BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ エンタープライズアーキテクチャ に関するすべてのコンテンツ

  • Java 7 ソケット・ダイレクト・プロトコル - 一度書けば、どこでも実行できる、ある場所では驚くほどに

    この記事では、最近、Java 7 SDKに導入された、新しいJavaソケット・ダイレクト・プロトコル(SDP)技術について概説します。SDPは、ウルトラ・ハイ・パフォーマンス・コンピューティング環境で、ネイティブアクセスのためにJavaのInfiniBand リモート・ダイレクト・メモリ・アクセス機能を使い、オペレーティングシステムに関わらず、他のコンピュータのメモリに直接アクセスします。

  • Javaガベージコレクションのエッセンス

    CMS、G1、Young Gen、New Gen、Old Gen、Eden、そして、何百ものJVMスタートアップフラグ... Javaアプリケーションから、要求されるスループットと停止時間を実現しようとしてガベージコレクタをチューニングしようとすると、これらをどう扱えばいいのか困りませんか? 心配しないで、あなたは一人ではありません。この記事では、特定の仕事負荷に対してガベージコレクションのアルゴリズムを選んで、チューニングする場合のトレードオフを説明します。

  • Windowsとビジネスアプリケーション: 選択肢の貧困

    Build 2013でMicrosoftはWinRTがビジネスアプリケーションの開発者にとって魅力的になるような新しい機能を多く発表したが、配置シナリオがないためWinRTはビジネスアプリケーションのプラットフォームとして使えない。 一方、WPFは SilverlightとWinForms同様、黄昏時に突入している。

  • Javaのパフォーマンスについての9つの誤信

    Javaは過去18年以上にわたって,エンタープライズにおけるトップ言語へと発展を続けてきました。しかしJavaのパフォーマンスに関しては,誤った事実認識が今も続いています。この記事では,広く信じられている誤解のいくつかを検証します。

  • 本当に自己組織化したチーム

    この会社は、個人個人の自由意志によって組織化されています。みんながゴールを達成するために、協力することを自由に選んでいます。実際に自己組織化した会社を経営していなくても、自己組織化した会社について知りたいと思っている人たちのために、この記事は書かれています。

  • ニーズに合ったESBを選ぶには

    Kai Wähner氏がインテグレーション/フレームワークとESB,インテグレーションスイートの違いを説明した上で,既存の商用およびオープンソースのソリューションの中から,適切なものを選択する方法についてアドバイスします。

  • NoSQLの現状

    Stefan Edlich氏がNoSQLを再考する。NoSQLの発展、財政的な影響、標準や不足してい部分、現在の展望、書籍、リーダーと新参者について考慮した上で、NoSQLは普及すると結論付けている。

  • 達人アーキテクト - 人類未踏の地へ勇敢に進もう

    この記事でFrank Buschmann氏はコンポーネント内よりもシステムコンポーネント間のインタラクションのアーキテクチャ上の重要性について語った。彼は達人アーキテクトの3つの秘訣についてこう述べている。隠れたドメインコンセプトを明らかにする、ものが出会うところにいる、不確かさをドライバとして使う。

  • 紹介:Restful Objects

    Restful Objectsは、ドメイン·オブジェクト·モデルのハイパーメディアAPIの公開仕様である。仕様のバージョン 1.0.0は、リリースされたばかりで、すでに仕様を実装した2つのオープンソースフレームワークがあり、1つはJavaプラットフォーム用で、もう1つが.NET用である。

  • IPA/SEC 統合モデリング技術WG 内田氏インタビュー

    IPAソフトウェア・エンジニアリング・センター(SEC)統合系プロジェクトにおいて、統合システムモデリング技術WGを運営している内田功志 研究員に、ワーキンググループの目的、システムズエンジニアリングとは、モデリング言語SysMLを用いたモデルベース開発の可能性、等についてインタビューしました。

  • 12年後のCAP定理: "法則"はどのように変わったか

    CAP定理は、共通のデータを扱うネットワークで繋がったシステムは3つの望ましい性質(一貫性,可用性,分割耐性)のうち、2つしか満たせないことを示します。IEEEの記事では、Eric Brewer氏が分割を明示的に扱いながら可用性と一貫性を最適化して、CAP定理の3つの属性の最良の釣り合いを取る方法を解説します。

  • 大規模データ技術の現状と今後の方向性

    クラウドコンピューティングを前提とした大規模データ技術が利用可能となってきています。Big Dataが一過性のブームで終わるかどうかにかかわらず、スケーラブルな分散アーキテクチャーの基盤はデータベース技術に主導されつつあります。RDBとORM主体のエンタープライズシステムは、HadoopやNoSQLとの組み合わせにより複合的なデータモデルに発展しました。こうしたアーキテクチャーの革新を最適化し、複雑さを隠ぺいするためにデータタイプやデータモデルを導入する新たな動きが起こっています。また、Hadoopの多方面への発展の軸を見ることで、大規模データ技術の発展の方向性を占うことが可能です。

BT