BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ランタイム に関するすべてのコンテンツ

  • Microsoftがストレージに最適化した新たなVMとしてLasv3とLsv3を発表

    最近、Microsoftは、ストレージに最適化した新たなAzure仮想マシン(VM)の一般向け提供(GA)を発表した。このVMは、高スループットとIOPSを必要とする処理を実行するために設計されたLasv3シリーズとLsv3シリーズである。そのターゲットは、ビッグデータアプリケーション、SQLデータベースとNoSQLデータベース、分散ファイルシステム、データ分析エンジンなどである。

  • AppleがmacOSの仮想化機能を拡張し、Linuxバイナリ向けのRosettaを導入

    WWDC 2022で、AppleはmacOSでの仮想化サポートの進歩について最新状況を紹介した。Apple仮想化フレームワークを使うと、MacOSやLinuxを実行するためにApple Silicon上で仮想マシンを設定・作成できる。今後リリースされるmacOS Venturaの新機能であるLinux VMでは、GPUを活用でき、そして、Rosettaを使ってx86-64Linuxバイナリを修正せずに実行できる。

  • GoogleがCloud TPU VMの一般向け提供(GA)を発表

    昨年、GoogleはCloud TPU仮想マシン(VM)を導入した。これにより、プレビュー版としてTPUホストマシンに直接アクセスできるようになる。現在、Cloud TPU VMは、新たなTPU Embedding APIを含め、一般向けに利用可能(GA)である。これにより、MLベースのランキングとレコメンドの処理を高速化できる。

  • Static Javaの現状 - 起動速度とフットプリントの小さなコンパイル済みネイティブ実行ファイル

    Javaの古くからのモットである"write once, run everywhere"は、クラウドネイティブ時代でも通用するようだ。高速起動とフットプリント縮小のニーズの下、Static Javaに注目が集まっている。Static Java採用のメリットと意義について理解を深めるべく、InfoQは今回、Red HatプリンシパルソフトウェアエンジニアのDan Heidinga氏に話を聞いた。

  • Amazon EC2でインスタンスの自動リカバリがデフォルトで提供へ

    Amazonは最近、EC2インスタンスが、ハードウェアの問題のために到達不能になった場合に自動的に回復するようになったことを発表した。自動リカバリでは、インスタンスを別のハードウェアに移行しつつ、インスタンスID、プライベートIPアドレス、Elastic IPアドレス、メタデータを保持する。

  • LLVMネイティブコードカバレッジを備えたRust 1.60がリリース、Rust 2024へのロードマップも公開

    Rust 1.60では、LLVMネイティブ・インストルメンテーション(native instrumentation)を使用したソースベースのコードカバレッジの安定化、既定値としてのインクリメンタルコンパイルの再有効化、Instantに対する単調性保証の実施、などが行われている。2024年までのRustの進展に関するロードマップも公式に発表された。

  • Microsoftが重いグラフィックス処理向けにNVads A10 V5 Azure VMをプレビュー版で発表

    Microsoftは最近、プレビュー版としてNVads A10 v5シリーズを発表した。この仮想マシン(VM)は、NVIDIA A10 GPUとAMD EPYC 74F3V(Milan)CPUを搭載しており、ベース周波数は3.2GHz、オールコアピーク周波数は4.0GHzとなる。

  • Suspend/ResumeによるコンピューティングエンジンVMのコスト最適化

    最近、GoogleはCompute Engine VMのSuspend/Resume機能の一般提供を発表した。この機能により、顧客はGoogle Cloudのリソース消費をより適切に制御できる。

  • プログラミング言語Flixに関するMagnus Madsen氏へのインタビュー

    Flixは多くのプログラミング言語にインスパイアされたオープンソースのプログラミング言語であり、開発者は関数型、命令型、論理型のスタイルでコードを書くことが可能である。FlixはScalaに似ており、Hindley-Milnerに基づく型システムとGoにインスパイアされた並行処理モデルを採用している。JVM言語はポリモーフィックエフェクトシステムやDatalog制約などのユニークな機能をサポートしている。

  • LinkedInにおけるサービス過負荷の検出と回復

    LinkedInは先頃、同社がマイクロサービスで採用しているオーバーロードの検出と対処の方法を公開した。同社のソリューショ���であるHodorは、設定不要で機能する"適応型ソリューション"として、監視対象プロセス内部でオーバーロード検出機能とロードシェダ(load shedder)を実行し、アプリケーション処理チェーン内でロードのサンプリングと削減を行う、プラットフォーム非依存のメカニズムを提供する。

  • レポートによるとクラウドランタイムの75%に重大な脆弱性が含まれている

    Sysdigの最新のクラウドネイティブおよびセキュリティ使用状況レポートで、脆弱性のあるコンテナが配られるという行為がありふれていることがわかった。このレポートでは、コンテナの75%に重大度の高い脆弱性があり、パッチが適用された可能性のあることがわかった。レポートでは多くの組織が、迅速に移行やリリースをするためにこれを許容可能なリスクとして認識していることを強調している。

  • .NET Framework 2022年1月累積更新プレビュー

    Microsoftは先月、.NET Framework 2022年1月の累積更新プレビューをリリースした。これは.NET Frameworkをサポートするという同社の約束の一部である。この更新プログラムは、.NET Frameworkバージョン3.5および4.8を対象としており、共通言語ランタイムとWindows Presentation Foundationに重点を置いている。 プレビューリリースは、Windows OSの.NET Framework機能の信頼性と品質を向上させることを目的としている。

  • MicroVM仮想化ソリューションのFirecrackerが1.0へ

    Firecrackerは、AWS Lambdaを強化するために元はAWSで開発されたものである。これにより、サーバレスコンピューティング用の安全なmicroVMの作成と管理ができる。

  • GraalVM 22.0がリリースされ、ネイティブイメージが改善

    GraalVMは、多くのネイティブイメージが改善されたバージョン22.0をリリースした。GraalVMは、複数の言語で記述されたアプリケーションを実行するための共有ランタイムを提供するポリグロット仮想マシンである。ネイティブイメージビルダーユーティリティでは、ビルド時間が短縮され、イメージサイズが小さくなり、イメージのビルドと実行に使用するメモリを減らす大きな改善があった。そして、イメージ生成プロセスに関する深い洞察が得られる。

  • lldを凌駕する高速な新リンカmold

    現行のUnixリンカを置き換え可能な最新のリンカであるmoldがバージョン1.0に到達した。LLVM lldリンカのオリジナル作者が開発したmoldは、従来のリンカよりも数倍高速であることを目標としている。

BT