BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ WPF に関するすべてのコンテンツ

  • WPF 4.5のWeak Events

    .NET 4.5では、WPF開発者にジェネリック版のWeakEventManagerを提供する。これは、サブクラスを明示したイベントが不要で、リスナインターフェイスも必要ない。

  • マルチスレッドとWPF 4.5

    WPF 4.5ではマルチスレッド・データバインディングのサポートが改善されたが、このテクニックには依然としてリスクがある。この記事では、それがどのように動いているか、安全に使うには何が必要かについて説明する。

  • タッチ機能を含む新しいBing Maps WPF Control

    Bing Maps Windows Presentation Foundation Controlは、ネイティブコントロールを通じてWPFに地図機能を提供する。これには、Microsoft Surfaceサポートが含まれ、Bing Mapsのタッチ機能を提供する。

  • WPF 4.5 での バインディング強化

    これ以上の注目を浴びるものではないが、WPF は現在も Windows にけるリッチクライアント開発の要旨で有り続けている。.NET ライブラリとオペレーティングシステムの根幹すべてが���用可能であり、他のHTMLや.NETベース UI 技術では釣り合わない。WPF の重要性を認識しているため、Microsoft は WPF に投資し続けており、特に WPF のバインディングについては顕著だ。

  • Windows 8は、Win32 APIを置き換える

    Windows 8は、WinRTと呼ばれる新しいコアAPIを提供する。これは、C/C++、.NET、JavaScriptを使ってメトロスタイルのアプリケーションを開発するために使用する。これらのアプリケーションは最初からなにもせずに、ハードウェアアクセラレーションと優れた電源管理のような機能をの恩恵を受けることができる。既存のSilverlightとWPFアプリケーションは、最小の影響で新しい「ネイティブXAML」ライブラリに移植することができる。

  • 6つのコントロールが追加された Extended WPF Toolkit v1.5

    Extended WPF Toolkit は Windows Presentation Foundation (WPF) コントロールやユーティリティ,標準の WPF Toolkit に含まれていないコンポーネントなどを集めたものだ。バージョン 1.5 ではいくつかのコントロールの更新とバグフィックスに加えて,6つのコントロールが新たに追加されている。

  • Surface SDK 2.0 - 開発対象に Windows タッチデバイスを追加

    Microsoft Surface SDK 2.0 では Surface だけでなく,Windows Touch デバイスのアプリケーションも開発可能である。

  • マイクロソフトの沈黙は.NET開発者をいらだたせる

    今月初、マイクロソフトは、Windows 8の新しいタッチ指向のUIを公開した。プレゼンテーションとプレスリリースによれば、この新しいUIは、HTML5とJavaScriptのみで開発することができる。Windowsプラットフォームでさらなる処理を行うWeb開発者にとってはすばらしいニュースだが、マイクロソフトは新しいアプリケーションモデルで.NETを利用することができるかどうかを語ることを拒んでいる。

  • WPFの次期バージョンに目を向ける

    Silverlightやさらに最近HTML 5に注目が集まる中、多くの人々がWPFの将来について疑問を抱いている。マイクロソフトのプレスマシンが沈黙することは、しばしばプロジェクトが永久に停止することを意味するため、これはとても理解できる。しかしながら、これはまた彼らが行っていることが、公開する準備ができていないことを意味することもある。

  • Silverlight 近況報告

    ブラウザ用 Silverlight は以前よりもよくなっている。静的型付け言語や JIT コンパイルのメリットを保ちつつ,HTML 5 に対するものと同じようなパフォーマンスの改善が得られているからだ。それなのになぜ,Microsoft は MIX で Silverlight に言及しようとしないのか?

  • Mono上でのWPFは? 資金援助しだいだ

    Monoプロジェクトの創始者であるMiguel de Icaza氏は、Windows Presentation FoundationをMonoプロジェクトがサポートすることは可能だと発言している。しかし、2,3年の間、15人から30人の開発者の協力が必要であるとも述べている。 代替案として別のツールキットの利用を提案しているが、コミュニティへの支援を痛切に必要としている。

  • WinFormsの場合

    DevExpressは、2011年用のロードマップをリリースした時、WinFormsについては、ほとんど何も言わなかった。10年前の技術であり、基本的に開発元に捨てられているので、このことは、余り驚くことではない。しかし、面白いのは、多くのネガティブなフィードバックが返ってきていることである。DevExpressの顧客の多くは、WPFやSilverlightを自分たちの重要なアプリケーションの代替に使えるとは考えていない。

  • WAFとCaliburn:ふたつのWPFアプリケーションフレームワーク

    WPF Application Framework(WAF)とCaliburnのふたつはオープンソースフレームワークであり、WPF/Silverlightアプリケーションを作成する開発者のために、レイヤアーキテクチャを使ったモデル-ビュー-ビューモデル(MVVM)パターンに基づく基盤を提供する。

  • WPF用Microsoft Ribbon

    MicrosoftがWPFベースのRibbonコントロールの新しいプレビュー版をリリースした。最終バージョンではないが、すぐ動かせるライセンスとソースコードのコピーを含んでいる。品質は非常によく、昨年のプレビューの全てのバグとAPIの設計上問題は、修正されているようである。ソースコードは、入手できても、デバッグ目的のリードオンリーのアクセスしかライセンスは,認めていない。

  • レイヤ化アーキテクチャで、.NET技術を使った.NETとAzureのサンプルショーケース

    マイクロソフトのコンサルタントであり、Microsoft pattern&practices Application Architecture Guideの寄稿者でもあるSerena Yeoh氏は、後にAzureに移植されたレイヤ化アーキテクチャデザインパターンのアーキテクチャ基盤として様々な.NET技術(WPF、WCF、WF、ASP.NET、EF)を使用した.NET 4.0向けのレイヤ化アーキテクチャサンプルを作成した。

BT