BT

InfoQ ホームページ Amazon に関するすべてのコンテンツ

  • アマゾン、Correttoをリリース; 無償サポート、マルチプラットフォーム対応のJava OpenJDK

    ベルギーのアントワープで開催されたDevoxx BEにて、アマゾンがAmazon Correttoのプレビューリリースを発表した。これは、"無償で、マルチプラットフォームに対応し、リリース可能なディストリビューション"であるOpenJDKのビルドで、Javaの参照実装である。

  • Amazon、AWS GovCloud US-Eastリージョンを発表

    AmazonがAWS GovCloud (US-East) リージョンを発表した。これは隔離されたAWSリージョンで、FedRAMPのHighおよびModerateベースラインセキュリティコントロールを提供する。このリージョンは、連邦、州、地方政府機関、それらに従事するIT請負業者、規制のある業務に関わる顧客をターゲットとしている。

  • AmazonがAWS Storage Gatewayハードウェアアプライアンスを発表

    Amazonは、オンプレミスアプリケーションとAWSのストレージサービスとのハイブリッドストレージを提供する、AWS Storage Gatewayハードウェアアプライアンスを発表した。このハードウェアアプライアンスを通じてAmazonは、クラウドと同期しながらデータをローカルにキャッシュする、設定済みのソリューションを提供する。

  • Amazonが新システムマネージャのAWS System Managerをリリース

    AmazonがセッションマネージャのAWS Systems Managerを新たにリリースした。この新しいセッションマネージャは、EC2インスタンスへのシェルレベルアクセスの新たな方法を提供する。IT管理者は、新たに提供されるブラウザベースの対話型シェルとコマンドラインインターフェイス(CLI)を使用して、WindowsおよびLinuxインスタンスを管理できるようになる。

  • AWSによる単一クラウドアーキテクチャに移行したAuth0

    認証、承認、シングルサインオンのサービスを提供するAuth0は、自社のインフラストラクチャを、これまでの複数クラウドプロバイダ(AWS、Azure、Google Cloud)からAWS単独に移行した。AWSサービスへの依存度が必然的に高まるため、現在の同社のシステムは4つのAWSリージョンに分散されると同時に、サービスはゾーン間でレプリケーションされている。

  • Amazonが、AWS CloudFormationに関して、AWS Lambdaで実行されるMacrosによる拡張を発表

    AWS CloudFormationを使うことで、開発者はインフラストラクチャをモデル化し、コードとして定義することができる。AmazonはMacrosというAWS CloudFormationの新機能を発表した。Macrosによって開発者は、AWS Lambdaで実行される変換を呼び出すことで、CloudFormationテンプレートのネイティブ構文を拡張できるようになる。

  • Alexa Smart Home Skillは新しいAPIで柔軟性が向上

    Amazon Smart Home Skill APIの最新のアップデートは、プレビューとして利用でき、デバイスの設定や機能をモデル化するビルディングブロックとして使用できる新しい機能が導入されている。さらに、カスタムインテントの使用を有効にすることで、Smart Homeスキルの柔軟性が向上した。

  • Amazon Aurora Serverless MySQLが一般提供に

    AWSのカスタムビルドのMySQLとPostgreSQL互換データベースであるAmazon Auroraの新しい機能が一般提供された。Aurora Serverless MySQLだ。Amazonは昨年のAWS re:Inventで初めてこのサーバレス機能のプレビューを見せていた。

  • AWS Config で複数アカウント、複数リージョンのデータ集約が可能に

    Amazon Web Services(AWS)は先日、AWS Configルールによって複数のアカウントないしリージョンで生成されたコンプライアンスデータを集約して、AWSリソースの一元的な監査と管理を可能にする機能を追加した。新たに用意された集約ダッシュボードビューには、組織全体の不適合なルールが表示される。そこからドリルダウンすることで、ルールに反するリソースを詳細に確認することが可能になる。

  • Amazon API Gatewayがプライベートエンドポイントをサポート

    Amazonは、VPC(Virtual Private Cloud)内のプライベートAPIエンドポイントをユーザに提供するAPI Gatewayサービスを新たに発表した。提供されるAPIエンドポイントは、VPC Endpointを使うことで、ユーザのAmazon VPC内からのみアクセス可能となる。

  • Amazon WorkspaceがAmazon Linux 2 Desktopを提供

    新しいAmazon WorkSpacesでは、顧客はWindows 7および10以外のデスクトップとしてAmazon Linux 2を使用できる。Amazon Linux 2 WorkSpacesは、Amazon Machine Imageなどのいくつかの異なる形式で入手できる。

  • Amazonは、AWS LambdaがイベントソースとしてSimple Queue Service(SQS)をサポートすることを発表

    AmazonはSimple Queue Service(SQS)のアップデートを発表した。開発者はSQSを使用してAWS Lambda Functionsを起動できる。さらに、開発者がポーリングサービスを実行したり、SQSからSNSへのマッピングを作成するためにを必要がなくなった。

  • OpsRampがAIOps推論エンジンを導入

    SaaSベースのIT運用管理プラットフォームを提供するOpsRampが、アラートとイベント相関のためのIT Operations推論エンジン用AI(AIOps)を備えた、OpsRamp 5.0を新たにリリースすると発表した。マルチクラウド対応のダッシュボードも備えている。

  • AppDynamicsが欧州向けに新たなSaaSサービスをローンチ

    アプリケーションインテリジェンスベンダのAppDynamicsは、Amazon Web Services(AWS)のEU(フランクフルト)リージョン上に展開する、新たな欧州向けSaaS(Software-as-a-Service)サービスをローンチした。

  • 顔認識技術の実情

    顔認識はマシンラーニングの直接的な応用として、消費者や業界、法執行機関に広く展開されており、日々の生活に利益をもたらす可能性を持つが、一方ではプライバシに関する深刻な懸念をはらんでいる。顔認識モデルはすでに人の能力を越えているが、実世界での適用では問題の残る場合もある。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。