BT

InfoQ ホームページ SQL Server 2008 に関するすべてのコンテンツ

  • tSQLtを使ってSQL Serverユニットテスト

    tSQLtは SQL Serverにおける、ユニットテスト用の無料のオープンソースフレームワークである。 tSQLtテストケースを書くことによって、開発者は稼動しているデータに基づいた嘘のテーブルやビューを作成でき、テストで期待値と実際の結果を比較できる。テストは SQL Server Management Studioで直接作ることができる。

  • Code First Migrationsはコードからデータ構造をアップデート

    アプリケーション開発への Code Firstアプローチの意味は、オブジェクトモデルがコードで作られ、次にデータベース構造がそのモデルから生成される、ということである。Code First Migrationsを使うと、開発者はデータベースへの変更をコードを介して行うことができ、その多くが自動的に実行できるようになる。

  • Entity Frameworkは、空間データを提供する

    Entity Framework June CTPでは、空間(Spatial)データ型がオフィシャルにサポートされるようになり、開発者は、地図上のシェイプ、ライン、ポイントのような位置情報を表現できるようになった。

  • MVP Erland氏がSQL Serverのパフォーマンス概念について検討

    記事「アプリケーションで遅く、SSMSで速い?」で SQL Server MVPのErland Sommarskog氏が クエリ プランに影響する様々なこと、 Dynamic SQLのコンパイル、最終的にSQL Serverデータベースのパフォー��ンスに影響する他の要因について研究している。彼の研究は、様々な概念、パラメータ スニッフィングようなシナリオ、クエリ プラン キャッシング、ブロッキング、保存された設定、リンクしたサーバーの課題などに及んでいる。

  • System Center Advisorを使ったクラウドベースのサーバ管理とトラブルシューティング

    MicrosoftのSystem Center Advisor (SCA)はWindows Server 2008とSQL Server 2008 (とそれ以後のバージョン)の設定の分析を行うためのクラウドベースの新しいサービスだ。構成の変更や更新を追跡し、セキュリティパッチの適用漏れや非互換性、最良の設定などを考慮して潜在的な問題を報告してくれる。

  • SQL Server 2008 SP1とFeature Pack CTPの新しい機能とツール

    MicrosoftはSQL Server 2008 R2 SP1 CTPがダウンロード可能になったと発表した。たまっていたアップデートが含まれているこのCTPには、SQL Server 2008 R2 SP1 Feature Pack CTP1も同梱されており、これにはSQL Server 2008に更なる価値を与える多数のスタンドアロンツールを含んでいる。

  • SSMAを活用してMySQL/AccessからSQL Server/Azureへマイグレーション

    MicrosoftはSQL Server Migration Assistant (SSMA) for MySQL 1.0をリリースした。あわせてSSMA for Oracle v4.2、SSMA for Sybase v4.2、SSMA for Access v4.2も公開した。これらのツールを使えば、MySQL/Oracle/Sybase/AccessといったデータベースからSQL Serverへ、幾つかはSQL Azureへもマイグレーションできる。

  • SQLデータベースをSQL Azureに移行するSQLAzureMW

    CodePlexのSQL Azure Migration Wizard(SQLAzureMW)は、SQL Server 2005、2008データベースのSQL Azureへの移行を可能にしてくれる。

  • MapPoint Add-In For SQL Serverがリリース

    マイクロソフトは、MapPoint 2009 Add-In for SQL Server 2008空間データを無料で公開した。このアドインは、SQL Server 2008空間データに対してクエリを行い、地図画像を作成することができる。

  • SQL Enlight T-SQLアナライザー

    Ubitsoftは、SQL Enlightの新バージョンをリリースした。そのツールは、T-SQL開発を促進するように設計されている。

  • MIX 09:Nigel Ellis氏、Azure SQL Data Servicesについて語る

    Microsoftでアーキテクトを務めるNigel Ellis氏は本日、Azure SQL Data Serviceの新しいリレーショナルモデルを披露したが、このモデルについては数週間前にチームのブログで発表されていた。 Ellis氏は、ODBCドライバを介してSDSを呼び出すPHP WordPress実装を使って、ブロ��のWebサイトを構築した方法を説明した。

  • 256コアSQL Server

    コードネーム「Kikimanjaro」で呼ばれるSQL ServerとWindows Server 2008 R2は、このソフト的な制限を256論理CPUまで引き上げた。理論上の最大数はもっと高いのだが、Microsoftはそれをテストできるようになるまではサポートしたくないようだ。

  • パフォーマンス問題がSQL Server 2008全文検索に悪影響を及ぼす

    SQL Server全文検索はデータべース管理者の間では、いくぶん専門的な処理である。約10年間、他のSQL Serverとは切り離されていたし、たいていの場合、それは不要であった。しかしそれを使用するものにとっては、データの索引付けや検索方法が重要である。また、それを使用し、SQL Server 2008にアップグレードしているものにとっては、問題が発生している。

  • SQL Server 2008 Report Builder 2.0 RC1のダウンロード準備整う

    Microsoftは、SQL Server 2008 Report Builder 2.0 RC1をリリースした。Report Builderは、多様なレポートのレイアウト、データの可視化および定形式テキストを含むSQL Server 2008 Reporting Servicesの完全サポートがある。

  • スパースカラム、フィルタインデックスおよびカラムセット

    スパースカラム、フィルタインデックス、カラムセットは、SQL Server 2008の新機能である。これらにより、1024カラムの制限を超えてカラムを定義できる上に、ディスクスペースを大幅に節減できるが、適切に使用しなければ、トラブルの原因となる。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。