BT

InfoQ ホームページ Business Value に関するすべてのコンテンツ

  • すべてのマネジメントをアジャイルに - Fin Goulding氏の講演より

    AvivaのインターナショナルCIOであるFin Goulding氏が、先日のDevOps Enterprise Summit Londonで、組織全体のフロー原理(flow principles)によるアジャイル能力向上について講演した。講演で取り上げられた内容のいくつかについて、詳しい説明を氏に依頼した。

  • 第12回 State of Agile Reportが公開

    2018 State of Agile ReportがCollabNet VersionOneから公開された。報告書の結論からは、顧客満足度の必要性の増大、アジャイルを大規模展開する企業の増加、アジャイルソフトウェア開発における分散型チームの一般化に加え、多くの企業が今後12ヶ月以内にDerOps活動を開始ないし計画していることが確認される。

  • IBMのEvan Leyboum氏が提唱する“アジャイル制約の理論”

    Evan Leybourn氏は、間もなく開催されるAgile Indonesiaカンファレンスで講演を行なう。氏はInfoQに、自身のアジャイル制約の理論(Theory of Agile Constraints)について、取り組みにおける価値の定義、アジャイル予算と#NoProhectrsなどについて話してくれた。

  • 古いシステムと現代的な技術のギャップを埋める

    手動で時間のかかるやり方で管理されている、長年動かし続けているプラットフォームはコストがかかる。チームは経営陣に対してビジネスケースを作ることで、繰り返し作業やヒューマンエラーで失われた時間に基づいて、自動化ツールやコンテナのような現代的な技術を導入して改善ができる。結果として、配置作業は予測可能で反復的なプロセスになり、配置も頻繁かつ安全に行えるようになり、人間の介在も最小限になる。

  • 継続的デリバリによるITパフォーマンスの改善

    継続的デリバリのもたらす大きなメリットのひとつはリリースのリスク低減である – 包括的な自動テスト(Comprehensive test automation)と継続的インテグレーションとは、ITのパフォーマンスに最も大きな影響を与えるプラクティスだ。継続的デリバリとITパフォーマンスに関する調査から、継続的デリバリのプラクティスの実践はより高いITパフォーマンスにつながるだけでなく、ハイパフォーマによるテンポの向上と高レベルの安定性を実現することが明らかになった。

  • Barclayがアジャイル移行で得たもの

    スループットの向上,コードの複雑性の低減,運用時の障害減少,デプロイメントサイクルの短縮,チームの幸福度向上 — これらはみな,Barclaysがアジャイル移行で実現したメリットだ。ディシプリンド・アジャイルに基づいて実施された同社の移行は,最初の1年間で800以上のチームにアジャイルを採用するという,アジャイルの実践例として最大級のものである。

  • Agile 2016: アジャイルプログラムのマネジメント - 成果と価値を測定する

    Johanna Rothman氏がAgile2016で,アジャイルプログラム管理のための測定について講演を行なった。講演の中で氏は,測定する対象の選択する上での課題を説明し,従来の計測が意思決定に必要な情報を提供していないことを述べた上で,有用な測定の実例を紹介した。

  • ドメイン駆動設計でビジネスを駆動する

    ソフトウエア開発者はコードの設計と維持だけでなく、その経験を生かしてビジネスサイドに方向を与える能力も持ちつつある。ドメイン駆動設計(DDD)を使うことで、開発者は顧客の振る舞いを見つけビジネスの性質を変化させるための施策を推奨できる。

  • ロイズ銀行でのビジネスマッピングによるアジャイルの促進

    Tony Grout氏とChris Matts氏がビジネスマッピングとスキルの流動性についてQCon London 2016で語り、彼らのロイズ銀行での実践例を示した。講演では、ふたりはロイズ銀行でこの手法をどのように導入したかについて語った。彼らが説明したのはビジネスの戦略と人の能力と願いを組み合わせ、ビジネスサイドと技術者の協力を改善する方法だ。InfoQは彼らにインタビューした。

  • ソフトウェアを越えたアジャイルの活用

    オーストラリアのメルボルンで開催された1st conferenceカンファレンスにおいて,Eduardo Nofuentes氏が“agile beyond software”と題した講演を行なった。その中で氏は,アジャイルの原則と価値をソフトウェア開発以外に展開する手法を解説し,コールセンタなどソフトウェア以外のチームにおいて,ビジネスのアジリティ向上にアジャイルを活用した実例を紹介した。

  • アジリティの成長(growing)

    Andrea Tomasini氏がAgile Eastern Europe 2016 Conferenceで,“Stop Scaling, Start Growing an Agile Organization”と題した基調講演を行なう。アジリティの成長(growing)とは何か,氏に聞いた。

  • Tomas Rybing氏による"標的型かんばんボード"の紹介

    この記事では,Tomas Rybing氏の紹介する,射撃の標的を応用したかんばんボードについて説明する。

  • アジャイルな振る舞いを可能にするための契約

    InfoQはMartin Kearns氏にインタビューし、アジャイル契約がウォーターフォールプロジェクトの契約とどう違うのか、契約がスコープの変更や、開発中の大きな障害や遅延をどう扱えるのか、契約がアジャイルな振る舞いを可能にし、アジャイルマインドセットに基づき、全員を巻き込んで仕事をするのにどう役立つか、そして組織がアジャイルに契約を使いたい場合に、弁護士が持てる役割について聞いた。

  • ビジネスマッピングを使用したアジャイル組織の構築

    Dan North氏が,ブリュッセルで開催されたScaling Agile for the Enterprise 2016会議で,ビジネスマッピングについて講演を行なった。InfoQでは,組織のIT部門がアジャイルを導入する際の,ビジネス的な見地から見た問題点について氏にインタビューするとともに,ビジネスマッピングとは何か,組織のアジリティ向上にどのように役立つのかを聞いた。

  • 高品質のソフトウェアを開発するには

    Tarcio Saraiva氏とAdam Crough氏が,オーストラリアのメルボルンで開催された第1回のカンファレンスで,品質の高いソフトウェアの開発について講演した。InfoQは両氏に,ソフトウェアの品質についての見解とビジネス上のメリット,品質を管理する方法,テストの持つ役割や継続的インテグレーションが品質に持つ意味,さらには高品質のソフトウェア製品についてのアドバイスなどを聞いた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。