BT

InfoQ ホームページ Microsoft に関するすべてのコンテンツ

  • .NET Core 3.0の概観:C# 8、WPF、Windows Formなど

    .NET Coreの次期メジャーバージョンが最近プレビューステージに入った。.NET Core 3.0では、Windows Presentation Foundation(WPF)、Windows Forms(WinForm)、Entity Framework(EF)、ASP.NET Core 3.0、C# 8、.NET Standard 2.1を使用したデスクトップアプリケーションの構築がサポートされる。

  • MicrosoftがAzure Storageの静的Webサイトの一般向け提供開始を発表

    MicrosoftはAzure Storage上の静的Webサイトの一般向け提供開始を発表した。これにより、Azure StorageでホストされているHTML、CSS、JavaScriptファイルからコンテンツを提供することができる。静的Webサイトには、コンテンツが固定されたWebページが含まれているが、JavaScriptなどのクライアント側のコードを利用してリッチなユーザエクスペリエンスを実現することができる。

  • Microsoft、ニューラルネットワークによる音声合成機能をプレビュー

    最近のブログ記事で、MicrosoftはAzure Cognitive Servicesに含まれるニューラルネットワークによる音声合成機能のパブリックプレビューを発表した。今回のリリースで、生成された音声は実際の録音と区別がつかなくなる。この技術は、チャットボット、バーチャルアシスタント、電子書籍などデジタルテキストのオーディオブック変換に適用できる。

  • Microsoftはサーバーレスアーキテクチャ向��の新しいAPI Management Consumption(従量課金)ティアを提供する

    最近のブログ投稿でMicrosoftは新しい Azure API Management Consumption(従量課金)ティアを発表した。この新しい使用量ティアは「microベース」の請求が可能になり、自動スケーリング、組み込み高可用性、アクションごとの請求、プロビジョニングや管理のためのインフラストラクチャなしなどサーバーレスアーキテクチャの原則に準拠する。

  • MicrosoftがAzure Cognitive Services用のコンテナサポートを発表

    MicrosoftはCognitive Servicesのコンテナサポートを発表した。これにより、クラウド、エッジ、オンプレミスなど、どこでも機械学習機能を利用できるようになる。Azure Cognitive Servicesを使用すると、組織は、熱心なデータ科学者がいなくとも、視覚、音声、テキスト処理などのさまざまな認知機能を使い始めることができる。

  • Microsoft、AzureでMongoDB Atlas無料枠の提供を発表

    Microsoftは、Microsoft AzureでMongoDB Atlasの無料枠が使えることを発表した。これはM0という無料枠で、MongoDBの学習やプロトタイピング、初期開発に使える512MBのストレージをユーザーに提供する。

  • MicrosoftがWPF、WinForms、WinUIをオープンソース化

    Microsoft Connect 2018において、Microsoftが.NET Core 3.0の最初のプレビューリリースを発表した。その中には、大きな発表が含まれている。彼らはWPF、Windows Forms (WinForms)、WinUIを、オープンソースプロジェクトとしてMITライセンスでGitHubにリリースする。

  • MicrosoftがAzure IoT Centralの一般供与開始を発表

    MicrosoftがAzure IoT Centralの一般供与を開始すると発表した。IoT(モノのインターネット)のためのSaaS(Software-as-a-Service)だ。Azure IoT Centralによって、Microsoftは、IpTデバイスの設計、開発、構成、管理へのlow-codeアプローチを想定するとともに、セキュリティやスケーラビリティ、プロセスやアプリケーションとの統合をアウトオブボックスで提供する。

  • Visual Studio 2017 15.9が登場

    VS2019へと向かう中、MicrosoftはVS2017のことを忘れていない。9回目のアップデートは多数のバグ修正をもたらし、新機能とC++開発者のための言語準拠を追加する。.NET Core SDKのためのわずかな挙動変更は、バージョニングを簡単にしてくれる。

  • MicrosoftがAzure Pipelinesを発表、オープンソースにCI/CDを無償で提供

    MicrosoftはAzure DevOpsプロダクトの一部として、CI/CDサービスのAzure Pipelinesを新たに発表した。ワークロードの構築、テスト、デプロイを可能にし、さまざまな言語やプロジェクトタイプ、プラットフォームと連携する。

  • MicrosoftがAzureの新サービスで高性能コンピューティング市場に参入

    Microsoftは、Azureで任意の規模のHPCクラスタを作成、管理、運用、最適化するツールであるAzure CycleCloudの一般供用を開始すると発表し、高性能コンピューティング(HPC)市場に参入した。合わせて同社は、NVIDIA GPU Cloud(NGC)のサポートも発表している。

  • マイクロソフトがOpen Invention Networkに参加、Linuxとオープンソースを保護

    マイクロソフトでコーポレートバイスプレジデント兼知的財産グループ主任法務顧問を務めるErich Andersen氏は、マイクロソフトがOpen Invention Network (OIN) に参加することを発表した。これはマイクロソフトから60,000件超の特許をもたらし、オープンソースコミュニティのためにライセンスネットワークをさらに強化することを目指している。

  • AWSによる単一クラウドアーキテクチャに移行したAuth0

    認証、承認、シングルサインオンのサービスを提供するAuth0は、自社のインフラストラクチャを、これまでの複数クラウドプロバイダ(AWS、Azure、Google Cloud)からAWS単独に移行した。AWSサービスへの依存度が必然的に高まるため、現在の同社のシステムは4つのAWSリージョンに分散されると同時に、サービスはゾーン間でレプリケーションされている。

  • Microsoft が Azure Cosmos DB の機能に関する複数のアップデートを発表

    Microsoftは、彼らがもつグローバル分散で、大規模スケール可能な、マルチモデルデータベースサービスであるAzure Cosmos DBに関する複数のアップデートを発表した。発表には、グローバルスケール可能なマルチマスターのサポート、Cassandra APIの追加、予約容量による価格低下オプションなどが含まれる。

  • Visual Studio 2017 15.9 Preview 3、UWPのARM64をサポート

    MicrosoftはVisual Studio 2017のバージョン15.9アップデートに向けた作業を続けている。3つ目のプレビューとして、MicrosoftはARM64プラットフォーム向けのUWPアプリサポートとTypeScript開発者向けの機能拡張を発表した。今回もまた、多くの修正が含まれている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。