BT

InfoQ ホームページ .NET に関するすべてのコンテンツ

  • Azure上のWindows Virtual Desktipパブリックプレビュー - MicrosoftのScott Manchester氏に聞く

    MicrosoftでWindows Virtual Desktopを担当するグループプログラムマネージャのScott Manchester氏に、Azureの発表したパブリックプレビューについて話を聞いた。

  • C#機能: Deferredエラー処理

    堅牢なソフトウェアを書くときに、再実行可能な操作を実行することがある。システムを堅牢にするために、各操作は以前の操作状況から独立しているようにコード化できる。deferredエラーハンドリングより前は、退屈なコードであった。

  • MicrosoftがAzure Firewallの新機能を発表:脅威インテリジェンスおよびサービスタグフィルター

    最近、MicrosoftはAzure Firewallの2つの新機能を発表した。これは、クラウドネイティブのfirewall-as-a-serviceサービスで、DevOpsアプローチを使用してすべてのトラフィックフローを一元管理することができる。ファイアウォールサービスは、アプリケーション(*.github.comなど)とネットワークレベルのフィルタリングルールの両方をサポートしている。

  • F# 5のnull許容参照型

    C# においてnull許容参照型が導入されれば、.NET開発者によるコードの書き方がasync/await以来最も大きく変化することになる。null許容参照型が正式に利用可能になったなら、この機能を正しく動作させるために、null許容の注釈を付けて更新しなければならないライブラリーが無数にある。そして相互運用性を保証するため、F# も同じように対応する必要がある。

  • F# 4.6がリリース、匿名レコード型と性能向上

    .NET Core 2.2の最新リリースで利用可能になったF# 4.6の最も重要な変更は匿名レコード型の導入である。さらに、Visual Studio 2019のF# コンパイラーチェーンは、中~大規模プロジェクトのパフォーマンスがいくつかの面で向上した。

  • Microsoftが仮想マシンでのAzure IoT Edgeのサポートを発表

    先日のブログ記事でMicrosoftは,仮想マシンでのAzure IoT Edgeのサポートを発表した。この新機能により,VMware vSphereとHyper-Vを含むMicrosoftの仮想プラットフォームのサポートが拡大される。これら仮想プラットフォームを使用することで,ユーザはAzure IoT Edgeの運用を,Windows,さまざまなLinuxディストーション,コンテナから選択できるようになる。

  • C# の機能: Defer

    GoとSwiftでよく知られるものなのであるが、C#でも提案#1398にてDeferステートメントの希望がされている。概念について把握していない方のために解説をすると、これはfinallyブロックがコードの最後でなく最初に現れるものと説明できる。

  • C#の機能 - ポインタ演算

    ネイティブプラットフォームと相互運用する場合、ポインタ操作に関して極めて特殊なコーディングパターンが必要となることがよくある。Cで記述したシム(shim)を経由すれば可能だが、 "Operators should be exposed for System.IntPtr and System.UIntPtr"と題した提案では,C#から直接提供する方法について論じている。

  • C#機能: 静的デリゲートと関数ポインター

    C#のリリースごとに低レベルの機能が追加される。ほとんどのビジネスアプリケーション開発者には不要だが、グラフィック処理、機械学習、数学的パッケージに適したハイパフォーマンスのコードを可能にする。この2つの提案で、新しく関数への参照と呼び出し方法が提供される。

  • .NET Core 3.0 での Systems.Collections

    .NET 3.0 の Systems.Collections でタグ付けされた issue リストに目を通すと、受理された提案と却下された提案がそれぞれあることがわかる。このレポートでは、その主要なものをいくつか取り上げる。

  • MicrosoftはAzure Service BusとEvent Hubの可用性を拡大

    Microsoftは最近のブログ記事で、Availability ZonesがAzure Service Bus PremiumとAzure Event Hubs Standardをサポートすることを発表した。このサポートにより、顧客は、アベイラビリティーゾーンがサポートされているリージョンで、これらのサービスに対して高可用性オプションを利用できる。

  • C#機能: ラムダ属性

    属性は.NETのメタデータ処理機能の重要な部分である。属性は、コンパイラ、スタティックアナライザ、ランタイムライブラリによってさまざまな目的で使用される。通常の関数/メソッドは属性を持つことができるが、この提案以前はラムダと無名関数は持つことができなかった。

  • .NET CoreにVisual BasicのFile IOを追加

    Visual BasicのFile IOライブラリは.NET Core 3.0に移植中である。これには、1回の関数呼び出しでディレクトリをコピーまたは削除する機能、Windowsのごみ箱(p/invokeコードなしで)のサポート、固定幅ファイルも処理できるRFC準拠のCSVパーサなどの便利な機能が含まれる。

  • MicrosoftがAzure Pipelinesの新機能と機能統合について発表

    先日のConnect()イベントで、Microsoftは、Azure Pipelinesに関する新機能とインテグレーションについて発表した。その中には、Visual Studio Code用Azure Pipelinesエクステンション、GitHubリリースの管理、IoTプロジェクトのサポート、ServiceNowインテグレーションなどが含まれている。

  • IAsyncDisposableとIAsyncEnumeratorの更新

    InfoQが非同期ストリーム提案をカバーしてから、いくつかのデザインに変更があった。もっとも注意すべきなのが軽量のValueTaskオブジェクトを使うことだ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。