BT

InfoQ ホームページ Microsoft に関するすべてのコンテンツ

  • F# 4.6がリリース、匿名レコード型と性能向上

    .NET Core 2.2の最新リリースで利用可能になったF# 4.6の最も重要な変更は匿名レコード型の導入である。さらに、Visual Studio 2019のF# コンパイラーチェーンは、中~大規模プロジェクトのパフォーマンスがいくつかの面で向上した。

  • Microsoftが仮想マシンでのAzure IoT Edgeのサポートを発表

    先日のブログ記事でMicrosoftは,仮想マシンでのAzure IoT Edgeのサポートを発表した。この新機能により,VMware vSphereとHyper-Vを含むMicrosoftの仮想プラットフォームのサポートが拡大される。これら仮想プラットフォームを使用することで,ユーザはAzure IoT Edgeの運用を,Windows,さまざまなLinuxディストーション,コンテナから選択できるようになる。

  • C# の機能: Defer

    GoとSwiftでよく知られるものなのであるが、C#でも提案#1398にてDeferステートメントの希望がされている。概念について把握していない方のために解説をすると、これはfinallyブロックがコードの最後でなく最初に現れるものと説明できる。

  • C#の機能 - ポインタ演算

    ネイティブプラットフォームと相互運用する場合、ポインタ操作に関して極めて特殊なコーディングパターンが必要となることがよくある。Cで記述したシム(shim)を経由すれば可能だが、 "Operators should be exposed for System.IntPtr and System.UIntPtr"と題した提案では,C#から直接提供する方法について論じている。

  • C#機能: 静的デリゲートと関数ポインター

    C#のリリースごとに低レベルの機能が追加される。ほとんどのビジネスアプリケーション開発者には不要だが、グラフィック処理、機械学習、数学的パッケージに適したハイパフォーマンスのコードを可能にする。この2つの提案で、新しく関数への参照と呼び出し方法が提供される。

  • MicrosoftがSurfaceやHyper-Vで使用しているUEFI Coreをオープンソースとして公開

    Project Muは、デバイスファームウェアの短期間での開発と頻繁なアップデートを可能にし、Project Mu デバイスへの"ファームウェア・アズ・ア・サービス(FaaS)"進化モデルの適用を実現することを目的とする。Microsoftによると、Project Muには、Microsoft SurfaceやHyper-Vなど、いくつかの製品で利用されているものと同じコードが含まれている。

  • .NET Core 3.0 での Systems.Collections

    .NET 3.0 の Systems.Collections でタグ付けされた issue リストに目を通すと、受理された提案と却下された提案がそれぞれあることがわかる。このレポートでは、その主要なものをいくつか取り上げる。

  • MicrosoftがAzure FunctionsでのPythonサポートの公開プレビューを発表

    先日のConnect()イベントでMicrosoftは,Azure FunctionsのPythonサポートの公開プレビューを発表した。これにより,オープンソースのFunction 2.0ランタイムに基づいてPython 3.6で構築した関数のConsumption Planへのパブリッシュが可能になる。

  • MicrosoftはAzure Service BusとEvent Hubの可用性を拡大

    Microsoftは最近のブログ記事で、Availability ZonesがAzure Service Bus PremiumとAzure Event Hubs Standardをサポートすることを発表した。このサポートにより、顧客は、アベイラビリティーゾーンがサポートされているリージョンで、これらのサービスに対して高可用性オプションを利用できる。

  • C#機能: ラムダ属性

    属性は.NETのメタデータ処理機能の重要な部分である。属性は、コンパイラ、スタティックアナライザ、ランタイムライブラリによってさまざまな目的で使用される。通常の関数/メソッドは属性を持つことができるが、この提案以前はラムダと無名関数は持つことができなかった。

  • .NET CoreにVisual BasicのFile IOを追加

    Visual BasicのFile IOライブラリは.NET Core 3.0に移植中である。これには、1回の関数呼び出しでディレクトリをコピーまたは削除する機能、Windowsのごみ箱(p/invokeコードなしで)のサポート、固定幅ファイルも処理できるRFC準拠のCSVパーサなどの便利な機能が含まれる。

  • MicrosoftがAzure Pipelinesの新機能と機能統合について発表

    先日のConnect()イベントで、Microsoftは、Azure Pipelinesに関する新機能とインテグレーションについて発表した。その中には、Visual Studio Code用Azure Pipelinesエクステンション、GitHubリリースの管理、IoTプロジェクトのサポート、ServiceNowインテグレーションなどが含まれている。

  • IAsyncDisposableとIAsyncEnumeratorの更新

    InfoQが非同期ストリーム提案をカバーしてから、いくつかのデザインに変更があった。もっとも注意すべきなのが軽量のValueTaskオブジェクトを使うことだ。

  • .NET CoreのPure属性

    Pure属性が.NETのバージョン4に追加された。これは開発者が他のコードからの副作用のないコードを区別するのに役立つCode Contractsイニシアチブの一部である。Code Contractsプロジェクトが終了した後も、Pure属性は.NET Coreで活躍し続けている。

  • MicrosoftはAzure API ManagementでOpenAPI仕様V3のプレビューを発表した

    先日Microsoftは、APIのセットアップ、公開、モニタリング、保守を可能にするAzure API ManagementでOpenAPI仕様のv3をサポートすると発表した。OpenAPI仕様のサポートは、OpenAPI.NET SDKを通じて実装されていて、その実装からAPI定義が抽象化できる。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。