BT

InfoQ ホームページ Groovy に関するすべてのコンテンツ

  • Grails Foundationが設立、Grailsフレームワークの普及を目指す

    Object Computing, Inc.(OCI)は、Grailsフレームワークのイノベーションと採用の促進を目的とする非営利企業のGrails Foundationを設立すると発表した。開発および普及活動の初期資金として、OCIより20万ドルを受け取る予定である。Jeff Scott Brown、Puneet Behl両氏がInfoQに、財団のフォーメーションについて説明してくれた。

  • 新しく改良されたパーサを備えたGroovy 3.0への長い道

    Apache Foundationは、Groovyのバージョン3.0をリリースした。これには、新しいパーサ、パッケージ名の変更、拡張されたエルビス演算子、do/whileループ、配列の初期化、ラムダ、メソッド参照などのJava構文のサポートが含まれる。Object Computing (OCI) のプリンシパルソフトウェアエンジニアであり、GroovyコミッターであるPaul King氏は、この最新リリースについてInfoQに話した。

  • ApacheがJDK 11をサポートしたNetBeans 10.0をリリース

    Apache Software Foundationは先頃,JDK 11の拡張サポートを備えたNetBeans 10.0をリリースした。JUnit 5のサポートが追加され,PHP,JavaScript,Groovyモジュールが再統合されている。2019年中には,JDK 12とJDK 13をそれぞれサポートする2回のリリースが計画されている。

  • ApacheがGroovy 2.5とGroovy 3.0プレビュー版をリリース

    Apacheは先日、AST変換を改善し、マクロサポートを導入したGroovy 2.5をリリースした。2018年末に予定されているリリース候補に向けて、Groovy 3.0の開発も順調に進んでいる。OCIのプリンシパルエンジニアでGroovyのコミッタのPaul King博士がInfoQに、今回の最新リリースと、近々予定されているバージョン3.0について説明してくれた。

  • IntelliJ IDEA 2017.2: より賢く、より的確に、そしてより早く

    JetBrainsはIntelliJ IDEA 2017.2をリリースした。フラッグシップであるJava IDEの3ヶ月ごとのリリースだ。Trisha Gee氏はこのリリースノートについてブログに投稿した。多くのユーザビリティに関する向上がある。空のコレクションや文字列配列を作った場合や配列で添字が範囲外になる場合の警告の新しいクラスといったものがある。またnullに関する解析を改善した。

  • 新しいパイプラインビルドシステムを追加したJenkins 2.0ベータが提供開始

    Jenkins 2.0ベータはGroovy上のDSLを使った新しいパイプラインビルドデリバリーシステムを含めて提供された。その機能と新しいユーザーセットアッププロセスはほとんどのユーザーがすぐに使えるようにしている。

  • JetBrainsがIntelliJ IDEA 2016.1をリリース

    JetBrainsは,同社の人気製品であるIDEの最新バージョン��なるIntelliJ IDEA 2016.1をリリースした。このバージョンでは多言語開発者が想定されているらしく,多くの言語やテクノロジを対象としたさまざまな拡張が実施された。しかし,最も注目すべき拡張の対象はやはりJavaで,特にJava 8をフル活用するための支援が目標とされている。

  • IntelliJ IDEA 15リリース

    JetBrainsはIntelliJ IDEA 15をリリースした。Java 8ラムダ式のデバッグサポート強化,テスト実行のユーザインターフェース改善,JVMフレームワークサポート拡張(Spring 4.2, Hibernate 5.0, Grails 3.x, Arquillian),Typescript 1.6とTSLintの統合,Angular 2の初期サポートなどを備える。

  • デシリアライズを利用したリモート実行可能な Java ゼロデイエクスプロイット

    Foxglove Securityの最近の分析によると、デシリアライズするアプリケーションにはゼロデイエクスプロイットの脆弱性があるという。OpenJDK, Apache Commons, Spring や Groovyといったライブラリが該当しており、InfoQ が調査を進める。

  • Ratpack 1.0がローンチ,目標はJVMでの非同期プログラムを容易にすること

    ハイパフォーマンスJava WebフレームワークのRatpackがバージョン1.0に到達した。今回のリリースではAPIが安定しており,実用レベルになったと考えてよいだろう。Ratpackを興味深い存在にしているのは,何といっても,JVM上での非同期プログラミングの簡略化を目的としたその実行モデルだ。

  • SpringOne2GXでGroovyとGrailsの計画が公開された

    先週行われたSpringOne2GXの基調講演で,2番目に登壇したGuillaume Laforge氏が,Groovy 2.4.xと2.5の計画について講演を行った。最も注目されるのは,従来のクラス読み込みトリックに代わってAST(Abstract Syntax Tree)クラスリーダを新たに導入したことによる,コンパイラのパフォーマンス向上だろう。

  • Bazelがベータ版でGroovy, Rust, Scalaをサポート

    Googleが半年前にオープンソース化したビルドシステムのBazelが,予定通り最初のベータマイルストンに到達した。いくつかの言語とテクノロジのサポートが追加されている。

  • Grails 3.0: Spring BootとGradleを採用

    GrailsチームがGrails 3.0をリリースした。人気の高いMVCフレームワークが今回,Spring Bootをベースとして完全に書き直されている。Groovy 2.4とAndroidのサポート,Spring 4.1,旧GrantビルドシステムからGradleへのリプレースなど,多数の新機能を含む。

  • GroovyがApacheに参加

    GroovyチームはApache Software Foundation(ASF)に参加する。Eclipse FoundationやSoftware Conservancyではなく,ASFを選択した理由について,プロジェクトリーダのGuillaume Laforge氏が書いている。今回の発表について詳しく知るため,InfoQはLaforge氏から,プロジェクトの新たな方向性について聞くことにした。

  • GroovyがAndroid上で実行可能に

    先日のGR8Conf Europe 2014期間中,SpringSource/PivotalでGroovyを担当する上級ソフトウェアエンジニアのCédric Champeau氏は,GroovyのAndroidサポートを実現するプルリクエストのマージ作業をライブで実演してみせた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。