BT

InfoQ ホームページ Java EE に関するすべてのコンテンツ

  • Microsoft は Azure Service Bus 上に AMQP を介した Java Message Service 2.0 のプレビューを発表

    先日のブログ記事で、Microsoft は Azure Service Bus Premium 層で AMQP を介した Java Message Service (JMS) 2.0 のプレビューサポートを発表した。このサポートにより、顧客は Java や Spring のワークロードを Azure にリフト&シフトすることで、アプリケーションスタックを近代化できるようになる。

  • Thorntail は終わりへ至る

    アプリケーションにアプリケーションサーバ機能を埋め込むためのサポートを追加するJavaフレームワークが増え、Thorntailプロジェクトは終了した。

  • Micronaut Servlet - サーブレットAPI開発者のための新しいMicronautプロジェクト

    Object Computingは、従来のサーブレットコンテナ上でアプリケーションを実行するMicronautの新しいプロジェクト、Micronaut Servletを発表した。これは、従来のサーブレットコンテナにすでに慣れていて、サーブレットエコシステムに多大な投資をしている開発者に、MicronautのビルトインHTTPサーバの代替手段を提供する。Micronaut ServletはTomcat、Jetty、Undertowをサポートする。

  • Jakarta EE 9のデリバリ計画

    2020年中頃のGAリリースに向けて、Jakarta EEプラットフォームプロジェクトチームは、Jakarta EE運営委員会(steering committee)に公式なJakarta EE 9のデリバリ計画を提出した。ベンダが新しいjakartaパッケージネームスペースをサポート可能になることから、Jakarta EE 9は安定したツーリングリリースになるものと期待されている。Jakarta 10およびそれ以降の新機能を進める上でのイノベーションの基盤として位置付けられる可能性もある。

  • RedHatがJakarta EEとMicroProfileをサポートしたWildFly 18をリリース

    RedHatは、Jakarta EE 8とMicroProfile 3.0をサポートした、WildFlyアプリケーションサーバのバージョン18をリリースした。その他にもJakarta EE APやJDK 13のサポート、セキュリティの強化、クラスタリングとEEサブシステムなどの機能があるが、注目はEJBに関わる分野とRESTEasyだ。

  • Payara Server: Jakarta EE 8準拠の認証を受けた最新プロダクト

    PayaraがPayara Server 5.193.1をリリースした。これによって同社は、Eclipse FoundationやIBM、Red Hatとともに、2019年9月10日のJakarta EE 8の公式リリース以降にJakarta EE-8準拠と承認されたプロダクトの提供者のひとつになった。PayaraのJavaソフトウェアエンジニアであるPatrik Duditš氏が、今回のマイルストーンについてInfoQに語ってくれた。

  • JakartaOne 2019 - 7:00~13:00 ライブストリームの概要

    初のJakartaOne LivestreamグローバルバーチャルカンファレンスがJakarta EE 8の公式リリースに合わせて開催され、皮切りとして19の1時間セッションが2019年9月10日7:00(EST)から行われた。Jakarta EEとMicroProfileに関連するトピックを取り上げたセッションでは、Java有名人のオールスターキャストによるデモやパネルディスカッションが配信されている。

  • Apache NetBeans 11.1がトップレベルプロジェクトとしてリリース

    Apache NetBeans 11.1がリリースされた。これはインキュベーションを卒業してから最初のリリースである。

  • Java EE仕様はJakarta EEに改名された

    Java EE仕様はJakarta EEという名前に変更され、ブランドが変更されて各文書の名前が明確になった。

  • EclipseとOracle、javaxパッケージ名前空間と商標の扱いに関する合意を断念

    Eclipse FoundationとOracleは、Java EEのjavaxパッケージの今後の拡張方法について、合意に達することができなかった。

  • Spring Boot 2.2が最初のマイルストンリリースに到達,パフォーマンスとメモリ効率が向上

    Spring Bootチームは先日、Spring Boot 2.2の最初のマイルストーンリリースとなるv2.2.0 M1をリリースした。パフォーマンスやメモリに関する改善の他、Kubernetesの検出、サードパーティのライブラリ更新などが行われている。さらに今回のリリースでは,140を超える問題が解決されている。また,今回のリリースから。JMXがデフォルトで無効になった。

  • MicrosoftがJava EEからクラウドへのマイグレーションを調査,Javaコミュニティに参加を呼び掛け

    Microsoft AzureエンジニアリングチームがJavaコミュニティに、Java EEアプリケーションからクラウドへの移行時の問題を理解するための調査への参加を呼び掛けている。同チームでは、Java EEアプリケーションをクラウドに移行した経験を持つか、現在移行中、あるいは計画を持っている開発者からの情報を求めている。

  • ApacheがJava 8とMicroProfile 1.2をサポートしたTomEE 7.1をリリース

    Apache TomEEコミュニティがTomEE 7.1をリリースした。Java SE 8とMicroProfile 1.2のサポートをフィーチャーした重要なアップグレードだ。TomEE 7.1は、Java EE 8/Jakarta EEおよびMicroProfile 1.3準拠を予定している、TomEE 8へのゲートウェイリリースの役割を果たす。Tomitribeの創設者でCEOのDavid Blevins氏が、最新リリースについて説明してくれた。

  • GlassFishの新たな時代

    Eclipse Foundationは先頃、2018年9月の2つのマイルストンを発表した。GlassFishのソースコードのOracleからの移行が完了したことと、Java EE TCKがオープンソースになったことだ。Jakarta EEの前進とGlassFishの新たな時代に向けての大きなマイルストンと考えられている今回の発表は、“Jakarta EEをクラウドネイティブなアプリケーション開発のイノベーションの手段とする上で、新たなステップとなる”。

  • Eclipseがバージョン1.4と2.0のMicroProfileをリリース

    Eclipse Foundationは先頃、包括的なTest Compatibility Kits (TCK)、Maven Coordinates、Javadoc、Gitタグを含むAPIをアップデートした、MicroProfileバージョン1.4と2.0をリリースした。Java EE 7およびJava EE 8に完全に準拠する。MicroProfileとJakarta EEのシナジのため、2つのプラットフォームが統合されるのではないかという憶測も生まれている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。