BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ プログラミング に関するすべてのコンテンツ

  • API開発におけるデザインファーストアプローチ - 実施方法とその効果

    API産業の急速な発展の中では、開発者も技術リーダも等しく、ビジネス価値を加速するような、拡張性のある優れたAPIプログラムの開発方法を理解する必要があります。すべてのステークホルダに対して有益なエクスペリエンスを提供するAPIを構築するために、開発者は、デザインファーストアプローチを優先的に考慮すべきです。

  • Micronautフレームワークを使ったクラウドネイティブJava

    Micronautフレームワークは、クラウドネイティブJavaマイクロサービスを構築するための強固な基盤を提供します。これにより、Javaリフレクション、ランタイムプロキシ生成、動的クラスローディングの使用が削減されます。GraalVM Ahead-of-Timeコンパイル(AOT)との緊密な統合により、Micronautフレームワークの使用が拡大しています。アクティブなコンパイル時チェックにより、型の安全性が向上し、開発者の生産性が向上します。

  • Apache Kafkaを使ったQuarkusリアクティブメッセージング入門

    今日のデータの処理/消費方法は、これまでの方法とは異なります。以前は、データはデータベースに保存され、分析のためにバッチ処理されていました。Apache Kafkaは、データストリームをリアルタイムで保存、消費、処理するための分散イベントストアおよびストリーム処理プラットフォームです。この記事では、Apache KafkaとQuarkusを��用してデータを生成と消費する方法を学習します。

  • ネイティブJavaの実情

    KubernetesのマイクロサービスはネイティブJavaスイートスポットです。最も重要なフレームワークを備えており、Javaランタイムオーバーヘッドが最小限となります。ネイティブJavaでは、ビルド、デバッグ、テスト、デプロイ、プロファイルをするためにに多くの労力がかかります。アプリケーションフレームワークは、本番環境でネイティブJavaを完全にサポートする必要があります。ネイティブJavaの採用は段階的に行うことができます。ただし、ネイティブJavaアプリケーションは、すべてのライブラリがネイティブJavaをサポートしている場合にのみ機能します。

  • QuarkusによるKubernetes Native Java

    Quarkusは、ネイティブとJVMベースの両方のJavaアプリケーションにおける起動時間とメモリ使用率に関して、業界のリーダーです。これにより、クラウドのコストが削減されます。Kubernetesは、Quarkusにとって第一級のデプロイプラットフォームであり、そのプリミティブと機能をサポートします。開発者は、Jakarta EE、MicroProfile、SpringなどのAPIに関するJavaの知識を使うことができます。アプリケーションは、命令型あるいはリアクティブ、あるいはその両方にとることができます。

  • Records in C# 9

    この記事では、C# 9で導入された新しい参照型、レコードについて、 Tugce Özdeger氏が話します。レコードは、データをカプセル化するためのビルトイン機能を提供します。この記事は、レコードを使う潜在的な利点と、開発者がアプリケーションでどのようにレコードを使えるのかをコードの例、および、classとstructの比較と共に示します。

  • Javaに革命を起こすGraalVM Native Image

    GraalVM Native Imageは、ネイティブなJava実行ファイルを生成するAOT(ahead-of-time)コンパイラです。生成される実行ファイルは非常に速く起動し、CPUやメモリの使用量が少なくなることで、クラウドにおけるJavaの実行コストを低減すると同時に、JVMに比肩するピークスループットをも実現しています。Spring Boot、Micronaut、Quarkus、Gluonなど数多くのJavaフレームワークが、すでにGraalVMをサポートしています。

  • フルスタック開発者のためのBallerina: バックエンドAPI開発ガイド

    この記事では、REST API開発のためのプログラミング言語"Ballerina"の直感的な構文について解説します。さらに、認証や承認、OpenAPIツール、可観測性、SQL/NoSQLクライアントライブラリなど、重要な言語機能についても論じます。記事を読み終えれば、Ballerinaが次のバックエンドAPI開発の有力な候補である理由がよく理解できるでしょう。

  • マイクロサービスアーキテクチャの技術的負債の管理

    QCon Plus で、Glenn Engstrand 氏は、Optum Digital のエンジニアリングが、何百ものマイクロサービスの技術的負債を確実かつ予測どおりに返済し、関連するコミュニティを形成し、リスクの高い領域を特定する方法を考案した方法について説明しました。コミュニティの集合的な決定は、実用的なロードマップにまとめられ、体系的かつ非対立的な方法で製品マネージャに提示されます。

  • .NET 6によるHTTP Client SDKの作成と利用

    この記事では、.NET 6でHTTP Client SDKを開発するまでのプロセスを説明します。現実のシナリオに合わせたさまざまなアプローチを紹介した上で、.NET 6を使って独自のSDKを開発する方法について、ステップバイステップで解説しています。

  • Java InfoQ トレンドレポート — 2021年12月

    この記事では、InfoQ Java 編集チームとさまざまな Java チャンピオンにより、2021年の Java および JVM 分野のテクノロジーの採用と新たなトレンドを現在どのように見ているかについてまとめます。

  • Java 12から17までのエキサイトな6つの機能!

    Oracle は、Java の新しいバージョンの挑戦的なリリーススケジュールを維持しています。6か月ごとに1つのフィックスされたリリースがあります。頻繁なリリースですが、一部のバージョンだけが長期サポートと見なされます。これは、3年間のプレミアムメンテナンスがあることを意味します。この記事では、Java 11 以降に何が起こっているかに関心がある人のために、Java 12 と 17 の間で言語に追加されたいくつかを確認します。

BT