BT

InfoQ ホームページ Groovy に関するすべてのコンテンツ

  • Spring Framework 4.0の計画発表

    VMwareのSpringSourceチームはSpring Frameworkの次のバージョンであるSpring Framework 4.0の計画を発表した。このバージョンにはJava SE 8、Groovy 2、Java EE 7、WebSocketsのサポートが含まれている。

  • コミュニティドリブンの調査: あなたの次のJVM言語はなんですか?

    InfoQのリサーチイニシアティブの11回目の質問は、"あなたの次のJVM言語はなんですか?"である。これは私たちの新しいサービスの一部で、最新でバイアスなしのコミュニティベースのエンタープライズソフトウェア開発に影響を与えるトレンドと動向を提供したいと考えている。伝統的な、ベンダー/アナリストベースの調査とは違い、私たちはあなたからの回答をベースにしている。

  • Atmosphere 1.0:Java/JavaScript用の非同期通信

    Atmosphere 1.0は、新しいJava / Scalaの/ Groovyのフレームワークで Webブラウザとアプリケーションサーバ間の非同期通信の抽象化を試みる。利用可能な場合、それはフォールバックとして、ロングポーリングを使い、Webソケット、HTML5のサーバーサイドのイベントおよびその他のアプリケーション·サーバー固有のソリューションを透過的にサポートする。

  • コミュニティ指向リサーチ - JVM で稼働する Web フレームワーク Top 20

    InfoQ リサーチ・イニシアティブでは,10番目の質問 ”JVM で稼働する Web フレームワーク Top 20" の回答を引き続き募集中である。我々はみなさんに,企業のソフトウェア開発に影響を与える傾向と動向について,最新かつ偏見のないコミュニティベースの考察を提供したいと願っている。これは新たなサービスのひとつである。既存ベンダやアナリストが行うリサーチと違うのは,我々のリサーチが読者である「あなた」の回答に基づいていることだ。

  • CRaSH: JVMを監視するコマンドラインシェル

    Common ReusAble SHell (CRaSH)は実行中のJVMに接続し、JVMの情報を収集しJVMの内部の設定を変更することができるコマンドを提供する対話型シェルだ。既存のJavaアプリケーションのリモートからの監視や管理に利用でき、Groovyスクリプトで拡張することもできる。

  • ビルドシステムの選択肢 - Gradle 1.0 リリース

    Groovy DSL を備えたビルドシステムである Gradle 1.0 がリリースされた。Gradle は Ant タスクや Maven レポジトリと互換性を持ち,ほとんどの IDE をサポートする。さらに Ant の柔軟性と Maven の「設定より規約」との中間にあるスイートスポットを見出そうともしている。

  • クラウド上で進化する継続的統合

    Travis CIはクラウドベースのオープンソース向け継続的統合(CI)ソリューショ��であり、にホストされている。同プロジェクトは今後の計画を発表した。それによれば、企業ユーザがビルドマシンやテスト環境のメンテナンスがいらない継続的統合の恩恵を受けられるようにするためにプライベートビルドをサポートするつもりだ。

  • ユーザビリティ、クラスリローディング、クエリDSLが改善されたGrails 2.0がリリース

    VMwareの一部門SpringSourceのGrails開発チームは先頃Grails 2.0のリリースを発表した。このリリースはGrailsのユーザビリティをRooコンソールに似た形に改善した。クラスリローディングは進歩し、GroovyとJavaに対応している。Grailsの永続レイヤであるGORMはGroovy 1.8でのAST変換によって最大限DSLをサポートしている。

  • Groovy の最新情報と今後 - 1.8, 2.0, それ以降

    Groovy の最新版ではパフォーマンスと作業性の向上に加えて,さまざまな機能の追加が行われている。InfoQ は Guillaume Laforge 氏から,AST による開発生産性の向上,組込 JSON サポート,ドメイン固有言語サポートの改善,最適化,さらには Java 7 言語サポートを含む Groovy 1.9 と 2.0 のロードマップや Groovy の普及率に関する情報を得ることができた。

  • TIOBEの2010年最優秀言語はPython

    TIOBEは2010年最もシェアを伸ばしたプログラミング言語に賞を与えている。Objective-Cは2010年をリードしてきたが、この数か月伸び悩んだ。Pythonは2010年1月以降、1.81%までシェアを伸ばした。これはSAPのプログラミング言語ABAPのシェア全体のほぼ4倍に相当する。

  • Groovy/Grailsの現在(JGGUGワークショップ参加報告)

    JGGUG(Japan Groovy/Grails User Group)の総会とスペシャル版G*ワークショップが2010年7月24日土曜日14:00から18:00に行われた。会場は日本オラクル㈱青山センター。ちなみに筆者は日頃GroovyやGrailsを使うことはないため、本報告はあくまで外部の視点からとして読んでいただきたい。

  • Groovy 1.7、Grails 1.2、Groovy Eclipse 2.0 アップデートは依存性管理と言語支援を含んでいる

    Groovy 言語、バージョン 1.7、はライブラリの拡充と同様に言語それ自身の洗練もサポートしながら最近リリースされた。それに続いて、SpringSource は Groovy Eclipse IDE 2.0 をアナウンスした。それにより、以前は貧弱だった Eclipse の Groovy サポートに、デバッグ、洗練されたコンテンツアシスト、スタブ無しのコンパイルをもたらす。

  • 総まとめ:Javaの将来的な後継者としての Scala

    Scalaが最近,将来のJava 後継者の有力候補として注目を集めている。Java の創作者である James Gosling 氏やJRuby の主要開発者である Charles Nutter氏に続いて,Groovy の創作者であるJames Strachan 氏も Scalaへの賛意を表明している。

  • C++とJavaのレガシーについて語るのは時期尚早か?

    C++とJavaが残したレガシーについてBruce Eckel氏が最近投稿したブログが大きな反響を呼んだ。彼はいくつかの設計ミスについて述べるも、両言語がプログラミング言語の発展において大きな役割を担い、重要な建設的レガシーを残してきたと結論付けた。しかし、これら言語のレガシーについて語るのはまだ早いのではないだろうか。

  • Grails 1.1 の道を開く

    先日SpringSourceはオープンソースのWebアプリケーション・フレームワークであるGrailsのバージョン1.1をリリースした。今回のリリースでは多くの新機能、改良やバグフィックスが提供され、全体的なパフォーマンスを大きく改善したGroovy 1.6のリリースと合わせたリリースである。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。