BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ 継続的な改善 に関するすべてのコンテンツ

  • テスタは製品定義にどのように貢献できるのか

    製品の定義と設計にテスタのフィードバックを活かすことは、ビジネスのための価値ある行動だ。組織のニーズに耳を傾け、ビジネスの目標を理解し、さまざまなスキルやプラクティスを駆使してテストプロセスをカスタマイズする作業は、プロダクトがまだ"机上の空論"である時からテスタが始められるひとつの方法である。

  • 異文化コラボレーションの促進

    異文化間の関係を構築することは、今日の職場や世界で成功するために非常に重要である。それでも、多くの人々は、自分と異なる人々との関係を構築する方法に躊躇したり、確信が持てない。最初のステップは、自分自身を振り返り、時間とリソースをどこでどのように費やしているかに気づくことである。

  • アジャイルレトロスペクティブにCynefinを適用する

    センスメイキング(Sense-making)は、最初に思い浮かんだソリューションにチームが飛び付くことを防いでくれる。Cynefin(クネビン)フレームワークは、情報に基づいたセンスメイキング後のレトロスペクティブで、チームが何をなすべきかを決める上での指針となる。Cynefinを使うことで、データ収集から洞察の獲得へというレトロスペクティブの転換を、さらに進めることが可能になるのだ。

  • カンバンは進化的変化をどのようにサポートできるのか

    進化的変化とは、現在の場所から始めて、一度に1つの小さな変化で改善することだ。変化を引き起こし、それを制度化するには、ストレッサー、内省メカニズム、リーダシップの行動が必要だ。共感的理解によって、変化エージェントは、誰かと共鳴するものを見つけ、抵抗に対処できる。

  • アジャイルコーチングのための倫理的行動規範の草稿が公開

    Agile Coaching Ethics Initiativeは、アジャイルコーチングに関する水準向上を目的とする行動規範の草案を公開した。この活動は、幅広いアジャイルコミュニティを独立性を持って代表するため、Agile Allianceの支援下で行われている。

  • フィードバックを解析してユーザから学ぶ

    ユーザがフィードバックを容易に提供できて、そのフィードバックを自動収集可能にすれば、より多くのフィードバックを短期間に得られるようになる。AIを導入することにより、大量のフィードバックを解析して洞察を得ることや、トレンドを視覚化することも可能になる。こうして得た情報の共有が、プロダクトの拡張やユーザの抱える問題の解決といったアクションを広範にサポートするのだ。

  • ノスタルジアの利点: Linda Rising氏とのQ&A

    過去を思い出すことは利益をもたらすことができる。ノスタルジックな反省は私たちをより楽観的にすることができる。振り返りは、私たちの生活に意味と目的があると感じさせ、未来をよりよくナビゲートし、前進するのに役立つ。

  • GitLabの年次DevOps調査で、新たなトレンドと変化する役割を示す

    21か国から3500人を超える開発者によって完了したGitLabのDevOps調査は、開発とリリース、セキュリティ、テストの3つの主要な領域を網羅している。この調査は、リリースサイクルの高速化と品質の向上を示唆しており、最近のDevSecOps領域では、より組織的な微調整が必要だ。InfoQは、GitLabのシニア開発者エバンジェリストであるBrendan O'Leary氏と話す機会を得た。

  • リーンと「LeanとDevOpsの科学 (Accelerate) 」を適用して価値をデリバリする: QCon Plus Q&A

    リーンの原則と実践の背景にある科学と数学を理解することで、エンジニアリングリーダは、職場でそれらを提唱し、実装することができる。このようにして、David Van Couvering氏がQCon Plus 2020で価値を提供するためのリーン原則と実践の適用についての講演で説明したように、従業員のエンゲージメントと士気、そして収益に直接影響を与えることができる。

  • ”守破離”によってチェンジエージェントを組織内に確立する

    守破離(Shu-Ha-Ri)は漸進的な成功を収めるための基本をマスタし、ファンダメンタルを理解することを通じて、アジャイルになるための習得パスを示してくれる。自身のチェンジ・エージェント(Change Agent)を持つことによって企業は、変化する市場ニーズに素早く対応し、競争力を獲得することが可能になる。

  • チームゲームを使ってレトロスペクティブを充実させる

    ゲームはレトロスペクティブに新鮮さを吹き込み、事の進め方についての実りある議論を可能にする。議論から生まれるパターンは、チームの強みや弱みに対する洞察を与えてくれる。気遣いのあるコーチングやファシリテーションは、全員による貢献を可能なものにする。

  • 継続的な組織改革によって企業の急成長に対応する

    急速に成長する企業には、さまざまな規模のさまざまな構造が必要になる。構造、プロセス、役割を繰り返すことで、企業の成長に伴って企業自身を改革し続けなければならない。企業の変革を成功させるには、継続的な学習が不可欠であると同時に、高いレベルの企業規模のアジリティが必要である。

  • 可観測性を使って迅速なリリースを実現する

    迅速なフィードバックを得るためには、高い頻度で、準備が整えば即座にリリースし、自動化システムを使って変更をライブにテストすることが必要だ。正常に動作していること、警告が発生していないことの検証には、監視機能が使用できる。迅速なリリース(shipping fast)は結果的にテスト回数を削減し、問題に対するレジデンスを向上することになる。

  • 分散型組織をより効果的にするには

    地理的あるいは時差的な近接性を中心として構成された自律型チームモデルは、分散型組織をより効果的なものにすることができる。逆Cornway戦略(Reverse Conway Maneuver)を用いれば、ボトルネックを意図的に追加ないし排除することが可能になり、構築しようとしているデザインをより適格にサポートすることが可能になる。

  • 継続的デリバリの今後10年を予想する

    Dave Farley、Jez Humble両氏が、これからの10年間で継続的デリバリ(CD/Continuous Delivery)に期待するものについて、DeliveryConfで講演した。CDを成功させるためには、技術、組織、文化という、相互に深く関連した3つのパフォーマンス面を注視する必要がある。DORAのレポートには、技術的プラクティスは変革を推進することが可能だが、それだけでは不十分であることが示されている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。