BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ .NET に関するすべてのコンテンツ

  • ImageSharp 2.0.0が機能満載でリリース

    最もポピュラーな.NETイメージ処理ライブラリのひとつであるImageSharpのバージョン2がリリースされた。リリースには、WebP、TIFF、PBM、加えてXNPのサポート、JPEGおよびPNGフォーマットに関するさまざまなパフォーマンス向上や機能向上などが、おもな機能として含まれている。今回のリリースで、.NET Standard 1.3のサポートが廃止された。バージョン1.0.4のリプレースとなるアップデートである。

  • Azure Purviewワークフローを使って、データエンティティの操作、検証、承認を統合

    最近、MicrosoftはAzure Purviewワークフローのプレビューを発表した。これにより、顧客は、反復可能なビジネスプロセスを使って、データエンティティに対する統合を行い、そして作成・更新・削除の操作、検証、承認ができるようになる。これらのワークフローは現在プレビュー中であり、Azure Purviewの一部である。

  • NubesGenによりAzureインフラストラクチャでのGit pushが実現

    NubesGenは、v0.8.0リリースで利用可能となった新しいコマンドラインインターフェイス(CLI)により、その構成を自動的に検出し、Infrastructure as CodeとしてAzureにデプロイするためのGitOpsワークフローをセットアップできるようになった。これにより、開発者は自身のプロジェクトのクラウドインフラストラクチャを簡単に起動して実行できる。InfoQは製品とその方向性について、NubesGenのプロジェクトリーダーJulien Dubois氏にインタビューした。

  • Couchbase Mobile 3では新たにC APIとKotlin APIが提供され、管理がシンプルに

    NoSQLデータベースメーカーのCouchbaseは、エッジ対応のモバイルデータベースのCouchbase Mobile 3をリリースした。組み込みプラットフォームにCouchbase Liteを埋め込むための新しいC API、AndroidでのKotlinサポート、新しい管理REST APIが導入され、また、セキュリティが強化されている。

  • .NET Framework 2022年1月累積更新プレビュー

    Microsoftは先月、.NET Framework 2022年1月の累積更新プレビューをリリースした。これは.NET Frameworkをサポートするという同社の約束の一部である。この更新プログラムは、.NET Frameworkバージョン3.5および4.8を対象としており、共通言語ランタイムとWindows Presentation Foundationに重点を置いている。 プレビューリリースは、Windows OSの.NET Framework機能の信頼性と品質を向上させることを目的としている。

  • Microsoftが過去の天気、大気の質、熱帯暴風を提供する新しいサービスを追加

    Azure Maps Weather Servicesは、Microsoft Azure Maps Serviceの一部である。これは一連のRESTful APIを提供する。そのAPIによって、開発者が非常に動的に気象に関する履歴データ、リアルタイムデータ、予測データと視覚化をソリューションに統合できるようになる。最近、過去の天気、空気の質、熱帯暴風の3つの新しいサービスを発表した。

  • ASP.NET 6のMinimal API、Blazorの強化、ツールのアップデート

    Microsoftが先日リリースした.NET 6には、Minimal APIs、Blazorの強化、ツールのアップデートなど、ASP.NET Coreフレームワークに関連する多数の新機能や改善が含まれている。重視されているのは、ASP.NETを、最新かつ高度にスケーラブルなWebアプリケーションを開発するための、完全なフレームワークにすることだ。

  • MicrosoftがYARPをリリース - もう一つのリバースプロキシ

    昨年11月、MicrosoftはYARP(Yet Another Reverse Proxy)をリリースした。これは、Microsoftがオープンソースプロジェクトとして過去数年間に開発したリバースプロキシプロジェクトである。

  • MicrosoftがAzure静的Webアプリを最適化のための、エンタープライズグレードのエッジ機能をプレビュー公開

    Azure Static Web Appsは、Microsoftが管理する静的Webアプリ用のサーバーレスWebアプリホスティングサービスである。同社は、Azure Front Doorを搭載したAzure Static Web Appsエンタープライズグレードエッジのプレビュー版を発表した。これにより、設定したり、コードを追加することなく、グローバルアプリのページの読み込みを高速化し、セキュリティを強化し、信頼性を高めることができる。

  • Azure SpaceがAzure Orbitalのプレビューと新しい地理空間機能を導入

    Microsoft は先ごろ、Azure Space の新しい衛星接続と地理空間機能を発表した。同クラウドプロバイダは、衛星の通信と制御を提供するサービスとしての地上局である Azure Orbital のプレビューを導入し、Esri、Blackshark.ai、および Orbital Insight との地理空間とデータ分析のパートナシップを追加した。

  • Microsoft、フルマネージドなAzure Load Testing Serviceのプレビュー版を公開

    Microsoftは先頃、Azure Load Testingのプレビューを発表した。フルマネージドなこのロードテストサービスを使うことにより、カスタムApache JMeterスクリプトを使ったハイスケールなロード生成が可能になり、運用時のパフォーマンス上のボトルネックを把握し、修正する上で有益な洞察を得ることができる。

  • MicrosoftはNDm A100 v4シリーズのバーチャルマシンの一般提供を発表

    先ごろ、Microsoft は、Azure の最新のバーチャルマシン (VM) シリーズ NDm A100 v4 シリーズの一般提供 (GA) を発表した。これは、NVIDIA A100 Tensor Core 80 GB GPU を搭載している。このハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) VM は、さまざまな実際の HPC ワークロードに高性能、スケーラビリティ、およびコスト効率を提供するよう設計されている。

  • Visual Studio 2022: Leslie Richardson氏とそのチームに聞く

    Visual Studioは、Microsoftが1997年から開発を続けている、最先端の統合開発環境である。その最新リリースは、コミュニティによる多数のコントリビューションとフィードバックを基に、より現実的なユースケースを指向したものに仕上がっている。InfoQは今回、Leslie Richardson氏とそのチームにインタビュ��して、今月初めにリリースされたVisual Studio 2022の新機能や改善点について詳しく聞くことができた。

  • ClusterFuzzLiteによりGitHubアクションや他のCI/CDパイプラインでClusterFuzzを実行可能に

    ClusterFuzzLiteは、その名前が示すように、Google ClusterFuzzの軽量バージョンだ。fuzzテストを通じてソフトウェアシステムのセキュリティと安定性の問題を見つけることを目的としたツールである。ClusterFuzzLiteは、数行のコードでCIパイプラインに統合されることを目的としているとGoogleは言っている。

  • MicrosoftがAzure Open AI Serviceをリリース、大規模なGPT-3モデルへのアクセスなどを提供

    先日のIgniteカンファレンスにおいて、Microsoftは、Azureプラットフォーム経由でOpenAIのAPIにアクセス可能な新サービスであるAzure OpenAI Serviceのプレビューを発表した。この新たなAzure Cognitive Serviceは、OpenAIのパワフルなGPT-3モデルへのアクセスを、セキュリティ、信頼性、コンプライアンス、データのプライバシなど、Azureプラットフォームを通じて実現されるエンタープライズレベルの機能と合わせた形で実現する。

BT