BT

InfoQ ホームページ WPF に関するすべてのコンテンツ

  • WFとWCFがコミュニティに移行

    何年もの間はっきりしなかったが、MicrosoftはWindows Workflow Foundation(WF)とサーバーサイドのWindows Communication Foundation(WCF)の管理をコミュニティに正式に引き渡すことを決定した。

  • .NET Core 3.0の概観:C# 8、WPF、Windows Formなど

    .NET Coreの次期メジャーバージョンが最近プレビューステージに入った。.NET Core 3.0では、Windows Presentation Foundation(WPF)、Windows Forms(WinForm)、Entity Framework(EF)、ASP.NET Core 3.0、C# 8、.NET Standard 2.1を使用したデスクトップアプリケーションの構築がサポートされる。

  • MicrosoftがWPF、WinForms、WinUIをオープンソース化

    Microsoft Connect 2018において、Microsoftが.NET Core 3.0の最初のプレビューリリースを発表した。その中には、大きな発表が含まれている。彼らはWPF、Windows Forms (WinForms)、WinUIを、オープンソースプロジェクトとしてMITライセンスでGitHubにリリースする。

  • MicrosoftがWinForms/WPFの利用コードを使った.NET Core 3.0機能投票を実施へ

    我々は5月、Microsoftが、WinFormとWPFを.NET Core 3.0で実行可能にする計画を持っていることを報告した。これを促進するために同社は、どちらのAPIを.NET Coreに移植すべきかを投票する、新たなツールを開発している。ただし直接投票ではなく、アプリケーションでどちらのAPIが使用されているかに基づくものだ。

  • WindowsデスクトップアプリケーションをXAML Islandsで最新化する

    Windowsデスクトップ開発はもはや終わりだという印象を持っているかも知れないが、Visual Studioのテレメトリーデータによると、デスクトップアプリケーション開発に積極的に携わっている開発者の数は約240万人で、20か月前に比べて50%増加している。この大規模なコミュニティをサポートするため、Microsoftは、これら資産のWindows 10への統合を支援する方法を検討している。

  • Universal Windows Platform (UWP)アプリケーションのウィンドウ処理

    基幹ビジネスアプリケーション向けのUniversal Windows Platform (UWP)のシリーズの続きとして、よく引用される別の問題に注目してみる:複数ウィンドウサポート。Microsoftは要求には答えるだけでなく、3Dを含む複数ウィンドウモードでそれを上回ろうとしている。

  • “Fluent UI”あるいはリボンデザインに関する最新情報

    2週間前に我々は、“fluent UI”あるいはリボンU1に関して、MicrosoftがCorelを相手に起こした訴訟についてレポートした。その後Microsoftから、最新情報を入手することができた。

  • 今後の.NET Framework 4.7.2のハイライト

    注目されているのは、ほとんどが.NETコアであるが、開発はオリジナルの.NET Framework上で継続する。マイクロソフトは最近、ASP.NET、ADO.NET、WCF、WPF、さらにはWindowsフォームのアップデートと共に、.NET Framework 4.7.2のプレビュー版をリリースした。

  • XAML Power Toysでフォーム作成を簡単化する

    XAMLデータ入力フォームの作成は退屈だが、新しいVisual Studio拡張機能のおかげで、この作業は合理化できる。Toys for Visual Studio 2015は開発者に対して、WPFやXamarin Formsアプリケーションのための XAMLを用いたデータ入力フォームを簡単に作成する手段を提供する。今後はUWPアプリもサポートされ、主要なすべてのWPFユースケースをサポートしたオールインワンツールとなるだろう。

  • .NET Framework 4.6.2の提供するWPFとセキュリティ改善

    .NET Frameworkの最新リリースでは,WPFとセキュリティを中心に,いくつかの新機能が提供されている - その中には,待望のClickOnceによるデプロイの改善も含まれる。Microsoftが.NET Framework 4.6.2プレビューをリリースしたのは3月下旬のことだった。今回そのリリースの新機能を,開発者が自身のプロジェクトで利用できるようになったのだ。

  • セキュリティとWPFを重視した.NET 4.6.2プレビュー版

    多くの注目が.NETコアに集まる中,本来の.NETフレームワークも開発が続けられている。先日プレビュー版がリリースされたバージョン4.6.2での主な注目点は,セキュリティとWinForms/WPF関連の機能にある。

  • Nevron Open Visionで実現するクロスプラットフォーム開発

    Windows Forms、Windows Presentation Framework (WPF)、SilverlightをサポートしたNevron Open Vision(NOV)がリリースされた。このフレームワークを使えば、開発者は複数のOSやでバイス、環境でひとつのプレゼンテーションレイヤを使い回すことができる。今後のバージョンでMac OS、iOS、Android、WinRTをサポートする予定だ。

  • Tererik, Entity Framwork 6のサポートなどの機能を備えたRadControls for WPF and Silverlight Q2 2013 SP1をリリース

    TelerikがRadControls for WPF and Silverlight Q2 2013 SP1をリリースした。アプリケーション実行中のアイコンセット変更が可能になり,Entity Framework 6がサポートされた。その他にも,Telerik EventToCommandBehaviorの使用時にイベント引数をコマンドに渡すことが可能になるなど,いくつかの新機能と改善点がある。

  • Google、Dart 1.0をリリース

    最初の発表とプレビュー版リリースから2年、Devvox in Belgiumにて、Lars Bak氏がDartの最初の安定版リリースを発表した。DartはGoogleの新しいWebプログラミング言語であり、最新のWebアプリケーションを開発するためのプラットフォームだ。

  • Extended WPF Toolkit v2コミュニティ・エディションにはAvalonDockコントロールや新しい機能、改善点が追加された

    Extended WPF Toolkit v2.0.0コミュニティ・エディションには拡張機能、67の改善点、バグフィックス、新しいWindows 8テーマが含まれ、AvalonDock、WindowContainer、WindowControlコントロールなども追加されている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。