BT

InfoQ ホームページ デプロイ に関するすべてのコンテンツ

  • Googleのソフトウェア駆動「ハイブリッドクラウドプラットフォームがアルファ版からベータ版へ移行

    Google Cloud Next 2018で発表されたCloud Services Platform (CSP)が今回,ベータ版として公開された。Kubernetesで動作するこのサービスコレクションは,オンプレミスインフラストラクチャ上で稼働し,Googleがユビキタスなテクノロジスタックとして期待するものを表している。

  • OpsRampがサービス中心性の向上,AIOps,クラウド監視を発表

    ハイブリッド企業向けのサービス中心型AIOpsソフトウェア・アズ・ア・サービス(SaaS)プラットフォームであるOpsRampが,新たなトポロジマップ,ITオペレーション用の拡張AI(AIOps)機能,クラウドネイティブなワークロード用の新しい監視機能を発表した。

  • Upboundがクラウドコンピューティング用の共通コントロールプレーン”Crossplane”のプレビュー版をリリース

    Kubernetes用のRookストレージオーケストレータを開発したUpboundがCrossplaneをリリースした。"クラウドコンピューティングのユニバーサルAPI"の提供を目指す,オープンソースのマルチクラウドコントロールプレーンだ。Crossplaneは,Kuberenetesおよび既存のクラウドベースのマネージド・サービス上で,ワークロードとリソースを抽象化して公開することにより,クラウドプロバイダ間の高度なワークロードポータビリティの実現を目指している。

  • Envoy Proxyのさまざまな顔 - エッジゲートウェイ,サービスメッシュ,ハイブリッドネットワーキングブリッジ

    米国シアトルで開催された第1回のEnvoyConで,Pinterest,Yelp,Grouponのエンジニアたちが,Envoy Proxyの現在のユースケースについて発表した。すべてに共通するメッセージは, 現代のネットワークにおいて,エッジゲートウェイやサービスメッシュ,ハイブリッドネットワーキングブリッジなどの"ユニバーサル [プロキシ] データプレーンAPI"を提供するというビジョンの成就に,Envoy Proxyが近づきつつあるということだ。

  • Google、機械学習のデプロイを簡単にするAI HubとKubeflow Pipelinesを発表

    Googleがプロプライエタリとオープンソースの2つの新しいツール、AI HubとKubeflow Pipelinesを立ち上げている。どちらも、データサイエンティストが機械学習アルゴリズムを設計、立ち上げ、追跡するのを支援するものだ。

  • OpsRampがAIOps推論エンジンを導入

    SaaSベースのIT運用管理プラットフォームを提供するOpsRampが、アラートとイベント相関のためのIT Operations推論エンジン用AI(AIOps)を備えた、OpsRamp 5.0を新たにリリースすると発表した。マルチクラウド対応のダッシュボードも備えている。

  • OpsRampがUnified Service Discoveryを発表

    2018年5月にフロリダ州オーランドで開催されたGartner IT Operations Strategies and Solutions Summitで、OpsRampは、ハイブリッド環境用の新たなソリューションとして、Unified Service Discoveryと48-hour IT Asset Visibility Challengeを発表した。

  • Microsoft、クラウドデータインポートの新オプションを導入

    Microsoft Igniteカンファレンスで、Microsoftは大量のデータをクラウドに移す新たなオプションのパブリックプレビューを発表した。Microsoft Azure Data Boxは、デバイスにデータを移して、データセンターに直接送れる手段を提供する。

  • Buzzfeedのデプロイアーキテクチャの進化

    Buzzfeedのエンジニアリングチームが、数日かかる一枚岩のアプリのデプロイから1日に150回もデプロイするようになるまでの進化の物語を共有した。彼らはrigと呼ばれる内製のフレームワークを使って、Docker、AWS ECS、Jenkinsのようなツールを活用し、サービス志向のアーキテクチャとより協力的なエンジニアリングチームに移行した。

  • Kubernetesのデプロイに失敗する10の一般的理由

    先日公開された一連の記事に、Kubernetesのデプロイが失敗する、一般的な10の理由が取り上げられていた。内容としてはミスや入力の誤りからリソース制限の超過にまで及んでいるが、そのほとんどの場合において、根本原因の特定には‘kubectrl describe’コマンドが有効だ。

  • "2017 State of Testing"調査

    “2017 State of Testing”調査は,テスト専門職の進展に関する洞察の提供を目的とする調査である。この調査は2017年1月を通して実施された。

  • 新しいプライベートクラウドで"どこでも計算処理"を提供するWolfram

    MathematicaやWolfram|Alphaなど,計算機能を中心とした製品を提供するソフトウェア企業のWolframが,計算業務の集中管理を望む企業をターゲットとした,新たなプライベートクラウドアプライアンスの提供を開始した。

  • ApigeeとPivotalがハイブリッドクラウドAPI管理で協力

    PivotalのクラウドプラットフォームであるPivotal Cloud Foundryが新たに,ハイブリッド(一部がパブリック/一部がプライベートというような)クラウドのサポートを目的とするApigee API管理ツールに対応した。Apigeeのハイブリッドクラウド管理ソフトウェアであるEdge Microgatewayは昨年リリースされたものだが,Cloud Foundryのユーザは,それをPivotalプラットフォームのApigeeプラグインから利用できるようになる。

  • オンプレミス版Microsoft Azureか? Azure Stackのテクニカルプレビュー版がリリースされた

    Microsoftは先週,最初のMicrosoft Azure Stackテクニカルプレビューを配信した。企業自身のデータセンタ内でAzureサービスを実行可能にする製品である。Microsoftにとって今回は,Azureエクスペリエンスをローカル環境に提供する3回目の挑戦になる。ただし,パブリッククラウドのエクスペリエンスに忠実であった1回目のチャレンジでは,一般ユーザを対象としていた。

  • Herokuがクラウドアプリを分離するPrivate Spacesを発表

    5年前のSalesforceによる買収以来,Herokuは,開発者にフォーカスした独立PaaSとしての発展を続けてきた。先日ベータ版が発表されたHeroku Private Spaces – 新Salesforce App Cloudの一部としてHeroku Enterpriseバンドルに含まれる – は,運用面での重要なセキュリティ問題に対処すると同時に,SalesforceとHerokuの併用という疑問に解決を与える。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。