BT

InfoQ ホームページ Business Models に関するすべてのコンテンツ

  • Open Core Summitを開催する理由 - 発起人のJoseph Jacks氏に聞く

    あるソフトウェアがクラウドベースで広く採用されるようになったことがきっかけで、いくつかのオープンソースプロジェクトが、最近になってライセンスの変更を行っている。例えば、Confluentは昨年末、データ転送機能を提供するストリーミングプラットフォームであるConfluent Platfornのコンポーネントの一部と、システムとデータソースを接続するツールのライセンスを変更すると発表した。SaaSプロバイダによる、これらコンポーネントの使用を制限するためだ。

  • アジャイルをオフショア開発に拡張する

    ソフトウェア開発のオフショアとアジャイルを両立するためには,想定されていない環境下でアジャイルプラクティスを機能させるための時間を投資する必要がある。決して諦めてはならない – 原則に立ち返ることでアジャイルプラクティスを拡張(stretch)し,分散環境で効果的に機能するようにスケールアップする方法を共同で見つけることが必要なのだ。

  • 見積もりなしの意思決定戦略

    Debbie Madden氏とVasco Duarte氏が見積もらないことに関する意見を述べている。

  • Lego Serious Playを使ってBusiness Model Canvasを作る

    Lego Serious Playの推進者が,Business Model Canvasの作成にLegoを利用した経験について公開する。

  • Happy Melly: 幸せな労働者を作るビジネスネットワーク

    “Melly Shum hates her job”という写真に着想を得て、Jurgen Appelo, Maarten Volders 、Vasco Duartoの三氏がHappy Mellyを設立した。Happy Mellyは組織が環境の変化に適応するのを支援し、仕事をするモチベーションが高い幸せな労働者を生み出す。

  • アジャイルのニアショアあるいはオフショアサプライヤを評価する

    オフショアあるいはニアショアソフトウェア開発は,基本的にアジャイルソフトウェア開発の原則とは相容れないものだ。しかし損益あるいは要員確保という現実世界的な理由によってこの原則が曲げられ,現在では多くのチームがアジャイルのニアショアあるいはオフショアサプライヤを評価する最良の方法を求めている。記事ではこのテーマをさらに深く掘り下げることを試みる。

  • クラウドコンピューティングはビジネスモデルを革新し、新たな雇用を創出する

    IBMの調査では、クラウドコンピューティングがビジネスモデルの革新を実現する6つのことが述べられている。またIDCの報告書では、クラウドコンピューティングは2015��までに全世界で1400万の雇用を創出すると予想されている。

  • リーンスタートアップ

    リーンスタートアップのムーブメントは拡大し続けており、世界中のローカルユーザグループで、成功するビジネスについて議論し、学び、立ち上げるために集まっている。しかし、リーンスタートアップとは何だろうか? ガレージにいる2人のハッカーのことだろうか、はたまたそれ以上の何かだろうか?

  • ソーシャルネットワーク、アジャイル、そしてクラウドはオフショアソフトウェア開発を変化させているのか?

    有名な著作である『フラット化する世界』において、Thomas L. Friedman氏は、多くの国々がグローバルなサプライチェーンの一部になっていくという収束現象について語っている。ここから、経済学の新しい法則が定義された。Israel Gat氏はこの考え方をさらに押し進め、ソーシャルネットワークと共同作業のための技術のおかげで、ソフトウェア開発は、場所に依存しなくなるとしている

  • よりよいビジネスアーキテクチャの抽象化はエンタープライズアーキテクチャの鍵なのだろうか?

    EAにおける過度な詳細化は無益であると主張する最近の記事の波紋の中、富士通のクラウドアーキテクトIan氏は、よりよいビジネスアーキテクチャの抽象化がエンタープライズアーキテクチャの成功の鍵ではないのではないかと考え始めている。

  • 「博学者」という新たな IT 業務

    "博学者(polymath)" は IT プロフェッショナルにとって必要な業務スキルなのだろうか? クラウドコンピューティングの台頭,"グリーン"コンピューティング,超大規模システム,さらには SOA と SaaS といったものが示唆する答えは YES だ。Vinnie Mirchandani 氏の書は,IT 博学者になることの意義と,このスキルが望まれる理由について,数多くのコメントを引き出している。

  • 顧客も開発者も離れたところにいる危機的状況にあるプロジェクト

    コロケーション(共同の場所)はアジャイルにおいて最も重要なアドバイスのひとつだが、ますますプロジェクトは分散したチームで実行されるようになってきている。Scrum Developmentグループにおいて、Safari Asad氏は顧客が離れたところにいるだけでなく、開発者も離れたところにいるという危機的状況にあるプロジェクトに関する興味深い議論を始めた。

  • Engine Yardが有償でJRubyのサポートを開始

    JRubyコアチームの殆どのメンバを雇用しているEngine Yardが、今週、有償のJRubyのサポートを開始した。

  • アジャイル・ソフトウェア開発における契約

    アジャイル・マニフェストには「契約交渉における顧客との協力」と記述されているが、多くの開発者や企業にとって契約とは現実味を帯びるものである。Peter Stevens氏は、10種類の開発契約について分析し、それぞれの形態がどの程度アジャイル・プロジェクトに適合するか明らかにした。また、氏は、固定価格やタイム・アンド・マテリアルよりもはるかにふさわしい組合せを見出した。

  • エンタープライズをイベントのネットワークとして理解する

    SOAとEDA間の討論が、SOA・BPM・イベントの間の関係について論じたRichard Veryard氏のブログから、最近再浮上している。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。