BT

InfoQ ホームページ 継続的な改善 に関するすべてのコンテンツ

  • 組織をリファクタリングして組織的負債を削減する

    組織が新たな働き方を採用するとき、組織的負債(organizational debt)の積み上がることがある。LeanDogのエンタープライズアジャイルコーチであるJess Long氏は、アジャイルなマインドセットが組織的な障害を取り除き、継続的改善を促進する原動力になり得る、と言う。氏はACE Conference 2019で、組織のリファクタリングによって組織的負債を削減する方法について講演した。

  • DevOpsの成功には継続的改善が必要である

    継続的改善は新しいものではなく、また、誤解されることが多い。それを成功させるために、アジャイルの原則から指針を得て、それらをDevOpsの世界に適用することができると、AccentueのマネージングディレクタであるMirco Hering氏は主張する。氏はAgile Portugal 2019で、アジャイル時代におけるDevOpsのリーダーシップについて講演した。

  • 成長組織におけるQAチーム構築から学んだこと

    テストチームを改革することによって、チーム全体の緊密化、学習の短期間化、コラボレーション向上を達成することができると、InfiumのQAチームリーダのNeven Matas氏は主張する。氏はTestCon Moscow 2019で講演し、成長組織におけるQAチーム構築から自身が学んだ教訓を公開した。

  • 失敗を恐れないチームを育むには - QCon London Q&A

    失敗を責めないこと(blameless failure)は,失敗を認め,共有し,調べ,修正し,予防する文化の構築から始まる – DevOpsおよびクラウドコンサルタントのEmma Button氏は,QCon London 2019でこのように述べた。CI/CDプラクティスによってシステムの健全性と状態を視覚化すれば,信頼性とオーナシップが向上するだけでなく,問題が発生した時の支援も受けやすくなる。

  • Ocado Technologyにおけるレトロスペクティブ3.0

    Toni Tassani氏が,陳腐化した退屈な活動やリスクの増大といった,レトロスペクティブの落とし穴について解説する - 問題をその場で解決しなかったことの釈明の場所としてのレトロスペクティブ,障害は識別しても解決行動に至らないレトロスペクティブ,ポストイット劇場と化すレトロスペクティブ。氏はレトロスペクティブの見方を根本的に変え,カンバンから取り入れた継続的改善のテクニックを活用することを提案する。

  • リーンを使ってデジタルネイティブから何を学べるか

    Theodo UKの創業者でありCEOであるFabrice Bernhard氏は、Lean Digital Summit 2018で ”what lean can learn from digital natives(デジタルネイティブからリーンは何を学べるか)”という講演を行った。デジタルネイティブはリーンスタートアップやアジャイルプラクティスになじんでおり、彼らはアジャイルとトヨタ生産方式を結びつけ、アイデアの実験、イノベーションの展開、スケールの高速化を可能にして先へと進んでいく。

  • スキル開発とキャリアのためのフィードバックの重要性

    自己啓発と専門能力開発には、フィードバックと継続的学習が不可欠だ。創造的問題解決、批判的思考、起業家精神といった非技術的スキルは、キャリアを前進させるのに重要だ。あなたは自らのキャリアの舵を握り、次のステップを決めるために最終的にどうなりたいか知る必要がある。

  • プロジェクトではなく、プロダクトで思考せよ

    Organizations structured around products oversee their work end-to-end. Reversing Conway’s law to establish long-lived teams around the products brings stability and makes it プロダクトを中心に構築された組織は、エンドツーエンドで作業を監視する。Conwayの法則を逆転して、プロダクトに基づいた長期的なチームを確立することにより、組織が安定すると同時に、作業の管理と優先順序付けが容易になる。レトロスペクティブはプロダクト管理の強力なツールだ。継続への自信を与え、組織に対するリスクや損失の可能性のあるものを素早く見つけ出せるようにしてくれる。

  • 反省会での心理的安全性

    インシデントが発生すると感情が前面で出てくる。学習プロセスの中で非難なしの心理的に安全な反省会は重要だ。反省会は穏やかに行い、なるべく部外者が参加し、非難なしで皆に話す機会を与えるべきだ。本当に何が起きたのかを明確に理解するまでは、インシデントの分析を開始してはならない。

  • Gameを使ったアジャイル活動にImprovを取り入れる

    Improv(即興)のルールは、アクティブリスニング、コラボレーション、相互強化といった、アジャイルに不可欠なスキルを短期間に向上させる手段となる。Improvのアクティビティやゲームを取り入れることで、アジャイル思想の強化が実現する。さらにはゲームの結果を確認することによって、ゲーム体験から得た感情や気付きの瞬間といったものを、作業シナリオに明示的に結び付けることで、その価値の持続化を可能になる。

  • The Phoenix Project後の世界をJohn Willis氏とGene Kim氏が語る

    IT Revolutionは、約8時間に及ぶオーディオブックを発表した。これは、Beyond the Phoenix Project; the Origins and Evolution of DevOpsという名前で、Gene Kim氏とJohn Willis氏の対話だ。

  • 持続可能なソフトウェアとアジャイル

    持続可能なソフトウェア(Sustainable software)は、変更をより短期間で顧客に提供するとともに、バグ可能性の低減、アプリケーションの総所有コストの削減、ビジネスアジリティの向上を可能にする。ソースコードの自動解析、専門家による技術的アーティファクトのレビュー、ベンチマークデータの比較を組み合わせることで、ソフトウェアの持続性を検証することが可能になる。

  • 継続的デリバリの基礎としてのトランクベース開発

    pivotalで継続的デリバリに関する書籍を著したDave Farley氏は先頃、トランクベース開発のプラクティスに対する異論について記事を書き、CIと優秀なチームで果している役割を証拠としてそれらの意見に反論した。共著者のJez Humble氏もTwitterのスレッドでこのプラクティスの文化的側面についてコメントし、プログラマ気質との関係について説明している。

  • 第12回 State of Agile Reportが公開

    2018 State of Agile ReportがCollabNet VersionOneから公開された。報告書の結論からは、顧客満足度の必要性の増大、アジャイルを大規模展開する企業の増加、アジャイルソフトウェア開発における分散型チームの一般化に加え、多くの企業が今後12ヶ月以内にDerOps活動を開始ないし計画していることが確認される。

  • 継続的改善のためのデータ駆動思考

    組織は、継続的に改善するために、パフォーマンスを計測し、ビジネスの成果に行動を結びつける客観的な方法が必要だ。Avvoでは、自律的なチームモデルとふりかえりを実践し、データ駆動決定フレームワークを使う。このフレームワークは、継続的に改善するために、人々がよりよい決定と提案をするのに役立つ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。