BT

InfoQ ホームページ .NET に関するすべてのコンテンツ

  • C# 9: ラムダの小改善

    9では、”Discard Parameter”と”Static Anonymous Function”という2つの新機能によってラムダに小さなアップグレードが施される予定である。いずれもコードの記述方法を変えるものではないが、開発者の意図を明確にしてくれる。

  • C# 9: Swicth文の範囲演算子とパターンマッチング式

    C#が初めて紹介された頃から、開発者たちは、この言語のswitch構造に範囲演算子(range operator)のないことに不満を唱えていた。このためにC#のswitchは、VBよりもはるかに使い勝手が悪かったのだ。C# 9では、パターンマッチング拡張の一部として、この制限への対処が行われている。

  • Fathymローコードプラットフォームパブリックベータ版が利用可能に

    パブリックベータとして利用可能になったFathymは、Azureベースのデータ駆動型アプリケーションの作成を可能にすることを目的としたローコードフレームワークである。Fathymは、アプリケーションオーケストレーションと自動インフラストラクチャ管理のサポートも提供する。

  • C# 9: パターンマッチングの新キーワード `and`、`or`、`not`

    エイプリルフールのジョークのように聞こえるかも知れないが、C# 9では"and"、"or"、"not"がキーワードに加わる予定である。具体的には、パターンマッチングで使用するためだ。

  • MSMQと.NET Core

    Microsoft Message Queuing (MSMQ) は現在、.NET Coreでは使用できない。一般的には他のメッセージキューシステムが好まれているが、エンタープライズアプリケーションの多くがMSMQをベースとしているため、.NET Frameworkから.NET Coreや次期バージョンである.NET 5への移行を考えているチームにとっては問題である。しかし先日のReference Sourceへのプルリクエストが、状況を変えてくれるかも知れない。

  • C#の新機能: nullチェック演算子

    6月24日のC# Language Design Meetingで、Microsoftは、パラメータnullチェック構文の一部を変更した。"Type parameterName!"から"Type parameterName!!"に変更して、実質的に新しい"nullチェック演算子"を導入したのだ。

  • MicrosoftがgRPC-Web for .NETをリリース

    Microsoftは先週、.NET用gRPC-Webプロトコルの実用レベルの実装をリリースした。元々は試験的機能というサポートだったが、今回、コンポーネントがgrpc-dotnetプロジェクトの一部となったのだ。新しいコンポーネントにより、ブラウザ内でgRPCを使用できるようになるので、HTTPサーバをプロキシとして使用しなくても、Webアプリケーションが直接gRRCサーバと通信可能になる。

  • “絶大な”クラウド利用が新たな調査で明らかに

    O'Reilly Mediaが新たに発表したCloud Adoption in 2020レポートには、クラウドコンピューティングに対する"絶大な"支持が描かれている。調査にはまた、サイトリライアビリティエンジニアリング(Site Reliability Engineering)採用の増加、高いが頭打ちのマイクロサービス採用、サーバレスコンピューティングへの関心の低さ、といった結果も現れている。

  • C# 9: newキーワードの型推論

    多くの場合において、特定の場所で使用可能な型はただひとつのはずだ。しかしC#では、依然として型を明示的に指定する必要がある。今回、ターゲット型(Target-typed)'new'式の提案がC# 9で採用されたことにより、このようなボイラープレートコードは不要になる。

  • MicrosoftがAzure Stack Hubをアップデート、新たな管理機能やコンテナサポートなどを導入

    今年はネットワーク開催されたBuildカンファレンスの中で、Microsoftは、同社のプライベートおよびハイブリッドコンピューティングサービスであるAzure Stack HubKに関する いくつかのアップデートを発表した。同社はAzure Stack Hubに、Azure Kubernetes Service(AKS) Resource ProviderやFleet Managerなどの重要な機能を多数、プライベートプレビューに追加する予定である。

  • MAUI: .NETのマルチプラットフォーム用アプリケーションUI

    先月のBuild 2020開催期間中、Microsoftは、デバイスネイティブなアプリケーションを開発するためのマルチプラットフォームフレームワークである.NET MAUIのロードマップを発表した。新フレームワークはXamarin.Formsの進化形に相当し、Android、iOS、macOS、Windows用のネイティブ機能を提供する。

  • C# 9: シンプルになったパラメータnullバリデーション

    シンプルになったパラメータnullバリデーションがC# 9の機能として取り入れられることになった。最小化されたこの機能では、非nullパラメータの検証に必要なコードが、関数シグネチャ内の1文字にまで削減されている。

  • C# 9 - ソースジェネレータのためのパーシャルメソッド拡張

    C# 9のソースジェネレータ(Source Generator)は、コンパイル時にコードを調査して追加的にソースコードを挿入するようなコンパイラ拡張を可能にする。挿入されたコードは、コンパイルされたものとまったく同じアセンブリに組み込まれる。この機能を活用するためにMicrosoftは、パーシャルメソッドの制限の大部分を撤廃することにしている。

  • C# 9でコンパイル時メタプログラミングを実現するソースジェネレータ

    ソースジェネレータ(Source Generator)は、コンパイラが生成したメタデータを使ってユーザコードを調査し、新たなコードを追加的に生成して、プログラムの他の部分と一緒にコンパイルするという動作を可能にする、C#コンパイラの新機能である。

  • Microsoft Build 2020のハイライト

    Microsoftは先週、第10回のBuildを開催した。BuildはMicrosoftのテクノロジを使用する開発者を対象に、年次で開催されるカンファレンスである。このオンラインイベントでは、Blazor WebAssemblyの一般向け提供開始、間もなくリリースされる.NET 5の最新情報、Azure Static Web Apps、IoTや人工知能に関する新プロジェクトなど、重要な発表やリリースが目白押しだった。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。