BT

InfoQ ホームページ クラウドコンピューティング に関するすべてのコンテンツ

  • GoogleがクラウドDNS転送を発表

    最近のブログ投稿で、GoogleはクラウドDNS転送を発表した。クラウドとオンプレミスの両方で、DNSを介してリソースを相互に見つけることができる。この機能により、Google DNSを設定するか、DNSプロバイダとしての個人の信頼できるサーバを設定するかを選択できる。

  • AlexaフラッシュブリーフィングとしてInfoQ Headlinesが利用可能に

    InfoQは、InfoQ.comの最新技術ニュースを声に出して読むAlexaフラッシュブリーフィングをリリースした。このフラッシュブリーフィングスキルは、ソフトウェアの最新トレンドのアップデートを提供し、コンテンツを2分以内のブリーフィングにまとめてくれる。スキルは英語のAlexaスキルが提供されているところで利用できる。

  • AmazonがAWS Europe(Stockholm)リージョンの追加を発表

    パブリッククラウドプロバイダは、毎年新しいリージョンを開設している。2018年が終わる前に、Amazonは別の新しいリージョンが使えるようになることを発表した。この新しいリージョンはヨーロッパで5番目のリージョンである。正式名称はEurope(Stockholm)、API名称はeu-north-1である。

  • HashiCorptがConsulサービスメッシュのKubernetes統合を改善

    Hashicorpは、ConsulとKubernetesとの統合性を向上するための新機能をリリースした。公式のHelm Chartを使ったKubernetesへのインストールのサポート、Kubernetesサー��スとの自動同期、外部ConsulエージェントをKubernetesクラスタに参加させるためのauto-join、Envoyのサポート、PodをConnectで接続するためのインジェクタなどが含まれる。

  • GitLab 11.6がサーバレス機能のデプロイをサポート

    GitLabの最新リリースでは、KnativeとKubernetesを使用して、Function as a service(FaaS)モデルを利用したサーバレス処理の構築、デプロイ、管理ができる。

  • MicrosoftがAzure Storageの静的Webサイトの一般向け提供開始を発表

    MicrosoftはAzure Storage上の静的Webサイトの一般向け提供開始を発表した。これにより、Azure StorageでホストされているHTML、CSS、JavaScriptファイルからコンテンツを提供することができる。静的Webサイトには、コンテンツが固定されたWebページが含まれているが、JavaScriptなどのクライアント側のコードを利用してリッチなユーザエクスペリエンスを実現することができる。

  • DigitalOceanがマネージドKubernetesサービスを開始

    クラウドプロバイダのDigitalOceanは最近、新しいKubernetes-as-a-Serviceサービスへのアクセスを開始した。このフルマネージドなサービスは、現在すべてのDigitalOceanリージョンで利用できる。

  • Microsoft、ニューラルネットワークによる音声合成機能をプレビュー

    最近のブログ記事で、MicrosoftはAzure Cognitive Servicesに含まれるニューラルネットワークによる音声合成機能のパブリックプレビューを発表した。今回のリリースで、生成された音声は実際の録音と区別がつかなくなる。この技術は、チャットボット、バーチャルアシスタント、電子書籍などデジタルテキストのオーディオブック変換に適用できる。

  • AWS Lambda LayersとRuntime API:公式にサポートされているランタイム以外もサポート

    AWS re:Invent 2018では新しい機能とサービスが多数発表された。機能間で共有されるコードとデータを一元管理するLambda Layerや、LambdaをJavaScript以外のあらゆるプログラミング言語に拡張するLambda Runtime APIなどである。

  • Microsoftはサーバーレスアーキテクチャ向けの新しいAPI Management Consumption(従量課金)ティアを提供する

    最近のブログ投稿でMicrosoftは新しい Azure API Management Consumption(従量課金)ティアを発表した。この新しい使用量ティアは「microベース」の請求が可能になり、自動スケーリング、組み込み高可用性、アクションごとの請求、プロビジョニングや管理のためのインフラストラクチャなしなどサーバーレスアーキテクチャの原則に準拠する。

  • AmazonがEC2インスタンスに予測スケーリング機能を導入

    最近のブログ記事で、Amazonは、予測スケーリング機能を追加して、Auto Scaling for EC2インスタンスをより強力にしたことを発表した。さらに、この新機能により、顧客は、これまでやってきた自動スケーリングの手動による微調整をすることなく、スケーリング計画を作成することができる。

  • MicrosoftがAzure Cognitive Services用のコンテナサポートを発表

    MicrosoftはCognitive Servicesのコンテナサポートを発表した。これにより、クラウド、エッジ、オンプレミスなど、どこでも機械学習機能を利用できるようになる。Azure Cognitive Servicesを使用すると、組織は、熱心なデータ科学者がいなくとも、視覚、音声、テキスト処理などのさまざまな認知機能を使い始めることができる。

  • AtomistがSoftware Delivery Machine 1.0をローンチ

    ソフトウェアデリバリ自動化の企業であるAtomistが、Software Delivery Machine (SDM) 1.0を発表した。Atomist SDMはクラウドネイティブなソフトウェアデリバリプラットフォームであり、特にKuberneteとSpring用には追加機能を備えている。

  • ConcouseCIによるテスト駆動コンテナ化ビルドパイプライン

    ThoughtWorksの主任開発者のひとりが、同社のあるクライアントでビルドパイプラインを書き換えた際の、自身のチームの経験談を公開している。チームは、コンフィギュレーション・アズ・コード、パイプライン駆動デリバリ、コンテナのサポート、システムの可視性といった点を重視して、JenkinsからConcourseCIへのスイッチを行った。

  • Amazon、Managed Streaming for Kafkaのパブリックプレビューを発表

    AmazonはAWS re:Invent 2018で、顧客がApache Kafkaを用いてストリーミングデータ処理を行うアプリケーションを簡単に構築および実行できるようにする新しいフルマネージドサービスを発表した。この新しいサービスはAmazon Managed Streaming for Kafka、略してAmazon MSKと呼ばれ、現在パブリックベータとして提供されている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。