn Idan氏が,Oracle Javaをコンテナで使用することはOracleのライセンス契約に違反しているのではないか,という問題を提起した。開発者にとってこれは懸念すべき問題なのだろうか?InfoQが調査した。

  • GoogleとMPEG LAがVP8を巡る論争に終止符

    GoogleはMPEG LAの所有する,VP8に不可欠なアルゴリズムのライセンスをすべて取得した。合わせてサードパーティ開発者に対してVP8をロイヤリティフリーでサブライセンスする権利も獲得し,VP8コーデックの広範な採用に向けて道を開いた。

  • Oracle対Googleの審理

    Oracle対Googleの審理で、Googleの会長であるEric Schmidt氏は同社がJavaのライセンスのためにSunに求められた30万ドルから50万ドルを払う用意があったと発言した。GoogleはSunが求めた金額は拒否しなかったが、Androidをより自由に扱いたかったという。

BT