BT
前の記事 rss
人のフォロワー

第12回 State of Agile Reportが公開

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年5月14日 午前12時32分

2018 State of Agile ReportがCollabNet VersionOneから公開された。報告書の結論からは、顧客満足度の必要性の増大、アジャイルを大規模展開する企業の増加、アジャイルソフトウェア開発における分散型チームの一般化に加え、多くの企業が今後12ヶ月以内にDerOps活動を開始ないし計画していることが確認される。

人のフォロワー

アウトソーシングのためのリーンアジャイル調達

作者: Shane Hastie フォローする 18 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T _ フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年5月7日 午前4時39分

アジャイルを導入している組織にとっての最後の障壁の1つは、調達プロセスである。最近のAgiliaカンファレンスで、Mirko Kleiner氏が調達担当者、ITチーム、サプライヤが関与するサービス契約交渉のアプローチであるLean-Agile Procurementを提案した。これは、顧客ニーズに対応するために闘争的なスタンスから協力的なアプローチに移行するためのものである。

人のフォロワー

アジャイル企業になるには

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年4月26日 午後11時31分

企業は今、階層的な組織構造とマイクロマネジメントに分かれを告げて、アジャイル企業へと変わらなければならない — 従来型の官僚型構造に苛まれつつ小さな変化を積み上げるのではなく、管理モデルを根本的に変える必要がある。アジリティを阻害する行為をやめさせて、顧客指向、本質的モチベーション、リーダシップ、信頼関係に基づくリーダシップ、フォーマルでない計画、といったものに集中するべきだ。

人のフォロワー

KPN iTVのアジャイル変革

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年4月4日 午前1時45分

マネジメントチームは部隊の業務を直接指揮するチームではなく、作業環境を作り上げるリーダシップチームになった。自律的な部隊が自己選択によって構築されることにより、業務はもはやプロジェクトとして組織されるものではなくなり、永続的な自律型チームへと移行した - KPN iTVのアジャイル変革で実現されたおもな変化をあげるならば、このようになるだろう。

人のフォロワー

アジャイル転換にパラドックスを利用する

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年3月12日 午前3時54分

パラドックス(逆説)はアジャイル転換に有効だ - 立ち止まり、考え、共通の言語で議論することを可能にする。共感し、方向性を示す上でも役に立つ。ドイツの保険会社であるVIVATでは、トレーニングや日々の作業にパラドックスを用いることでアジャイル転換を進めている。

人のフォロワー

2017-2018 State of Scrumレポート公開

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年2月26日 午後9時47分

経営者にとって、最優先事項は価値の提供だ。企業がアジャイルを導入すれば、顧客満足度が最も重要な改善指標となる。硬直的な慣習や指揮統制型リーダシップに縛られた企業では現代社会の競争を生き残れない、という必然性が、企業をアジャイル変革へと駆り立てている。スクラムを採用する先進的企業では、企業や文化のニーズに対応する方法でスクラムを使用している。

人のフォロワー

アジャイルを用いてソーラーレースに勝利する方法

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 高橋 洸 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年2月26日 午前3時36分

Nuon Solar チームはアジャイルとスクラムを使用することで、プロジェクトに最大の価値を与えるための第一のステップを明らかにし、異なる規律の統合、透過性と集中の確保を行い、改善にのための振り返りに取り組んでいる。彼らのゴールはクリーンエネルギーの使用の促進と教育であり、ミッションはイノベーションの力を利用して南アフリカで行われる Sasol Solar Challenge に勝利することである。

人のフォロワー

"2018 State of Testing"調査

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年2月22日 午前2時0分

2018 State of Testingサーベイは、テスト専門職の技能向上とテストトレンドに対する意識に関する情報提供を目的とした調査で、2018年1月に実施された。

人のフォロワー

アジャイルの導入方法を改善する

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年2月19日 午前2時5分

アジャイル導入にはアジャイルのアプローチを採用するべきであって、ウォーターフォール的な方法でアジャイルを導入するべきではない、チームの活性化を望むリーダと、それをサポートする組織の構築が必要だ。さらには業界として、アジリティの段階的な展開の実績を積む必要がある。

人のフォロワー

ディジタルリーダシップをアジャイルで支援する

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年2月5日 午前1時22分

ディジタル化はもはや止められない - ディジタル化とモバイル化のますます進む顧客にとって、重要なのはディジタルリーダシップの提供だ。ITは従来型のサービスに取って代わる、新たなディジタル接続サービスの方向を示している。ある組織では、チームの資金調達方法を変え、優れたプロダクトを市場に投入する責任を負うオーナとしてのチームを実現するため、アジャイルを採用した。

人のフォロワー

Scrum Studioによるアジャイル原則の運用と組織の自立性向上

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年1月10日 午前12時23分

Scrum Studioを導入し、アジャイル原則に基づいた変革アプローチを用いたことによって、オランダの年金資産運用会社は、構造的なコスト低減と反応性の向上を実現した。変革チームは、あるべき姿の特性を備えた透過的かつ反復的な変革を適応することによって、自らの主張を実践してみせた。人々が自立性を持つ文化を確立したのだ。

人のフォロワー

LEGOでのアジャイル

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年10月10日 午前3時16分

Agileは10年以上LEGOの一部になっているが、未だに、デジタルとIT以外の領域で種をまき、応用分野を見つけている。同社の中心となる価値観は遊びと学習であり、これは、アジャイルの反復、実験、振り返りといった原則と相性が良い。

人のフォロワー

継続的デリバリの計測方法

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年10月2日 午後11時51分

継続的デリバリを導入する場合、安定性とスループットを計測できる。このふたつのメトリクスは不確実性を減らし、とのようなやり方を拡大したり縮小したりするべきかについてより良い選択肢を提示し、継続的デリバリのプロセスを正しい方向に進めるのに役に立つ。

人のフォロワー

組織のデジタルトランスフォーメーションのためのパターン

作者: Shane Hastie フォローする 18 人のフォロワー , 翻訳者 笠原 王徳 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年9月20日 午後8時59分

組織がデジタル技術を採用するにつれて、様々なトランスフォーメーションパターンが明らかになってきた。調査会社であるIDCは、大きな組織のデジタルトランスフォーメーションのための4つのパターンを特定した。

人のフォロワー

Wyndham Vacation Rentals UK社におけるアジャイルとDevOpsの導入

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 sasai フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年9月12日 午前4時15分

アジャイルとDevOpsの導入は、Wyndham社におけるQAの役割にプラスの影響を与えた。ライフサイクルの初期段階における取り組みにフォーカスすることで、バグやポストプロダクション問題の少ない、スムーズなリリースに繋がった。テストすることは共同責任となり、ビジネス部門と顧客はこれまで以上にデリバリーサイクルに関わるようになった。

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT