BT

InfoQ ホームページ .NET に関するすべてのコンテンツ

  • .NETのOverOps: Tal Weiss氏とのQ&A

    2020年1月、OverOpsは、.NETエコシステムへのサポートを拡大すると発表した。OverOpsは、開発者が実行時にコードを分析および最適化できるようにする継続的な信頼性プラットフォームだ。InfoQは、OverOpsの共同創設者、CEO、およびCTOであるTal Weiss氏に、エンジニアがOverOpsを使用することでどのように利点を得ることができるか、および.NETのプロダクションデバッグプロセスを自動化する将来についてインタビューした。

  • Microsoft Edge WebView2が一般公開

    昨年のプレビューリリース公開を経て、Microsoftは先頃、ネイティブWindowsアプリケーション内にWebコンテンツをホストするためのChromiumベースのコントロールであるWebView2を、Win32 C/C++、.Net Framework、.NET Core、.NET 5による運用レベルのアプリケーション向けに一般公開した。WebView2はアップデートポリシの異なる(自動/手動)2つのディストリビューションモデル(evergreen/fixed)で提供される。

  • Xamarin.Forms 5.0: デバッグ機能の改善、新機能、新しいコントロール

    先週開催された.NET Conf 2020において、Scott Hunter、Maddy Leger、David Ortinauの3氏が、Xamarinの最新のデバッグ機能であるHot ReloadとHot Restartについて説明した。さらに、今年末にリリースが予定されているXamarin.Forms 5.0にも、Brushes、Shapes、ドラッグ・アンド・ドロップ、任意のコントロールを対象とするコントロールテンプレート、CarouselView、SwipeViewなどの新機能や新しいコントロールが導入されている。

  • MicrosoftがAzure Cosmos DBおよびその他の機能の新しい価格設定モデルオプションを発表

    2020年のBuildオンラインイベントで、Microsoftは、スパイクの多いワークロードに最適で、既存のプロビジョニングされたスループット価格設定モデルを補完する、「サーバレス」と呼ばれるAzure Cosmos DBの新しい消費ベースの価格設定モデルを発表した。

  • Microsoft .NET Conf 2020: .NET 5、C# 9.0、F# 5.0など

    先週オンラインでストリーミングされた.NET Confの2020エディションで、Microsoftは、待望久しい.NET 5と、.NET言語の新たなメジャーバージョン(C# 9、F# 5)、ASP.NET 5、EF Core 5.0をリリースした。Visual Studio 2019の新バージョンもリリースされた。.NET 5のサポートとGitツーリングの改良が行われている。BlazorやProject Tyeなどのツールやフレームワークに関するセッションも実施された。

  • Microsoftがプレビュー版でAzure Cache for Redisのゾーン冗長性を発表

    最近、Microsoftは、Azure Cache for Redisが複数のアベイラビリティーゾーンでサポートされ、可用性と復元力が拡張されると発表した。このサービスの更新により、顧客はAzure Cache for Redisインスタンスを利用できる機会が大幅に向上させることができる。

  • 関数型プログラミングの復活 - QCon Plusハイライト

    QCon Plusの関数型プログラミングの復活トラックには、関数型プログラミングがソフトウェア開発を楽しい経験にする方法を説明する専門家が何人か参加した。また、C#やJavaなどのオブジェクト指向言語が、より関数型になるように進化している理由と方法についても説明した。

  • Microsoftが .NET 5 をリリース

    本日の .NET Conf 2020 で、Microsoftは .NET 5 をリリースした。新しいリリースは .NET Core 3.1 の改善に焦点を当てている。より小さな単一ファイルアプリケーション、Windows ARM64のサポート、.NET 5 のキーとなる機能の一つであるより高性能なJsonSerializer API、および多くの大幅なパフォーマンスの向上。このリリースの一部として、新しいメジャー言語バージョン(C# 9およびF# 5)も紹介されている。

  • Unoプラットフォーム3.1がリリース

    今月初めにUnoは、.NET開発者のためのマルチプラットフォームUIフレームワークUnoのバージョン3.1をリリースした。注目すべき点はLinuxサポートの拡張と、Skiaベースのバックエンドを使用して構築されていることだ。その他の関連機能としては、新しいコントロール(WinUI TreeViewやTabViewなど)、モバイルアプリケーションでのWinUI Color Pickerのサポート、Prism 8.0テンプレートなどがある。

  • MicrosoftがBuild 2020でAzure Arc対応のKubernetesのパブリックプレビュー版を発表

    今年のデジタルビルドイベント中に、Microsoftは、AzureArc対応のKubernetesのパブリックプレビュー版を発表した。これは、Cloud Native Computing Foundation(CNCF)認定のKubernetesディストリビューションのほとんどをサポートする。この機能により、顧客はAzureからKubernetesクラスターを管理および統制できる。これは、データセンター、マルチクラウド構成、Azure Stack Hub全体を対象とする。

  • Fabulousにより、F#でiOS向けとAndroid向けの宣言型クロスプラットフォームUIが構築可能に

    最近のチャンネル9のショーで、F#デザイナーでアーキテクトのDon Syme氏とFabulous運用担当のxxxはFabulousを紹介した。Fabulousは、Xamarin.Formsをベースとしたクロスプラットフォームのモバイルアプリとデスクトップアプリの開発を目的としたコミュニティ主導のF#フレームワークである。

  • Microsoftがクラウドコンピューティングの境界をさらに押し上げるAzure Spaceを導入

    先頃、Microsoftは、クラウドコンピューティングを宇宙に向けてさらに推進するために、Azure Spaceイニシアチブを開始した。パブリッククラウドベンダによるこのイニシアチブは、Azureを宇宙および衛星関連の接続における重要なプレーヤーとして位置付け、クラウド市場の一部のコンピューティングのためのいくつかの製品とパートナーシップで構成されている。

  • MicrosoftがAzure専用ホストの予約、メンテナンス制御などをアップデート

    先頃のブログ投稿で、MicrosoftはAzureの専用ホストサービスの新しい更新を発表した。パブリッククラウドベンダは、コスト削減の予約、メンテナンスコントロール、SKUの追加オプション、リソースヘルスアラートなど、サービスにいくつかのアップデートを行った。

  • Anthosによるマルチクラウドのサポートが一般提供されることをGoogleが発表

    最近のブログ投稿で、GoogleはマルチクラウドのAthosサポートが一般向けに利用可能であることを発表した。Anthosを使用すると、顧客は、オンプレミス、Google Cloud、その他のクラウド全体ですべての運用を統合できるようになる。AWSとMicrosoft Azureはプレビュー中である。

  • MicrosoftがAzureのマルチクラウド、マルチエッジ、ハイブリッド機能を刷新

    先日のIgnite仮想カンファレンスで、Microsoftは、Azureのマルチクラウドとエッジのハイブリッドサービスに関連するいくつかのアップデートを発表した。その内容はセキュリティのイノベーションから、エッジの新機能にまで及んでいる。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。