BT

InfoQ ホームページ ランタイム に関するすべてのコンテンツ

  • Googleが単一テナントノード向けのCPUオーバーコミットについて一般向けの提供を発表

    Googleは最近のブログ投稿で、単一テナントノードのCPUオーバーコミットが一般向けに利用可能になったことを発表した。単一テナントノードのCPUオーバーコミットにより、顧客は専用ホストの仮想CPUリソースを最大2回オーバープロビジョンできる。

  • Google、クラウドプラットフォーム用のConfidential VMをベータ版ローンチ

    先日のブログ記事でGoogleは、新タイプの仮想マシンであるConfidential VMを発表した。データの保管中だけでなく、メモリにある間も暗号化されていることを保証する、いわゆるコンフィデンシャルコンピューティングに関わる企業での作業に使用するための仮想マシンだ。

  • Google Propellerが大規模LLVMバイナリからさらなるパフォーマンスを引き出す

    Google Propellerは、実行時の動作のプロファイルに基づいてLLVMバイナリを再リンクおよび最適化することにより、LLVMバイナリのパフォーマンスを向上させることができる。Googleのエンジニアによると、Propellerは、以前はLLVMによって高度に最適化されていたバイナリの主要なパフォーマンスベンチマークを2~9%向上させることができる。

  • Googleが仮想マシンの作成と復元を簡素化するマシンイメージを紹介

    最近のブログ投稿で、Googleはマシンイメージを発表した。これは、ユーザが仮想マシンを作成、バックアップ、復元するために必要なすべての情報を含む新しいタイプのCompute Engineリソースであり、環境の管理に必要な時間を短縮してくれる。Compute Engineの機能は現在ベータ版であり、SLAまたは非推奨ポリシーの対象ではない。

  • WebAssemblyでホットリローディング、リモートデバッグ、統一的なハードウェアアクセスを実現する

    先頃発表されたWARDuinoは、マイクロコントローラをターゲットにしたWebAssemblyの拡張である。ライブコードアップデート、リモートデバッグ、マイクロコントローラのハードウェアモジュールへのアクセスといった機能を加えることにより、開発上の一般的な問題に対処する。WARDuinoの仮想マシンは、一部のベンチマークにおいて、Espruino(一般的なマイクロコントローラ用JavaScriptインタプリタ)の5倍の速度で動作している。

  • Windows Subsystem for Linux 2が一般公開へ移行、アップデートプロセスが容易に

    Microsoftは、Windows Subsystem for Linux 2(WSL2)を、Windows 10バージョン2004で一般提供すると発表した。WSL2は昨年、Insider Program内でリリースされた。一般提供に移行することによってWSL2は、標準的なWindows Update経由で自動的にアップデートされることになる。

  • JFRがOpen JDK 8で使用可能に

    Open JDK 11でオープンソース公開されたJava Flight Recorderが、アーリーアクセスリリースとしてOpen JDK 8のメインラインにバックポートされた。Azulから提供されているJMC 7.1とともに、Flight RecorderのプロファイリングがOpen JDK 8とOpen JDK 11の両方で利用できるようになる。

  • New Relic - Javaの現状報告

    ユーザの自己報告によるデータには、運用システムにおける最新JVMの採用に前向きな傾向がある一方で、New Relic(実際に運用されているJVMをモニタしたもの)の最新レポートでは、JVMの中心が依然としてJava 8であること、Java 11の進展が捗々しくないこと、非LTSリリースの存在感が極めて低いこと、といった現状が浮き彫りにされている。ユーザが実際に何を使っているのか、レポートを読んで確認して頂きたい。

  • OpenJDKのProject VahallaがLW2プロトタイプをリリース

    Project Valhalla(Open JDK)がLW2のプロトタイプをリリースした。現代のハードウェアに合わせて改造した、ユーザアクセス可能なプロトタイプである。InfoQでは、この新技術を担当するIBMの技術リーダと、新たなプロトタイプについて詳細に議論した。

  • WeaveworksがIgniteをリリース - Firecrackerを使用してコンテナをVMのように実行するソフトウェア

    ソフトウェアスタートアップのWeaveworksは創立5周年を、Weave Igniteと呼ばれるオープンソースプロジェクトのリリースで自ら祝福した。同プロジェクトは自身���、"コンテナUXを備えたGitOps管理の仮想マシン(VM)"と称している。この斬新なソフトウェアには、AWS Lambdaを支えるAWS オープンソースプロジェクトであるFirecrackerが使用されている。プロジェクトの詳細をさらに知るべく、InfoQは、同プロジェクトの開発チームに話を聞くことにした。

  • Azul Systmesの語るJavaの現状と将来

    InfoQは今回、Azul SystemsのCTOであるSimon Ritter氏に、同社のJVMプロダクトの状況と、Javaの現状および将来について話を聞いた。

  • JavaによるWebアプリケーション記述 - 代替手法に関する調査

    JavaScriptにコンパイルされる言語の人気が高まったことにより、Java仮想マシン言語に習熟していて、JavaScript開発スタックに悩むことなくWebアプリケーションを開発したいと願う開発者には、JavaScriptに代わる選択肢が増えている。ネイティブなJavaScript Webアプリケーションに対するパフォーマンス上のペナルティも、以前に比べると縮小している。

  • Kubernetesの将来 - VMか、コンテナか、ハイパーバイザか?

    Kubernetesの将来については、対立する2つのビジョンがある。Pivotalの主任技術者であるPaul Czarkowski氏は、VMがコンテナに取って代わると予測しているが、Red Hatの副社長であるJoe Fernandes氏は、VMの利用はKubernetesにとっての進化であり、コンテナを置き換えるものではない、という考えだ。さらに、Red Hatのプリンシパル・マーケティングマネージャであるChris Short氏は、Kubernetesはハイパーバイザ(hypervisor)をまさに駆逐しようとしている、と説明する

  • CRI-O: オープンソースのKubernetes用コンテナランタイム

    4月8日、Cloud Native Computing Foundation(CNCF)は、インキュベーションレベルのホストプロジェクトとしてCRI-Oを承認した。Red Hatが開発したCRI-Oは、Dockerの代替となる、Kubernetes用のOpen Container Initiativeコンテナランタイムである。

  • Kotlin/NativeとKAPIが改善されたKotlin 1.3.30

    JetBrainsがKotlin 1.3.30をリリースした。Kotlin 1.3での新たなバグの修正と、ツーリングのアップデートを中心に、Kotlin/NativeとKAPTの改良、符号なし型や配列に関するオペレーションのサポート、IntelliJ IDEAでのデバッグ改良などが行われている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。