BT

InfoQ ホームページ カンファレンス に関するすべてのコンテンツ

  • 継続的デリバリーはテストにどんな影響を及ぼすか

    継続的デリバリーでは、コードを書きながら品質に重点を置く必要がある。全てのチームにテスターがいるわけではないが、もしいるなら開発者と密に仕事をして、開発者がユニットテストを作成するのを手助けしながら、ユニットテストでカバーできない少数のテストを自動化するコードを書くことになる。

  • マイクロサービスの人間的側面

    マクロサービスアーキテクチャは、純粋に技術的なソリューションではなく、チームのコミュニケーションにとってのゲームチェンジャーだ。チーム間に安定した直接的なコミュニケーションチャンネルがない場合、彼らが作るソフトウェアはひどいものになるだろう。マイクロサービス実装を成功させるのに不可欠な5つの重要な特性は、ゼロコンフィグレーション、オートディスカバリ、高い冗長性、自己修復、フォールトトレランスだ。

  • トラック発表! Qcon London 2019(2019年3月4〜8日)

    QConがシティに戻ってきた。第13回の年次ソフトウェアカンファレンスが2019年3月4~6日、ロンドンで開催される。今年にカンファレンスのトピックが発表された。アーキテクチャ、カオス、JavaScript、パフォーマンスなど、盛り沢山だ。

  • カスタマーサポートに人間性を取り戻す

    サポートチームを大事にすれば、彼らは顧客を大事にしてくれる。サポートチームはトレーニングを受け、信��される必要があり、仕事に対して自律性と所有権が与えられて然るべきである。ボットは、人々が問題を解決するのを助けるカスタマーサポートで使われるべきではない;人が人を助ける必要があるのだ。たとえそれがロボットを雇うより高くつくとしても。

  • 英国政府のディジタルトランスフォーメーションから学んだこと

    英国政府のディジタルトランスフォーメーション(digital transformation)は2つのメリットを実現した — 行政サービスのデザインにユーザニーズが考慮されたことで、市民は必要な情報やサービスをより早く入手できるようになり、サプライヤは、現代的なアジャイル手法で政府に協力することが可能になった。ユーザと直に接することで、プロダクトをより良くするためのチームのモチベーションも向上した。

  • アジャイル第二の波: アジャイルマインドセットに生きる

    アジャイルマインドセットに生きるとは実際に行うことであって、それについて議論することではない。アジャイルに生きることへのアクセスは、大きな成長を遂げるためにイエスと言う人のみに与えられる。組織に異なる行動を求めるなら、自分の行動から変えなければならない。これはMichael K Sahota氏が”アジャイルの第二の波(Wave 2 of Agile)”と呼ぶもので、誰もが加わるように誘っている。", and invites everyone to join.

  • Java 11をサポートするSpring Framework 5.1が提供開始

    SpringOne Platformカンファレンスが今週、ワシントンDCで開幕した。新たなリリースや発表が目白押しだ。火曜の朝の基調講演では、Pivotalのプリンシパルエンジニアで、Spring Framework開発者のひとりでもあるJuergen Hoeller氏が、Java 8やJavaの新たなリリースケイデンス(cadence)とともに、昨日リリースされたJava 11のSpring Framework 5.1でのサポートについて語った。

  • 複数チームによるテスト自動化ソリューションを構築する

    自動テストを備えた堅固なテストフレームワークは、リリースの信頼性向上を可能にする。フレームワークのクロスチームペアリングにより、リリース当初からの品質確保が可能になった。チームの結束力が向上し、テスト自動化に関する担当者のスキル向上も実現できた。

  • Atlassian、インシデント管理ソリューションを発表

    9月4日、AtlassianはJira Opsと呼ばれる新プロダクトのローンチと、彼らがOpsGenieを買収することを発表した。Jira Opsを使うことで、組織はインシデントを解決し、そこから学ぶためのポストモーテムを実施できる。OpsGenieはJira Opsに迅速かつ信頼できるアラートを追加する。

  • Portfolio for Jiraのロードマップ作り

    プロダクトバックログがフィーチャーリストではなく課題の優先順位リストになっていると、変化に対応しやすくなる。フィーチャーを届けることを早いうちから約束する必要はなく、新しい技術が利用可能になれば、それを使うことができる。ロードマップを見える化し、定期的に新しい情報を取り込み、それを用いてロードマップを評価することは、アジャイルであり続けるのに役に立つ。

  • Arnold Egg氏がAgile Impactカンファレンスでダイナミックな環境でのアジャイルについて講演

    Arnold Egg氏は、ダイナミックな環境でのアジャイルをテーマに、インドネシアで開催されるAgile Impactカンファレンスで講演を行い、アジアの大手企業のひとつでCTOを務めた自らの経験を披露する予定だ。インドネシアが世界中の他の地域に製品やサービスを提供している状況や、ディジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)の現状について語る。単一の解というものはなく、コピー・ペースト的な適用は失敗する。

  • SpringOneでR2DBCが発表された

    ワシントンDCで開催されたSpringOne Platformにおいて、R2DBCが発表された。これはリアクティブプログラミングの観点からリレーショナルデータベースに対して新たに設計された実験的なAPIだ。ADBA仕様に影響を与えることを最終目標としている。

  • ワールドアジリティ2018の表彰を発表

    ワールドアジリティ2018の表彰が、World Agility Forumによって発表された。ヨーロッパ、アフリカ、アメリカの企業を表彰する地域的なもののほか、創造的アジリティ、防衛アジリティ、チームアジリティ、個人アジリティ、ライフタイムアジリティの表彰がある。

  • アジャイルの世界におけるコンプライアンスとは

    コンプライアンスとは、自分が正しいことをしていること、そして、それを証明できることだ。アジャイルの頻繁なデリバリでは、デリバリプロセス内にコンプライアンスを構築することが��要になる。コンプライアンス義務をDevOpsチームの責務の一部とすることで、その成功の可能性を高めることができる。

  • 内面からのリーダシップとアジリティへの展開

    アダプティブな組織は、気付き(awareness)をリーダシップの基本的な特徴とする、水平的(horizontal)リーダシップに基づいて活動する。好奇心と共感、そして勇気を持って真摯に耳を傾ける行為、すなわちリスニング(傾聴)こそが我々の認識、我々の関係、我々の環境を変えるのだ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。