BT

InfoQ ホームページ PaaS に関するすべてのコンテンツ

  • MicrosoftはAzure Service BusとEvent Hubの可用性を拡大

    Microsoftは最近のブログ記事で、Availability ZonesがAzure Service Bus PremiumとAzure Event Hubs Standardをサポートすることを発表した。このサポートにより、顧客は、アベイラビリティーゾーンがサポートされているリージョンで、これらのサービスに対して高可用性オプションを利用できる。

  • DockerCon EU 2018まとめ - マイグレーションツール,Docker Desktop Enterpriseなど

    DockerCon Europe 2018では、.NETおよびJavaアプリケーションのコンテナベースのマイグレーションツーリングのプレビュー、デジタルトランスフォーメーションとテクノロジインテグレーションプロジェクトのサポート、Docker Desktop Enterpriseのローンチ、Docker Compose on Kubernetesのオープンソース化などの発表と合わせて,MicrosoftとのコラボレーションによるCNAB仕様が発表された。

  • MicrosoftがAzure Pipelinesの新機能と機能統合について発表

    先日のConnect()イベントで、Microsoftは、Azure Pipelinesに関する新機能とインテグレーションについて発表した。その中には、Visual Studio Code用Azure Pipelinesエクステンション、GitHubリリースの管理、IoTプロジェクトのサポート、ServiceNowインテグレーションなどが含まれている。

  • MicrosoftはAzure API ManagementでOpenAPI仕様V3のプレビューを発表した

    先日Microsoftは、APIのセットアップ、公開、モニタリング、保守を可能にするAzure API ManagementでOpenAPI仕様のv3をサポートすると発表した。OpenAPI仕様のサポートは、OpenAPI.NET SDKを通じて実装されていて、その実装からAPI定義が抽象化できる。

  • Microsoft Azure Governmentクラウド

    Microsoftは最近、Microsoft LearnプラットフォームにAzure Governmentの入門クラスを追加した。Azure Governmentは、米国政府向けソリューションをMicrosoftのクラウド上でホストするものだ。この記事では、Azure Governmentが何を提供するのか、AWS GovCloud USにどう対抗するのか説明する。

  • MicrosoftがAzure Kubernetes Serviceのアップデートを発表

    Microsoftは、同社のマネージドKubernetesサービスのAzure Kubernetes Serviceに関する複数のアップデートを発表した。発表には、AKS仮想ノードに関する機能、Azure Container InstanceでのGPUサポートの他、Virtual KubeletプロジェクトのCloud Native Compute Foundationへの寄付も含まれていた。

  • AmazonがマネージドブロックチェーンとQuantum Ledger Databaseを導入

    Amazonは、ブロックチェーンネットワークの構築と管理を行う、新しいマネージドサービスを発表した。現在はHyperledger Fabricプロジェクトをサポートしており、近日中のEthereumをサポートする予定だ。Amazonはさらに、不可変のトランザクションログを格納するマネージド台帳データベースのQuantum Ledger Database(QLDB)という、補完的なブロックチェーンサービスも導入している。

  • MicrosoftがAzure Storageの静的Webサイトの一般向け提供開始を発表

    MicrosoftはAzure Storage上の静的Webサイトの一般向け提供開始を発表した。これにより、Azure StorageでホストされているHTML、CSS、JavaScriptファイルからコンテンツを提供することができる。静的Webサイトには、コンテンツが固定されたWebページが含まれているが、JavaScriptなどのクライアント側のコードを利用してリッチなユーザエクスペリエンスを実現することができる。

  • Microsoft、ニューラルネットワークによる音声合成機能をプレビュー

    最近のブログ記事で、MicrosoftはAzure Cognitive Servicesに含まれるニューラルネットワークによる音声合成機能のパブリックプレビューを発表した。今回のリリースで、生成された音声は実際の録音と区別がつかなくなる。この技術は、チャットボット、バーチャルアシスタント、電子書籍などデジタルテキストのオーディオブック変換に適用できる。

  • Microsoftはサーバーレスアーキテクチャ向けの新しいAPI Management Consumption(従量課金)ティアを提供する

    最近のブログ投稿でMicrosoftは新しい Azure API Management Consumption(従量課金)ティアを発表した。この新しい使用量ティアは「microベース」の請求が可能になり、自動スケーリング、組み込み高可用性、アクションごとの請求、プロビジョニングや管理のためのインフラストラクチャなしなどサーバーレスアーキテクチャの原則に準拠する。

  • MicrosoftがAzure Cognitive Services用のコンテナサポートを発表

    MicrosoftはCognitive Servicesのコンテナサポートを発表した。これにより、クラウド、エッジ、オンプレミスなど、どこでも機械学習機能を利用できるようになる。Azure Cognitive Servicesを使用すると、組織は、熱心なデータ科学者がいなくとも、視覚、音声、テキスト処理などのさまざまな認知機能を使い始めることができる。

  • Microsoft、AzureでMongoDB Atlas無料枠の提供を発表

    Microsoftは、Microsoft AzureでMongoDB Atlasの無料枠が使えることを発表した。これはM0という無料枠で、MongoDBの学習やプロトタイピング、初期開発に使える512MBのストレージをユーザーに提供する。

  • MicrosoftがAzure IoT Centralの一般供与開始を発表

    MicrosoftがAzure IoT Centralの一般供与を開始すると発表した。IoT(モノのインターネット)のためのSaaS(Software-as-a-Service)だ。Azure IoT Centralによって、Microsoftは、IpTデバイスの設計、開発、構成、管理へのlow-codeアプローチを想定するとともに、セキュリティやスケーラビリティ、プロセスやアプリケーションとの統合をアウトオブボックスで提供する。

  • GoogleがタスクキューサービスのCloud Tasksを発表

    Googleは、Google Cloud PlatformのApp Engineサービス用のタスクキューサービスであるCloud Tasksを発表した。アプリケーションからのタスクの非同期実行、サービスのデカップリング、長期実行型のバックグラウンドアクティビティ実装のサポートを実現する。

  • Google、マネージドCronサービスCloud Schedulerを発表

    GoogleはGoogle Cloud Platform (GCP) の新サービスとして、フルマネージドcronジョブサービスCloud Schedulerを発表した。これによりアプリケーションは、バッチ、ビッグデータ、クラウドインフラ操作を起動できるようになる。現在、このサービスはベータ版として利用可能だ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。