BT
前の記事 rss
人のフォロワー

The Phoenix Project後の世界をJohn Willis氏とGene Kim氏が語る

作者: Helen Beal フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年6月5日 午前1時57分

IT Revolutionは、約8時間に及ぶオーディオブックを発表した。これは、Beyond the Phoenix Project; the Origins and Evolution of DevOpsという名前で、Gene Kim氏とJohn Willis氏の対話だ。

人のフォロワー

継続的改善のためのデータ駆動思考

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 大田 緑 - (株)チェンジビジョン フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年4月17日 午後8時21分

組織は、継続的に改善するために、パフォーマンスを計測し、ビジネスの成果に行動を結びつける客観的な方法が必要だ。Avvoでは、自律的なチームモデルとふりかえりを実践し、データ駆動決定フレームワークを使う。このフレームワークは、継続的に改善するために、人々がよりよい決定と提案をするのに役立つ。

人のフォロワー

Googleとのコラボレーションで新しくなった"Accelerate State of DevOps Report" - DORAのNicole Forsgren博士に聞く

作者: Helen Beal フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年4月15日 午後10時24分

DORAとGoogle Cloudは、“The Accelerate State of DevOps Report”として、ソフトウェア開発の問題に焦点を当てた独自の調査を実施する。この調査は、技術提供チームのリソース管理や生産性、品質の向上に関するガイダンスを提供するための、新たな知見の獲得を目的とする。

人のフォロワー

オランダ鉄道はいかにしてアジャイルとリーンを導入したか

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年2月14日 午前1時47分

アジャイルとリーンの哲学による考え方は極めて近い - リーンはアジャイルを強化するものであって、逆もまた然りだ。アジャイルプラクティスが複雑なプロダクトの開発に最適な一方で、リーンプラクティスはプロセスの無駄を削減する機会を教えてくれる。リーンがプロジェクトの開始からデリバリまで、成果を顧客視点で見る上で有効であるのに対して、アジャイルは最適な価値の提供をサポートする。

人のフォロワー

チームはそれぞれのケイデンスを持つべきか?

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年1月15日 午前2時29分

先日のTwitter上で、作業計画用と学習および改善用、というように、チームが複数のケイデンス(cadence)を持つことの是非に関する議論があった。ケイデンスを分離することで、最適なケイデンスを検討する余地がチームに与えられる。適応性と自立性が向上し、よりよい成果を得られる可能性がある、というのだ。

人のフォロワー

Ken Schwaber、Jeff Sutherland両氏に聞く - スクラムガイドのアップデートについて

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年12月27日 午後9時47分

スクラムガイドが更新された。スクラムのあり方がより反映されるとともに、スクラムに対する誤解が解消されている。スクラムはソフトウェア製品開発に使用できるだけでなく、ソフトウェア以外のさまざまな領域にも適用が可能だ。スクラムは経験主義に基づく継続的改善のためのフレームワークである。各スプリント単位、あるいはさらに高い頻度で出荷可能な製品を用意することが、スクラムの重要な要素だ。

人のフォロワー

DevOpsDays NZでの講演についてAlison Polton-Simonhへのインタビュー

作者: Rafiq Gemmail フォローする 6 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年11月20日 午前12時40分

ThoughtWorksのAlison Polton-Simonへインタビューし、DevOpsDaysNZでの、計測するべきメトリクスに関する講演について話を聞いた。

人のフォロワー

Spotify Modelは"アジャイルの涅槃"ではない

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年10月22日 午後9時16分

Spotifyでは、マネジメントと組織の動きは人を育てることによってチームとアジャイルの実践を支援している。しかし、Spotifyは"アジャイルの涅槃"ではない。継続的に成長し、変化し、新しいチームに分裂するような高い成果を産むチームに達するのは難しい。

人のフォロワー

"Awesome Superproblem"にゲームで挑む

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年10月16日 午前1時9分

"Awesome Superproblem"とは、巨大で複雑、かつ永続的で、コラボレーションを通じてのみ解決が可能な問題のことだ。コラボレーションを機能させる上で重要なのは本気のゲームだ。ゲームの参加者には、より優秀で永続性のある結果を生み出すために、自発的にゲームのルールに従うことが求められる。

人のフォロワー

完璧なソフトウェア、継続的デリバリの計測、将来の展望 - Agile on the Beach 2017

作者: Daniel Bryant フォローする 637 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年10月2日 午後9時27分

Agile on the Beach 2017の最終日午後の主な内容は、“デリバリチームはリーンやインタラクティブで継続的なデプロイメント方法論を取り入れることで、より迅速な価値追加が可能になる”、“継続的デリバリのメリットは大きいが、現状に対して原則を適用する必要があるため、その実践は簡単ではない”、というものだった。

人のフォロワー

レトロスペクティブに関する初の年次報告書を公開

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 西村 美沙 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年9月10日 午後9時54分

レトロスペクティブに関する初の年次報告書は、レトロスペクティブが現実世界でどのように使われているのかを深く理解できる。世界中から集まった275を越える調査回答を基にして、結果は、レトロスペクティブがチームコミュニケーションと生産性の改善を導き、信頼の環境を作るのに役立つことを示唆している。主な課題には、議論されるトピックがチームによって解決されず、人々が話すことを快く感じないという事実があった。

人のフォロワー

金融機関のDevOpsの取り組み

作者: João Miranda フォローする 2 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年7月2日 午後9時27分

ロンドンで2度目のDevOps Enterprise Summit (DOES) Europeが開催され、エンタープライズ分野のDevOpsコミュニティが集まった。中でも金融業界は、規制が強い産業の課題について独自の視点を提供し、DevOpsを活用してどのようにそのような課題を乗り越えたのかを語った。

人のフォロワー

AtlassianがTeam Health MonitorとTeam Playbook Blueprintの提供を開始

作者: Steffen Opel フォローする 3 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年5月26日 午前4時48分

Summit 2016でTeam Health Monitorsのツール非依存バージョンを紹介したAtlassianが、先日リリースしたConfluence Server 6.1に、新たにTeam Playbookブループリントをバンドルした。Health Monitorワークショップは、形式張らない(low-ceremony)“プレイ(play)”の実施を通じて、問題点の指摘と弱点に対処する計画を策定することを目的とした、“チーム全体の状態を改善する”ためのチームの自己診断だ。

人のフォロワー

Toyotaの方針管理を適用する

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 中村 真子 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年5月24日 午後10時26分

ToyotaはリーンITの更なる活用を目指し、その方向付けのために方針管理を利用している。あらゆるレベルの従業員が方針項目について意見交換を行うことが可能であり、上層部の承認を得る可能性もある。このアプローチによって従業員から多くの積極的な参加を得て、より強力な成果へと繋げることができる。

人のフォロワー

ソフトウェアチームのための怖れなしのフィードバック

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年5月22日 午後10時1分

フィードバックは信頼を構築し、チームの繋がりを強化し、個々人のスキルを改善し、成長を促す。効果的なフィードバックサイクルはチームのパフォーマンスを改善する最高のツールになりうる。こう主張するのはErika Carlson氏だ。フィードバックがあれば、問題は害悪になる前に対処され、間違いも早い段階で軌道修正される。

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT