BT

InfoQ ホームページ Java EE に関するすべてのコンテンツ

  • GlassFishの新たな時代

    Eclipse Foundationは先頃、2018年9月の2つのマイルストンを発表した。GlassFishのソースコードのOracleからの移行が完了したことと、Java EE TCKがオープンソースになったことだ。Jakarta EEの前進とGlassFishの新たな時代に向けての大きなマイルストンと考えられている今回の発表は、“Jakarta EEをクラウドネイティブなアプリケーション開発のイノベーションの手段とする上で、新たなステップとなる”。

  • Eclipseがバージョン1.4と2.0のMicroProfileをリリース

    Eclipse Foundationは先頃、包括的なTest Compatibility Kits (TCK)、Maven Coordinates、Javadoc、Gitタグを含むAPIをアップデートした、MicroProfileバージョン1.4と2.0をリリースした。Java EE 7およびJava EE 8に完全に準拠する。MicroProfileとJakarta EEのシナジのため、2つのプラットフォームが統合されるのではないかという憶測も生まれている。

  • Tomcat 9のJBoss Web Server 5を提供開始

    Red Hat JBoss Web Server (JWS) はwebアプリケーションや大規模webサイトの構築、デプロイ、保守できるようApacheのwebサーバとTomcatサーブレットエンジンを組み合わせたものである。JBoss Web Serverのバージョン5がリリースされTomcat 9をサポートし新機能と拡張をいくつか導入した。

  • Jakarta EEにおけるMicroProfileコミュニティの影響

    Lightbendのシニアデベロッパで、Lagomマイクロサービスフレームワークの開発者のひとりであるJames Roper氏��先日、Eclipse MicroProfileのコミッタに任命された。Lightbendで最初のコミッタとなった氏が、Jakarta EEに関する自身の体験とMicroProfileコミュニティの影響についてブログ記事を書いた。InfoQはRoper氏にその体験を尋ねるとともに、それを支えたMicroPforileのコミッタ仲間たちに話を聞いた。

  • Bob McWhrter氏に聞く - WildFly SwarmからThrontailへの名称変更について

    2015年の初め、Red Hatは、Java EEベースのアプリケーションをマイクロサービスとして実行可能にするWildfly Swarmをリリースした。このアプローチでは、Javaプログラム以外の依存関係を同梱したuber-JARを作成することで、Java EEのモノリスアプリケーションからマイクロサービスへのマイグレーションが可能になる。Wildfly Swarmは先頃、Thorntailという名称に変更された。

  • クラウドネイティブJavaの新たな基盤 - Jakarta EE

    Eclipse FoudationのエグゼプティブディレクタであるMike Milinkovich氏が先日のJAXカンファレンスで、Jakarta EEのための新たなEclipseのガバナンスモデルとロードマップを紹介した。少し前に実施された1,800人Java開発者を対象とした調査に基づき、新たなガバナンスモデルではクラウドネイティブなアプリケーション開発とリリースサイクルの短期化に焦点が当てられる予定だ。氏はJakarta EEの今後について、InfoQに話してくれた。

  • Jakarta EE Working Groupが設立

    Java EEテクノロジの今後のバージョンはJakarta EEという名称になる予定で、現在はEclipse Foundationにおいて積極的な開発が行なわれている。Java EEがOracleの管理下にあった時、意思決定と新機能の導入にはJCPが使用されていたが、EclipseにはJava EEのJCPがないため、新たなプロセスを確立する必要があった。そのプロセスは現在、Jakarta EE Working Groupと呼ばれている。

  • Java EE GuardiansがJakarta EEに移行

    Java EEがJakarta EEに改名されたことを受けて、著名なJava EEエバンジェリストでのシニアアーキテクトのREza Rahman氏は先頃、約2年前にJava EE Guardiansが提出した請願の成功を宣言し、Oracleに対してJava EE 8への移行を求めていたchange.orgでの署名募集をクローズしたばかりだ。氏はInfoQに、Java EE GuardiansとJakarta EEの今後について語ってくれた。

  • Eclipse MicroProfile 1.3が公開

    Eclipse MicroProfileは,Java EEを拡張して,エンタープライズJavaマイクロサービスのオープンソースコミュニティ仕様を提供することにより,マイクロサービスへの対応状況を改善するものだ。リリース1.3では,OpenAPI,OpenTracing,Rest Client APIが新たに導入された他,Config APIとMetrics APIがアップデートされている。

  • Java EE は Jakarta EE となる

    Java EE プロジェクトを Eclipse の一部に移管するリブランドを Oracle が発表した後、コミュニティ投票を実施し、Java EE の新名称は Jakarta EE となることが決まった。Eclipse Foundation エグゼクティブディレクターである Mike Milinkovich 氏が7,000 人近くがコミュニティ調査に投票し 64 %以上が「Jakarta EE」を選択したというブログ記事を記載している。

  • Java EEからJakarta EEへ: Java EEガーディアンズとオラクルのブランド変更についての議論

    オラクルが返答しなかったことに不満を持っていたJava EEガーディアンズはJava EEのブランド変更への懸念を表明した公開質問状をオラクルへ提出した。Java EEガーディアンズによる尽力とデータ収集にも関わらず、Java EEのブランド変更は進むだろう。

  • Java EEの新しい名前の投票

    Java EEの名前を変更するクエストは最終段階に達した。コミュニティは2つの最終候補の1つに投票するよう求められている。

  • JavaのMVC 1.0の仕様に対するパブリックレビューが公開に

    Model-View-Controller (MVC) バージョン1.0の仕様であるJSR-371のパブリックレビューが公開されている。最新機能にはデータバインディングと国際化のサポートが含まれる。MVC 1.0の完全な実装であるEclipse Ozarkのバージョン1.0のリリースがJSR-371の最終リリースとともに予定されている。Cybercom GroupのプリンシパルコンサルタントであるIvar Grimstad氏がMVC 1.0についてInfoQに話してくれた。

  • Java EEは今後JCPを使わず

    オラクルは今後のJava EEの拡張に対してJCP (Java Community Process)を使うことを支持、推奨していない。 "オラクルはJava EE 8仕様の機能拡張に対して、EE4J駆動のプロセスの利用を推奨し支持します。今後のJava EE 8に対するどのような機能拡張であってもJCPプロセスの利用は推奨、支持しません。"

  • JPA 2.2での便利な改善

    オラクルはJava Persistence standard(JPA)のバージョン2.2をリリースした。このリリースはJava 8の利点をすべて使えるようJava EE 8を更新している。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。