BT
前の記事 rss
人のフォロワー

"2018 State of Testing"調査

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年2月22日 午前2時0分

2018 State of Testingサーベイは、テスト専門職の技能向上とテストトレンドに対する意識に関する情報提供を目的とした調査で、2018年1月に実施された。

人のフォロワー

アジャイルの導入方法を改善する

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年2月19日 午前2時5分

アジャイル導入にはアジャイルのアプローチを採用するべきであって、ウォーターフォール的な方法でアジャイルを導入するべきではない、チームの活性化を望むリーダと、それをサポートする組織の構築が必要だ。さらには業界として、アジリティの段階的な展開の実績を積む必要がある。

人のフォロワー

ディジタルリーダシップをアジャイルで支援する

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年2月5日 午前1時22分

ディジタル化はもはや止められない - ディジタル化とモバイル化のますます進む顧客にとって、重要なのはディジタルリーダシップの提供だ。ITは従来型のサービスに取って代わる、新たなディジタル接続サービスの方向を示している。ある組織では、チームの資金調達方法を変え、優れたプロダクトを市場に投入する責任を負うオーナとしてのチームを実現するため、アジャイルを採用した。

人のフォロワー

Scrum Studioによるアジャイル原則の運用と組織の自立性向上

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年1月10日 午前12時23分

Scrum Studioを導入し、アジャイル原則に基づいた変革アプローチを用いたことによって、オランダの年金資産運用会社は、構造的なコスト低減と反応性の向上を実現した。変革チームは、あるべき姿の特性を備えた透過的かつ反復的な変革を適応することによって、自らの主張を実践してみせた。人々が自立性を持つ文化を確立したのだ。

人のフォロワー

LEGOでのアジャイル

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年10月10日 午前3時16分

Agileは10年以上LEGOの一部になっているが、未だに、デジタルとIT以外の領域で種をまき、応用分野を見つけている。同社の中心となる価値観は遊びと学習であり、これは、アジャイルの反復、実験、振り返りといった原則と相性が良い。

人のフォロワー

継続的デリバリの計測方法

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年10月2日 午後11時51分

継続的デリバリを導入する場合、安定性とスループットを計測できる。このふたつのメトリクスは不確実性を減らし、とのようなやり方を拡大したり縮小したりするべきかについてより良い選択肢を提示し、継続的デリバリのプロセスを正しい方向に進めるのに役に立つ。

人のフォロワー

組織のデジタルトランスフォーメーションのためのパターン

作者: Shane Hastie フォローする 18 人のフォロワー , 翻訳者 笠原 王徳 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年9月20日 午後8時59分

組織がデジタル技術を採用するにつれて、様々なトランスフォーメーションパターンが明らかになってきた。調査会社であるIDCは、大きな組織のデジタルトランスフォーメーションのための4つのパターンを特定した。

人のフォロワー

Wyndham Vacation Rentals UK社におけるアジャイルとDevOpsの導入

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 sasai フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年9月12日 午前4時15分

アジャイルとDevOpsの導入は、Wyndham社におけるQAの役割にプラスの影響を与えた。ライフサイクルの初期段階における取り組みにフォーカスすることで、バグやポストプロダクション問題の少ない、スムーズなリリースに繋がった。テストすることは共同責任となり、ビジネス部門と顧客はこれまで以上にデリバリーサイクルに関わるようになった。

人のフォロワー

Michael Ong氏に聞く - サイクリングとアジャイル、UXの価値

作者: Hugo Messer フォローする 1 人のフォロワー , Shane Hastie フォローする 18 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年8月20日 午後9時33分

Michael Ong氏はシンガポールに拠点を置く、製品およびユーザエクスペリエンスの専門家だ。氏はInfoQに、サイクリングとアジャイルに掛ける氏の情熱とその補完的な関係、ユーザエクスペリエンス設計における優れたリスニングスキルの重要性、シンガポールとインドネシアのハイテク産業の状況、Agile Indonesiaカンファレンスで実施予定の講演などについて話してくれた。

人のフォロワー

Scrum AllianceがState of Scrum 2017年版を公開

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年8月16日 午後10時26分

スクラムはITやソフト開発以外でも盛んに利用されるようになった。多くの企業がアジャイルにミックス・アンド・マッチのアプローチを採用するようになったことにより、単一のイニシアティブに集中するスクラムマスタは少数派となり、共有的な役割へと発展しつつある — Scrum Allianceの発行した調査報告書“2017 State of Scrum”には、このように記されている。

人のフォロワー

IBMのEvan Leyboum氏が提唱する“アジャイル制約の理論”

作者: Hugo Messer フォローする 1 人のフォロワー , Shane Hastie フォローする 18 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年8月7日 午後8時42分

Evan Leybourn氏は、間もなく開催されるAgile Indonesiaカンファレンスで講演を行なう。氏はInfoQに、自身のアジャイル制約の理論(Theory of Agile Constraints)について、取り組みにおける価値の定義、アジャイル予算と#NoProhectrsなどについて話してくれた。

人のフォロワー

Renee Throughton氏に聞く - リーダシップパターンとアジリティ

作者: Hugo Messer フォローする 1 人のフォロワー , Shane Hastie フォローする 18 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年7月30日 午後8時26分

アジャイル導入に成功する上での問題は、チームがアジャイルないしScrumを実践することではない。システムが自身を再構築するより前に、システム内の原則や制約についてのリフォームが最後の課題なのだ。氏はかつてのInfoQで、リーダシップのパターンに語ったことがある。

人のフォロワー

Fleur van Unen氏とSylvain Mahe氏がリーダーシップのアジャイルの道具について語る

作者: Hugo Messer フォローする 1 人のフォロワー , Shane Hastie フォローする 18 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年7月24日 午後9時46分

近日開催のAgile Indonesiaカンファレンスでは、Palo ITのFleur van Unen氏とSylvain Mahe氏がアジャイルリーダーシップのツールに関する講演を共同発表し、 Management 3.0などの技術とフレームワークを描くリーダーに具体的なアドバイスを提供する。InfoQは、両氏にインタビューし、リーダーシップの哲学、アジャイルなアイデアの普及におけるコミュニティの重要性、従業員を才能のある大人として扱うことについて話をした。

人のフォロワー

SamsungのRisman Adnan氏に聞く - インドネシアにおけるイノベーションとアジリティの発展

作者: Hugo Messer フォローする 1 人のフォロワー , Shane Hastie フォローする 18 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年7月19日 午前12時24分

Risman Adnan氏はSamsung R&D Institute Indonesiaのディレクタである。氏はInfoQに、大規模な組織において、いかにイノベーションとアジリティを実現し、優れたエンジニアリング文化を生み出すかを語ってくれた。間もなく開催されるAgile Indonesiaカンファレンスでは、氏が基調講演を行なう予定だ。

人のフォロワー

AtlassianがTeam Health MonitorとTeam Playbook Blueprintの提供を開始

作者: Steffen Opel フォローする 3 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年5月26日 午前4時48分

Summit 2016でTeam Health Monitorsのツール非依存バージョンを紹介したAtlassianが、先日リリースしたConfluence Server 6.1に、新たにTeam Playbookブループリントをバンドルした。Health Monitorワークショップは、形式張らない(low-ceremony)“プレイ(play)”の実施を通じて、問題点の指摘と弱点に対処する計画を策定することを目的とした、“チーム全体の状態を改善する”ためのチームの自己診断だ。

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT