BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ 継続的な改善 に関するすべてのコンテンツ

  • 怒ったユーザーからのフィードバックを、より良い製品の開発にどのように役立てるか

    製品に何か変更を加えるたびに、怒ったユーザーが現れることがある。このようなユーザーは、あなたの製品に積極的に関心を寄せている。彼らの声に耳を傾けることで、製品を改善するためのユーザーインサイトの金塊を見つけることができる。

  • デプロイメントを改善してステージング環境を無くす方法

    Squeakyは、プライバシーを侵害することなく訪問者がWebサイトやWebアプリを使用できるかを企業が理解できるよう支援する会社だ。同社は、ステージング環境を使用しない理由を概説している。彼らは、これによってより速く出荷でき、プロダクトに見つかる問題の数を減らすのに役立つと考えている。

  • モブプログラミングの集団的習慣は技術品質を高めるための土壌になり得る

    モブ(mob)プログラミングは、プロダクトをアジャイル手法で開発する上で、古い習慣を新しく効果的な習慣に変えるための有効な手段だ。周りを人に囲まれた環境において集団で培われた習慣は、簡単に忘れることはない。モブプログラミングは各メンバに対して、新たな習慣を定常的に実践させることによって、それらを取り入れやすくする。チームは同じ作業の繰り返しを容認しない。仕事を行うためのよりよい方法を探しているのだ。

  • テスト戦略によってデプロイメント作業の完成度とプロダクト品質を向上する

    テスト戦略の実践は、運用環境への"プッシュ・アンド・プレイ(push and pray)"デプロイメントから、継続的かつ確信を持って行うデプロイメントへの移行を支援する。さまざまなイネーブラ(enabler)を備えたフレームワークにマッピングすることにより、テストという強力なセーフティネットの下で、運用への移行に先立ってプロダクト全体の品質メトリクスを調整することが可能になるのだ。

  • チームヘルスアセスメントの促進

    チームの健全性と幸福を調査し、話し合うためのヘルスアセスメントがある。Gwenno Haf Hughes氏によると、チームに独自のヘルスチェックを作成してもらい、チェック対象のチームのヘルスがどのように見えるかを理解するのは良いことだ。私たちはファシリテーターとして、チームが何をどのように改善するかの決定を支援する。

  • InfoQ Live 8月17日:クラウドネイティブ、CI/CD、サービスメッシュなどを深掘り

    実用において、すべての開発チームが、クラウドコンピューティングデリバリモデルの利点を利用するアプリケーションの構築・実行においてメリットを受けるであろう。今年の8月17日、InfoQ Liveのソフトウェアリーダーは、サービスメッシュ、CI/CD、クラウドネイティブのベストプラクティスと落とし穴などのトピックを深掘りする。参加しましょう。19.95ドルで今すぐ予約を。

  • InfoQ Live 7月20日: DevOpsのソフトウェアサプライチェーン、フィーチャーフラグによる負債の削減

    最新のDevOpsプラクティスは、品質の問題なしにソフトウェアのデリバリーをどのように加速できるのでしょうか? 自動化、継続的テスト、およびサプライマネージメントの手法によって、ソフトウェアの品質とデリバリー速度がどのように向上するかを学びます。7月20日のInfoQ Liveで、世界クラスのドメインエキスパートから貴重なインサイトを入手してください。

  • テスタは製品定義にどのように貢献できるのか

    製品の定義と設計にテスタのフィードバックを活かすことは、ビジネスのための価値ある行動だ。組織のニーズに耳を傾け、ビジネスの目標を理解し、さまざまなスキルやプラクティスを駆使してテストプロセスをカスタマイズする作業は、プロダクトがまだ"机上の空論"である時からテスタが始められるひとつの方法である。

  • 異文化コラボレーションの促進

    異文化間の関係を構築することは、今日の職場や世界で成功するために非常に重要である。それでも、多くの人々は、自分と異なる人々との関係を構築する方法に躊躇したり、確信が持てない。最初のステップは、自分自身を振り返り、時間とリソースをどこでどのように費やしているかに気づくことである。

  • アジャイルレトロスペクティブにCynefinを適用する

    センスメイキング(Sense-making)は、最初に思い浮かんだソリューションにチームが飛び付くことを防いでくれる。Cynefin(クネビン)フレームワークは、情報に基づいたセンスメイキング後のレトロスペクティブで、チームが何をなすべきかを決める上での指針となる。Cynefinを使うことで、データ収集から洞察の獲得へというレトロスペクティブの転換を、さらに進めることが可能になるのだ。

  • カンバンは進化的変化をどのようにサポートできるのか

    進化的変化とは、現在の場所から始めて、一度に1つの小さな変化で改善することだ。変化を引き起こし、それを制度化するには、ストレッサー、内省メカニズム、リーダシップの行動が必要だ。共感的理解によって、変化エージェントは、誰かと共鳴するものを見つけ、抵抗に対処できる。

  • アジャイルコーチングのための倫理的行動規範の草稿が公開

    Agile Coaching Ethics Initiativeは、アジャイルコーチングに関する水準向上を目的とする行動規範の草案を公開した。この活動は、幅広いアジャイルコミュニティを独立性を持って代表するため、Agile Allianceの支援下で行われている。

  • フィードバックを解析してユーザから学ぶ

    ユーザがフィードバックを容易に提供できて、そのフィードバックを自動収集可能にすれば、より多くのフィードバックを短期間に得られるようになる。AIを導入することにより、大量のフィードバックを解析して洞察を得ることや、トレンドを視覚化することも可能になる。こうして得た情報の共有が、プロダクトの拡張やユーザの抱える問題の解決といったアクションを広範にサポートするのだ。

  • ノスタルジアの利点: Linda Rising氏とのQ&A

    過去を思い出すことは利益をもたらすことができる。ノスタルジックな反省は私たちをより楽観的にすることができる。振り返りは、私たちの生活に意味と目的があると感じさせ、未来をよりよくナビゲートし、前進するのに役立つ。

  • GitLabの年次DevOps調査で、新たなトレンドと変化する役割を示す

    21か国から3500人を超える開発者によって完了したGitLabのDevOps調査は、開発とリリース、セキュリティ、テストの3つの主要な領域を網羅している。この調査は、リリースサイクルの高速化と品質の向上を示唆しており、最近のDevSecOps領域では、より組織的な微調整が必要だ。InfoQは、GitLabのシニア開発者エバンジェリストであるBrendan O'Leary氏と話す機会を得た。

BT