BT

InfoQ ホームページ Hadoop に関するすべてのコンテンツ

  • LinkedInのデータ取得プラットフォームGobblin

    2014 QCon San FranciscoカンファレンスでLinkedInのLin Qiao氏はGobblinプロジェクトについて話をした(ブログにも説明がある)。このプロジェクトは内部と外部のデータソースから統一した方式でデータを取得するためのシステムだ。

  • Sparkがソートパフォーマンスの新記録を達成

    Databricksが先日のDaytona GraySortコンテストで,Sparkプロセッシングエンジンを使って新記録を達成した。Daytona GraySortコンテストは,100テラバイトのデータをソートする速度を計測する,サードパーティによるベンチマークである。Databricksは公式記録として,206台のクラスタ上で4,27テラバイト/分というスループットを公表している。

  • HortonworksがStinger.nextのロードマップを発表,Apache HiveによるHadoopスケールのSQL提供へ

    Apache Hive 0.13で提供されたStinger initiativeに続いて,Hortonworksは,完全なACIDトランザクション,サブセカンド(秒以下)で動作するクエリエンジン,充実度を高めたSQL 2011の解析サポートを提供する,Stringer.nextのロードマップを策定した。これらはすべて,Hiveによって"SQLサポートの速度,スケール,範囲を拡張"するという,同社の目標に向けてのものだ。

  • Hadoop-as-a-Service APIのCloudbreakが公開ベータへ

    クラウドに依存しないオープンソース Hadoop-as-a-Service APIとして新たに登場したCloudbreakが,アプリケーション開発者と企業を対象としたベータ版の提供を開始した。Cloudbreakを開発したSequenceIQでは,無償で公開される同社のプロダクトについて,プロビジョニングを抽象化し,オンデマンドHadoopクラスタの管理と監視を容易にする,と主張している。

  • Clouderaがビッグデータ暗号化の新興企業Gazzangを買収

    HadoopディストリビュータのClouderaが,Hadoopエコシステムのセキュリティ戦略を進めている。同社は先月,ビッグデータの暗号化とキー管理の新興企業であるGazzangを買収した。この取引はClouderaをセキュリティ面で強化すると同時に,Gazzangの技術チームが先鞭をつけた,Hadoopセキュリティの卓越した中心的存在の創造にもつながるものだ。

  • HortonworksがXA Secureを買収,エンタープライズHadoopのセキュリティを強化

    Hortonworksは先頃,データセキュリティ企業のXA Secureを買収した。同社のHortonworks Data Platform(HDP)に統括的なセキュリティを提供することを狙ったものだ。バッチ処理からインタラクティブSQL,リアルタイム処理に至るまで,Hadoopのすべてのワークロードで利用可能なものになる。

  • Hadoop Summit 2014 Day One - エンター���ライズクラスのHadoopに向けて

    Hadoop Summit Day Oneレポートとして,注目すべきトレンドと昨年のサミットからの変化,さらには今年トレンドの話題に関連した,当日の重大な発表について報告する。今回のレポートではプラットフォーム固有のイノベーションと発表を中心として,パートナーのエコシステムまでは取り上げていない。それについては,数日中に改めて報告したい。

  • ApacheCON NA 2014,テーマは”コミュニティ"

    今年のApacheCON North Americaカンファレンスの基調講演のおもなテーマは,オープンソースとそのコミュニティだった。400人以上の参加者と70を越えるプロジェクト,180のセッションが用意されたカンファレンスでは,Apache Software Foundation (ASF)のプロジェクトと同じように,さまざまな話題が数多く取り上げられていた。

  • Twitterのリアルタイムマルチテナント分散データベースManhattan

    Twitter EngineeringはManhattanについて詳細を発表した。Manhattanはリアルタイムマルチテナント分散データベースだ。

  • Coverity ScanがJava, Apache Hadoop, HBase, Cassandoraのコード向上をサポート

    先頃リリースされたCoverityによるソース調査レポートでは,おもにリソースリークやnullポインタ,コントロールフローその他の問題の検出と修正が行われている。Linuxソースコードの検査も行われて,いくつかのバグが修正された。

  • ビッグデータHadoopソリューション、2014年第一四半期の状況

    最新のForrest reportによると、Hadoopの勢いはとどまるところを知らない。エンタープライズでのHadoopの使用は、新しい方法でのデータの保存、処理、分析、そしてビッグデータの共有などの能力により、継続的に増加している。このレポートでは各Hadoopベンダーに注目し、ランク付けを行っている。

  • ClouderaがMongoDBと提携,Hadoopデータを同社のNoSQL DBに

    現在の"企業データの80%が非構造であり,構造データの2倍の速度で増加している"という事実を前置きに,ClouderaとMongoDBの2社は,ApacheベースのビッグデータプラットフォームとNoSQLソリューションの組み合わせをオプションとして提供する"戦略的"パートナーシップを発表した。

  • Hadoopがセキュリティを強化,操作性を改良

    Hadoop 2.4.0が先日リリースされた。HDFSとYARNを対象とする拡張の中には,アクセスコントロールリストのサポート,ローリングアップデートのネイティブサポート,HDFSでHTTPSを完全サポート,YARNの自動フェールオーバ,その他の操作面での改善が含まれている。

  • Hadoopに挑むHydra

    ソーシャルネットワーク企業のAddThisは先日,HydraをApacheバージョン2.0ライセンスの下で,オープンソースとして公開すると発表した。Hydraは,半構造化ソーシャルデータをライブストリームとして処理することで,それらのデータに対する効率的なクエリ処理を実現するために開発された,同社の社内プラットフォームを発展させたものだ。

  • ThoughtWorks Technology RadarについてRebecca Parsons氏が語る

    1月、ThoughtWorksは最新のTechnology Radarで、同社が追跡しているソフトウエア開発のエコシステムの動向を発表した。1)プロダクション環境での警告システムとリカバリ、2)プライバシとビッグデータの緊張関係、3)JavaScriptのエコシステム、4)物理と仮想の環境の境界の曖昧化、の4つが今年の大きなテーマだ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。