BT

InfoQ ホームページ Microsoft に関するすべてのコンテンツ

  • Redis LabsはMicrosoftと提携し、開発者向けに新しいRedisキャッシュを提供

    Microsoftは最近のブログ投稿で、Redis Labsとの新しいパートナーシップを発表した。これは、Redis Enterpriseを、Azure Cache for Redisの完全に統合された新しい層として提供するためのものである。現在非公開のプレビュー版である拡張サービスは、顧客に2つの新しいエンタープライズ階層を提供する。

  • C# 9: ラムダの小改善

    9では、”Discard Parameter”と”Static Anonymous Function”という2つの新機能によってラムダに小さなアップグレードが施される予定である。いずれもコードの記述方法を変えるものではないが、開発者の意図を明確にしてくれる。

  • C# 9: Swicth文の範囲演算子とパターンマッチング式

    C#が初めて紹介された頃から、開発者たちは、この言語のswitch構造に範囲演算子(range operator)のないことに不満を唱えていた。このためにC#のswitchは、VBよりもはるかに使い勝手が悪かったのだ。C# 9では、パターンマッチング拡張の一部として、この制限への対処が行われている。

  • Fathymローコードプラットフォームパブリックベータ版が利用可能に

    パブリックベータとして利用可能になったFathymは、Azureベースのデータ駆動型アプリケーションの作成を可能にすることを目的としたローコードフレームワークである。Fathymは、アプリケーションオーケストレーションと自動インフラストラクチャ管理のサポートも提供する。

  • C# 9: パターンマッチングの新キーワード `and`、`or`、`not`

    エイプリルフールのジョークのように聞こえるかも知れないが、C# 9では"and"、"or"、"not"がキーワードに加わる予定である。具体的には、パターンマッチングで使用するためだ。

  • MSMQと.NET Core

    Microsoft Message Queuing (MSMQ) は現在、.NET Coreでは使用できない。一般的には他のメッセージキューシステムが好まれているが、エンタープライズアプリケーションの多くがMSMQをベースとしているため、.NET Frameworkから.NET Coreや次期バージョンである.NET 5への移行を考えているチームにとっては問題である。しかし先日のReference Sourceへのプルリクエストが、状況を変えてくれるかも知れない。

  • MicrosoftのZeRO-2がAIトレーニングを10倍高速に

    Microsoftは、クラスタサイズに対してスーパーリニアにスケールする、分散ディープラーニング最適化アルゴリズムZero Redundancy Optimizerのバージョン2(ZeRO-2)をオープンソースとして公開した。同社はZeRO-2を使用して、1,000億パラメータの自然言語処理(NLP)モデルを、従来の分散ラーニング技術の10倍の速度でトレーニングすることに成功している。

  • C#の新機能: nullチェック演算子

    6月24日のC# Language Design Meetingで、Microsoftは、パラメータnullチェック構文の一部を変更した。"Type parameterName!"から"Type parameterName!!"に変更して、実質的に新しい"nullチェック演算子"を導入したのだ。

  • Visual Studio Codeの新しいPython言語サーバーPylance

    マイクロソフトは、プログラマーがより優れたPythonコードを記述し、その言語に対するIntelliSenseおよびVisual Studio Codeのサポートを改善することを目的とした、Python用の新しい言語サーバーであるPylanceを発表した。 Pylanceは最終的にMicrosoft Python Language Serverに置き換わる。

  • MicrosoftがgRPC-Web for .NETをリリース

    Microsoftは先週、.NET用gRPC-Webプロトコルの実用レベルの実装をリリースした。元々は試験的機能というサポートだったが、今回、コンポーネントがgrpc-dotnetプロジェクトの一部となったのだ。新しいコンポーネントにより、ブラウザ内でgRPCを使用できるようになるので、HTTPサーバをプロキシとして使用しなくても、Webアプリケーションが直接gRRCサーバと通信可能になる。

  • “絶大な”クラウド利用が新たな調査で明らかに

    O'Reilly Mediaが新たに発表したCloud Adoption in 2020レポートには、クラウドコンピューティングに対する"絶大な"支持が描かれている。調査にはまた、サイトリライアビリティエンジニアリング(Site Reliability Engineering)採用の増加、高いが頭打ちのマイクロサービス採用、サーバレスコンピューティングへの関心の低さ、といった結果も現れている。

  • C# 9: newキーワードの型推論

    多くの場合において、特定の場所で使用可能な型はただひとつのはずだ。しかしC#では、依然として型を明示的に指定する必要がある。今回、ターゲット型(Target-typed)'new'式の提案がC# 9で採用されたことにより、このようなボイラープレートコードは不要になる。

  • MS-DOSに続いてGW-Basicがオープンソースに

    Microsoftは、8088アセンブリ言語で記述されたGW-BASIC 1.0インタプリタのオリジナルソースをGitHubで公開した。BASICの一種であるこのプログラミング言語は1983年にリリースされ、IBM PC互換機用のMS-DOS オペレーティングシステムにバンドルされていた。MS-DOCの再オープンソース化に続いてMicrosoftは、リクエストの多かったGA-BASICをMITライセンス下でリリースしたのだ。

  • MicrosoftがAzure Stack Hubをアップデート、新たな管理機能やコンテナサポートなどを導入

    今年はネットワーク開催されたBuildカンファレンスの中で、Microsoftは、同社のプライベートおよびハイブリッドコンピューティングサービスであるAzure Stack HubKに関する いくつかのアップデートを発表した。同社はAzure Stack Hubに、Azure Kubernetes Service(AKS) Resource ProviderやFleet Managerなどの重要な機能を多数、プライベートプレビューに追加する予定である。

  • MAUI: .NETのマルチプラットフォーム用アプリケーションUI

    先月のBuild 2020開催期間中、Microsoftは、デバイスネイティブなアプリケーションを開発するためのマルチプラットフォームフレームワークである.NET MAUIのロードマップを発表した。新フレームワークはXamarin.Formsの進化形に相当し、Android、iOS、macOS、Windows用のネイティブ機能を提供する。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。