BT

InfoQ ホームページ PaaS に関するすべてのコンテンツ

  • MicrosoftがAzure IoT Centralの一般供与開始を発表

    MicrosoftがAzure IoT Centralの一般供与を開始すると発表した。IoT(モノのインターネット)のためのSaaS(Software-as-a-Service)だ。Azure IoT Centralによって、Microsoftは、IpTデバイスの設計、開発、構成、管理へのlow-codeアプローチを想定するとともに、セキュリティやスケーラビリティ、プロセスやアプリケーションとの統合をアウトオブボックスで提供する。

  • GoogleがタスクキューサービスのCloud Tasksを発表

    Googleは、Google Cloud PlatformのApp Engineサービス用のタスクキューサービスであるCloud Tasksを発表した。アプリケーションからのタスクの非同期実行、サービスのデカップリング、長期実行型のバックグラウンドアクティビティ実装のサポートを実現する。

  • Google、マネージドCronサービスCloud Schedulerを発表

    GoogleはGoogle Cloud Platform (GCP) の新サービスとして、フルマネージドcronジョブサービスCloud Schedulerを発表した。これによりアプリケーションは、バッチ、ビッグデータ、クラウドインフラ操作を起動できるようになる。現在、このサービスはベータ版として利用可能だ。

  • IBMがRed Hatを340億ドルで買収

    ロイター通信によると、IBMは、オープンソースのソフトウェア会社、レッドハットを340億ドルで買収すると、本日、午後発表した。この契約は、IBMがエンタープライズ・クラウド・コンピュー��ィング・プロバイダーとしての地位を拡大する助けになるだろう。

  • MicrosoftがAzure Pipelinesを発表、オープンソースにCI/CDを無償で提供

    MicrosoftはAzure DevOpsプロダクトの一部として、CI/CDサービスのAzure Pipelinesを新たに発表した。ワークロードの構築、テスト、デプロイを可能にし、さまざまな言語やプロジェクトタイプ、プラットフォームと連携する。

  • MicrosoftがAzureの新サービスで高性能コンピューティング市場に参入

    Microsoftは、Azureで任意の規模のHPCクラスタを作成、管理、運用、最適化するツールであるAzure CycleCloudの一般供用を開始すると発表し、高性能コンピューティング(HPC)市場に参入した。合わせて同社は、NVIDIA GPU Cloud(NGC)のサポートも発表している。

  • GoogleのCloud SpannerおよびCloud Bigtableデータベースの新しいアップデート

    ィブデータベースサービスを提供しているが、最近Googleではそのうちの2つを更新した。この更新はCloud SpannerデータベースサービスとCloud Bigtableに影響を与える。Cloud Spannerデータベースサービスは、マネージドリレーショナルデータベース製品である。Cloud Bigtableは、マネージドNoSQLキーバリューとワイド列データベースである。

  • AWSによる単一クラウドアーキテクチャに移行したAuth0

    認証、承認、シングルサインオンのサービスを提供するAuth0は、自社のインフラストラクチャを、これまでの複数クラウドプロバイダ(AWS、Azure、Google Cloud)からAWS単独に移行した。AWSサービスへの依存度が必然的に高まるため、現在の同社のシステムは4つのAWSリージョンに分散されると同時に、サービスはゾーン間でレプリケーションされている。

  • Microsoft が Azure Cosmos DB の機能に関する複数のアップデートを発表

    Microsoftは、彼らがもつグローバル分散で、大規模スケール可能な、マルチモデルデータベースサービスであるAzure Cosmos DBに関する複数のアップデートを発表した。発表には、グローバルスケール可能なマルチマスターのサポート、Cassandra APIの追加、予約容量による価格低下オプションなどが含まれる。

  • Microsoft、Azure Functions 2.0の一般提供を発表

    Microsoftは、Azureプラットフォーム上のイベントドリブン、コンピュート・オン・デマンドサービスであるAzure Functionsバージョン2の一般提供を発表した。新しいバージョンには複数の機能が追加されており、開発者はバージョン1よりも簡単にスケーラブルなサーバーレスアプリケーションを構築することができる。

  • ROS (Robot Operating System) がWindowsに登場

    ロボット開発のためのメタオペレーティングシステム、ROS(Robot Operating System)がWindows 10で利用可能になった。Microsoftの最初の実験ビルドはROS1と名付けられ、Visual Studioと統合され、Core ROSおよび他の複数のモジュールの完全なポートを含んでいる。Microsoftによると、ROS on Windowsは今後も進化し、GPUベースの機械学習とAzure IoT Hubとのフル統合が含まれるという。

  • MicrosfotがAzure IoT HubとAzure Event Gridのインテグレーションの一般提供を発表

    Microsoftは6ヶ月のパブリックプレビュー期間を終えた のインテグレーションの一般提供を発表した。IoT HubとEvent Gridの組み合わせにより、カスタマーはデータベースの更新、チケットの発行、課金管理などのアクションを自動化するデバイスイベントのサポートを強化できる。

  • Azure Storage のイミュータブルストレージ機能が一般利用可能になったと Microsoft が発表

    イミュータブルストレージを使用すると blob は特定の保持期間で削除、変更されなくなる。Mincrosoft は、今年6月のプレビュー以降、この新機能がすべての Azure リージョンで利用可能となったと発表した。

  • Google、Python 3.7とPHP 7.2をサポートするApp Engineの第2世代ランタイムをリリース

    Google Cloudは、第2世代App Engineスタンダードランタイム、アプリ構築のためのWebフレームワークおよびクラウドコンピューティングプラットフォームに対するアップデートを発表した。今回のアップデートで、ユーザーはPython 3.7とPHP 7.2ライブラリを含む人気のある言語・フレームワーク・ライブラリの最新バージョンでWebアプリを動かせるようになる。

  • MicrosoftがLinux on App Service Environmentの一般供与の開始を発表

    MicrosoftはLinux on App Service Environment (ASE)の一般供与を開始すると発表した。これにより、Linux上のApp ServiceとApp Service Environmentの機能を組み合わせることが可能になる。今回のリリースは、Linixアプリとコンテナ化されたアプリがApp Service Environmentにデプロイ可能になった、5月のパブリックプレビューの後を受けたものだ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。