BT

InfoQ ホームページ Agile in the Enterprise に関するすべてのコンテンツ

  • 高等教育におけるアジャイル: オープン大学での経験

    大学はアジャイルとプロダクトのマインドセットを受け入れる必要がある。彼らは自分たちがほとんど理解していない新しい種類のプロダクトやサービスの仮説駆動の開発に取り組んでおり、またユーザの振る舞いやニーズもほとんど理解していないからだ、Matthew Moran氏は述べた。彼はアジャイルのマインドセット、原則、プラクティスをオンライン開発コースに適用することについて、Aginext 2019で講演を行なった。

  • リーンにアジャイルを加えるToyota Connected

    リーンプロダクト開発にアジリティを加えることで、Toyoa Connectedでは、より早いデリバリ、より高い品質、より低いコストの実現を可能にした。Nigel Thurlow氏は、Lean Digital Summut 2018で"Lean is NOT enough"と題して講演し、コロケーションチームやアウトソースチームにおけるアジャイルの実践方法、ポートフォリオ計画をエグゼクティブ優先モデルにすることによるビジネスアジリティの向上,などについて話した。

  • ”2019 State of Testing”調査

    "2019 State of Testing"調査は,テスト専門職の発展に関する洞察の提供を目的とする調査である。調査に回答すると,State of Testing 2019レポートの無償コピーを公開時に受け取ることができる。

  • リーン原則を使って増員せずにデリバリを倍増する

    リーンツールは生産性の向上と顧客コミットメントの改善に寄与する。Keepeekでは、問題解析にプルフロー、PDCA、Red Binといったテクニックが使用されている。改善で最優先されるのは顧客への影響だ。その結果、同社のスループットや顧客満足度は著しく向上し、NPSが改善された。

  • リーンを使ってデジタルネイティブから何を学べるか

    Theodo UKの創業者でありCEOであるFabrice Bernhard氏は、Lean Digital Summit 2018で ”what lean can learn from digital natives(デジタルネイティブからリーンは何を学べるか)”という講演を行った。デジタルネイティブはリーンスタートアップやアジャイルプラクティスになじんでおり、彼らはアジャイルとトヨタ生産方式を結びつけ、アイデアの実験、イノベーションの展開、スケールの高速化を可能にして先へと進んでいく。

  • 英国政府のディジタルトランスフォーメーションから学んだこと

    英国政府のディジタルトランスフォーメーション(digital transformation)は2つのメリットを実現した — 行政サービスのデザインにユーザニーズが考慮されたことで、市民は必要な情報やサービスをより早く入手できるようになり、サプライヤは、現代的なアジャイル手法で政府に協力することが可能になった。ユーザと直に接することで、プロダクトをより良くするためのチームのモチベーションも向上した。

  • Arnold Egg氏がAgile Impactカンファレンスでダイナミックな環境でのアジャイルについて講演

    Arnold Egg氏は、ダイナミックな環境でのアジャイルをテーマに、インドネシアで開催されるAgile Impactカンファレンスで講演を行い、アジアの大手企業のひとつでCTOを務めた自らの経験を披露する予定だ。インドネシアが世界中の他の地域に製品やサービスを提供している状況や、ディジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)の現状について語る。単一の解というものはなく、コピー・ペースト的な適用は失敗する。

  • GartnerがMagir Quadrantを更新、エンタープライズアジャイル計画ツールを対象に

    Gartnerは2017年から、“アプリケーション開発ライフサイクル管理”に代えて、“エンタープライズアジャイル計画ツール”に関する調査を実施している。アナリストによると、エンタープライズアジャイル計画(EAP)ツールは、顧客中心かつビジネス成果指向のプラクティスと継続的フィードバックを合わせて活用することによって、大規模なアジャイルプラクティスの確立を支援している。

  • Arthur Purnama氏が語る、統合ITと組織変革

    Arthur Purnama氏は、インドネシアで近く開催されるAgile Impactカンファレンスで、企業の統合ITへの移行を支援した自らの経験と、変革プログラムの成功には変化が不可欠であるというメッセージを、人々がどのように考え、理解し、受け止めるかを認識することの重要性について講演する。

  • 13回目のState of Agile年次調査が公開

    State of Agileの13回目の年次調査がCollabNet VersionOneから発表された。これは世界中のアジャイルの採用を年次で調査している。

  • すべてのマネジメントをアジャイルに - Fin Goulding氏の講演より

    AvivaのインターナショナルCIOであるFin Goulding氏が、先日のDevOps Enterprise Summit Londonで、組織全体のフロー原理(flow principles)によるアジャイル能力向上について講演した。講演で取り上げられた内容のいくつかについて、詳しい説明を氏に依頼した。

  • アジャイル採用におけるマネジメントのサポート

    ビジネスの運営に関わるすべての人々にとって、ITの日々の業務への影響を理解することが不可欠になっている。上級管理職であれば、サイロやチーム全体を見渡して、システム全体のスループットに影響を与えることが可能だ。ITマネージャや役員は、チームの効率的かつ効果的な活動を、ビジネスマネージャによる積極的な関与に頼っている。マネジメントの関与は、企業全体のアジャイルにおいても重要だ。

  • 第12回 State of Agile Reportが公開

    2018 State of Agile ReportがCollabNet VersionOneから公開された。報告書の結論からは、顧客満足度の必要性の増大、アジャイルを大規模展開する企業の増加、アジャイルソフトウェア開発における分散型チームの一般化に加え、多くの企業が今後12ヶ月以内にDerOps活動を開始ないし計画していることが確認される。

  • アウトソーシングのためのリーンアジャイル調達

    アジャイルを導入している組織にとっての最後の障壁の1つは、調達プロセスである。最近のAgiliaカンファレンスで、Mirko Kleiner氏が調達担当者、ITチーム、サプライヤが関与するサービス契約交渉のアプローチであるLean-Agile Procurementを提案した。これは、顧客ニーズに対応するために闘争的なスタンスから協力的なアプローチに移行するためのものである。

  • アジャイル企業になるには

    企業は今、階層的な組織構造とマイクロマネジメントに分かれを告げて、アジャイル企業へと変わらなければならない — 従来型の官僚型構造に苛まれつつ小さな変化を積み上げるのではなく、管理モデルを根本的に変える必要がある。アジリティを阻害する行為をやめさせて、顧客指向、本質的モチベーション、リーダシップ、信頼関係に基づくリーダシップ、フォーマルでない計画、といったものに集中するべきだ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。