BT

InfoQ ホームページ Organization に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • 新しいCIO像 - IT推進役としてのMark Schwartz氏の提案

    米国市民権移民局の元CIOで、現在はAWSのエンタープライズストラテジストであるMark Schwartz氏が、ロンドンで開催されたDevOps Enterprise Summitで、ITをリードすることの意味について講演した。

  • マイクロサービスの経済学 - Phil Calçado氏がCraftConfで‘マイクロリス’の回避を主張

    CraftConf 2017でPhil Calçado氏が、“The Economics of Microservices”と題したプレゼンテーションを行なった。講演で氏が最も強く主張したのは、次のことだ - ‘逆Conway戦略(Inverse Conway Maneuver)’は、モノリスからの脱却において、アプリケーションのアーキテクチャを形成する便利なツールである。ただし、新たなサービスを開発する‘移行コスト’が既存のモノリスの機能追加コストよりも十分に低くなければ、結果的に‘マイクロリス(microliths)’を作ることになりかねない。

  • 組織を超えた組織づくり

    これから数年間で組織の数は減っていくだろうが、組織づくりが減ることはないだろう。組織づくりは物事を完了させるための日常的な活動だが、何かを行うために組織は必ずしも必要ではない。個人が組織に所属するとき、組織は現代のマネジメントのアプローチを取り入れるための阻害要因となる。

  • チームのスケールアップによる効果的な組織拡大

    組織が急成長している時には,正し���判断が困難になることがある。多くの人を雇い,多くのことを行なう中で,本当に達成したいことが分からなくなるのだ。Alexander Grosse氏がSpark the Change London 2016で,チームのスケールアップによって効果的な組織を構築する方法について講演した。氏が取り上げたのはチーム拡大の5つのドメイン — 雇用,人の管理,組織,文化,コミュニケーションだ。

  • パラダイムを克服して真のアジャイルになる

    真のアジャイルとは自分のあり方だ,アジャイルになるにはパラダイムを克服しなければならない – アジャイルマニフェスト(agile manifesto)起草者のひとりであるArie van Bennekum氏は,このような主張をする。“アジャイルを行なう”のではなく,“アジャイルになる”ことが成功を達成する上で必要だ。アジャイルは,アジャイルマニフェストの価値と原則に基づいた相互作用の概念である。テクノロジはアジャイル活動を促進するが,ツールがアジャイルを実現するのではないのだ。

  • 成功している組織からアイディアを学び応用する方法

    成功している組織を研究することで着想を得て、自分の組織を改善するためのアイディアが見つかることがある。Helena Moore氏は、Netflix、Zappos、Virginなど優れたリーダーシップと文化を持つ組織のケーススタディを読み、Timpsonのような組織を訪問したことで、何が組織に成功をもたらすのかを理解し、そして、自分の組織にその成功の素を導入する方法を見つけるための助けになった、と語った。

  • Riley Newman氏が語るAirbnbでのデータサイエンス

    Airbnbでデータサイエンスの責任者を務めるRiley Newman氏は同社がどのようにしてデータサイエンスを定義し活用しているのかを記事にした。氏はデータは顧客の声であり、データサイエンスは解釈する活動であると説明している。また、データサイエンスをスケールするためのいくつかの重要な動きについても説明している。チームに直接、データサイエンティストを入れることやあらゆるビジネスプロセスのすべてにデータサイ���ンスを統合すること、高速で安定的なデータインフラを構築することなどだ。

  • 組織をデスケールする

    アジャイルをスケールするためのフレームワークはたくさんある。これに対し、組織をデスケールするという考えがある。

  • アジャイル導入をサポートする組織的変革

    世界は変わった。それゆえ、命令制御型の企業は変化し新しい組織モデルに適用しなければならない、とNiels Pflaeging氏はいう。氏が立ち上げたThe BetaCodex Networkは今の市場に合う組織の"ベータ"モデルの理解を促進するための研究とオープンイノベーションを応用する。

  • アジャイル導入は組織構造から着手するべきか

    ある組織にアジャイルを採用しようとする時には,その構造を変えなくてはならない場合が少なくない。アジャイルな仕事の進め方は,新たなプラクティスをチームとマネージャに課すだけでなく,通常は文化や思想にも影響を及ぼす。これらのすべては関連しているが,同時にすべてを変えるというのは,組織にとってあまりにも大きなチャレンジかも知れない。組織構造から着手すると何が起きるのか,ここで確認してみよう。

  • どのようにScrumをスケールするか

    大きな組織はScrumをチームを超えた大きさに適用したいと考えている。この記事では、Scrumを拡大適用して組織全体にアジャイルを導入するための方法についていくつかの例を紹介する。

  • 安定したチーム作りと機能不全なチームの対処

    複数のプロジェクトにわたる安定したチームを持つことは、アジャイルソフトウェア開発にとってプラスになる。安定したチーム作りとその育成について、また機能不全なチームの対処について、さまざまな人がブログに記事を書いている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。