BT

InfoQ ホームページ Grails に関するすべてのコンテンツ

  • SpringOne2GXでGroovyとGrailsの計画が公開された

    先週行われたSpringOne2GXの基調講演で,2番目に登壇したGuillaume Laforge氏が,Groovy 2.4.xと2.5の計画について講演を行った。最も注目されるのは,従来のクラス読み込みトリックに代わってAST(Abstract Syntax Tree)クラスリーダを新たに導入したことによる,コンパイラのパフォーマンス向上だろう。

  • Grails 3.0: Spring BootとGradleを採用

    GrailsチームがGrails 3.0をリリースした。人気の高いMVCフレームワークが今回,Spring Bootをベースとして完全に書き直されている。Groovy 2.4とAndroidのサポート,Spring 4.1,旧GrantビルドシステムからGradleへのリプレースなど,多数の新機能を含む。

  • Webフレームワークのパフォーマンス比較

    TechEmpowerは昨年から、Webフレームワークのパフォーマンスを測定、比較しようと、ベンチマークを走らせてきた。このベンチマークでは「フレームワーク」という言葉がゆるく使われており、ここにはプラットフォームやマイクロフレームワークも含まれている。

  • Grails 2.3 GAリリース

    Grails Webフレームワークの2.3 GAバージョンが先週リリースされた。発表されたのはSpringOne 2GXカンファレンスの最中だ。新バージョンの機能のいくつはカンファレンス2日目の夜,GrailsのプロジェクトリーダであるGraeme Rocher氏によるデモが行われた。

  • コミュニティ指向リサーチ - JVM で稼働する Web フレームワーク Top 20

    InfoQ リサーチ・イニシアティブでは,10番目の質問 ”JVM で稼働する Web フレームワーク Top 20" の回答を引き続き募集中である。我々はみなさんに,企業のソフトウェア開発に影響を与える傾向と動向について,最新かつ偏見のないコミュニティベースの考察を提供したいと願っている。これは新たなサービスのひとつである。既存ベンダやアナリストが行うリサーチと違うのは,我々のリサーチが読者である「あなた」の回答に基づいていることだ。

  • ユーザビリティ、クラスリローディング、クエリDSLが改善されたGrails 2.0がリリース

    VMwareの一部門SpringSourceのGrails開発チームは先頃Grails 2.0のリリースを発表した。このリリースはGrailsのユーザビリティをRooコンソールに似た形に改善した。クラスリローディングは進歩し、GroovyとJavaに対応している。Grailsの永続レイヤであるGORMはGroovy 1.8でのAST変換によって最大限DSLをサポートしている。

  • Groovy/Grailsの現在(JGGUGワークショップ参加報告)

    JGGUG(Japan Groovy/Grails User Group)の総会とスペシャル版G*ワークショップが2010年7月24日土曜日14:00から18:00に行われた。会場は日本オラクル㈱青山センター。ちなみに筆者は日頃GroovyやGrailsを使うことはないため、本報告はあくまで外部の視点からとして読んでいただきたい。

  • Groovy 1.7、Grails 1.2、Groovy Eclipse 2.0 アップデートは依存性管理と言語支援を含んでいる

    Groovy 言語、バージョン 1.7、はライブラリの拡充と同様に言語それ自身の洗練もサポートしながら最近リリースされた。それに続いて、SpringSource は Groovy Eclipse IDE 2.0 をアナウンスした。それにより、以前は貧弱だった Eclipse の Groovy サポートに、デバッグ、洗練されたコンテンツアシスト、スタブ無しのコンパイルをもたらす。

  • Grails 1.1 の道を開く

    先日SpringSourceはオープンソースのWebアプリケーション・フレームワークであるGrailsのバージョン1.1をリリースした。今回のリリースでは多くの新機能、改良やバグフィックスが提供され、全体的なパフォーマンスを大きく改善したGroovy 1.6のリリースと合わせたリリースである。

  • JavaおよびGrails向けの動的レポート

    レポート作成は、多くのソフトウェアアプリケーションに見られる一般的な機能であり、DynamicJasperは、単純で簡単に構成できるプロセスにすることを目指している。

  • イベント・モデルでGrailsアプリケーションの振る舞いをカスタマイズする

    一般的なGrailsアプリケーションは、ビルド・プロセスかあるいはドメイン・クラスやコント��ーラといった個々のアーティファクトかは問わず、アプリケーション・ライフサイクルの重要なポイントでイベントをスローする。アプリケーション・イベントはリスナがそのイベントを遮断し、カスタムの振る舞いでイベントに対応するよう設定するのに適した拡張ポイントと言える。

  • Morph AppSpaceによってGrailsがクラウド・ホスティングを獲得

    Morph AppSpaceはWebアプリケーションをホスティングするためのクラウド・ベースのプラットフォームである。直近のリリースによってGroovyとGrailsをサポートした。

  • Spring Web Flow 2.0.0.RC1リリース:Ajax、JSF、セキュリティの統合を追加

    InfoQはSpring WebチームのKeith Donald、Jeremy Grelleの両氏と会談し、Web Flowの次期メジャーリリースの最初の製品候補リリースである、Web Flow 2.0.0.RC1について話を聞いた。Web FlowはSpring MVCの機能拡張であり、Webアプリケーションのフローの実装を行うためのものである。

  • Article: Acegi SecurityでセキュアなGrailsアプリケーションを作る

    本稿では、Grailsのサンプルアプリケーションを通じてgrails-acegiプラグインの統合について説明します。この統合には、Groovy、Grails、Acegi Securityの3つの主要コンポーネントがあります。

  • Groovyを使用したドメイン固有の言語の作成

    現地時間2/21はバージニア州レストンで開催される、2GXとしても知られるGroovy/Grails Experienceに関する会議の初日であった。会議は3日間に渡り、90分間のセッションが40セッション、パネルディスカッションおよびコードワークショップがその内容である。今日の初回のセッションの1つには、Venkat Subramaniam氏による「Groovyでのドメイン固有の言語の作成」があった。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。