BT

InfoQ ホームページ Jira に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • Atlassian、インシデント管理ソリューションを発表

    9月4日、AtlassianはJira Opsと呼ばれる新プロダクトのローンチと、彼らがOpsGenieを買収することを発表した。Jira Opsを使うことで、組織はインシデントを解決し、そこから学ぶためのポストモーテムを実施できる。OpsGenieはJira Opsに迅速かつ信頼できるアラートを追加する。

  • Portfolio for Jiraのロードマップ作り

    プロダクトバックログがフィーチャーリストではなく課題の優先順位リストになっていると、変化に対応しやすくなる。フィーチャーを届けることを早いうちから約束する必要はなく、新しい技術が利用可能になれば、それを使うことができる。ロードマップを見える化し、定期的に新しい情報を取り込み、それを用いてロードマップを評価することは、アジャイルであり続けるのに役に立つ。

  • OpsRampがAIOps推論エンジンを導入

    SaaSベースのIT運用管理プラットフォームを提供するOpsRampが、アラートとイベント相関のためのIT Operations推論エンジン用AI(AIOps)を備えた、OpsRamp 5.0を新たにリリースすると発表した。マルチクラウド対応のダッシュボードも備えている。

  • AppDynamicsがビジネストランザクショントレースをSAP環境にまで拡大

    アプリケーションのインテリジェンスとパフォーマンス管理に関するベンダで、Cisco傘下のAppDynamicsが、AppDynamics for SAPの提供開始を発表した。新たなABAPコー���レベルの監視により、ユーザ向け製品からミッションクリティカルなSAPビジネスアプリケーションまで、コードレベルの洞察からユーザのタップやスワイプやクリックに至るまで、カスタマエクスペリエンスの可視化が可能になる。

  • チーム感情と成果の関係

    AI企業のDeep Affects社はJiraプロジェクトを調査し、感情面の健康とチームの生産性との関係を示した。彼らの発見はGallup社の2017 State of the Workforce調査によっても示されている。その調査は、感情面で積極的に関与しているチームを持たないことによるコストを示している。

  • Microsoft FlowがGA(General Availability)に到達

    Microsoftは先日,Microsoft FlowのGA(General Availability)を発表した。多くの人気あるオンラインおよびオンプレミスサービスと接続したワークフロー機能を提供する,クラウドベースのオートメーションプラットフォームだ。プレビュー版以来,61,000以上の組織の117,000人を越えるユーザが,このサービスを利用して自身のビジネスプロセスを自動化している。

  • AtlassianがPortfolio for JIRA 2.0をリリース

    AtlassianのPortfolio for JIRAの新リリースには,リアルタイムのポートフォリオ計画機能が備えられている。チームとプロジェクトに関する情報をJIRAから引き出して,製品ポートフォリオ計画に導入することにより,リリース計画に自動的に従うことが可能になる。

  • AtlassianがJIRA 7プラットフォームを3つのスタンドアロンJIRAエディションとして発表

    開発とコラボレーションのソフトウェアを開発するAtlassianは、プロジェクトトラッキングアプリケーションのJIRAのバージョン7を、新しい3つのスタンドアロン製品として発表した。JIRA Core、JIRA Software、JIRA Service Deskの3つだ。この3つの製品は共通のプラットホーム上に構築され、非技術者のビジネスチーム、開発チーム、ITやその他のサービスチームが、それぞれのチームのニーズに合うエディションを使えるようにすることで、より良いサービス提供を実現する。

  • AtlassianはAtlassian Cloud製品をリリースした

    Atlassianは2014年12月にAtlassian Cloudを導入した。Atlassian Cloudは、Atlassianソフトウェアのパワーで、柔軟な開発とコラボレーションプラットフォームを提供する。インターネットアクセスさえあれば、ダウンロードすることなく、シンプルなユーザー管理とサイト管理によりチームは確実に共同作業ができる。

  • AtlassianがJIRA向けプロジェクトポートフィリオマネジメントソリューションを提供

    開発者向けのソフトウエアを開発しているAtlassianは年次のSummitカンファレンスでJIRA Portfolioを発表した。これはJIRA向けのアドオンで、"複数のチームやプロジェクトの動きを管理し計画するための単一の正確なビューを提供する"。

  • Stash: エンタープライズ用Git

    人気のALMツールであるJIRAとConfluenceのメーカーが、Stashのバージョン2をリリースした。Stashは、ブランチレベルのパーミッションやJIRAとの深い統合など、中央バージョンコントロールシステムで見られるような機能をGitに追加する。

  • イノベーションを起こすのはFedExではなく、ShipItだ!

    7年が経ち、500以上の革新的なプロジェクトやDan Pink氏からの注目を集める推薦の言葉をもらい、何百という企業がそのコンセプトを真似することになる一流の出版物を出すようになった、オーストラリアのソフトウェア会社Atlassianは、有名なイノベーションデイのコンセプトの名前を変えなければならなくなった。

  • Tasktop Agile Planner for Eclipseがリリース

    Tasktopはアジャイルプランニングツールをリリースした。これはMyLynコネクタを利用して、MingleやTeam Concert、Rally、Scrumworks、JIRA、VersionOneのような複数のプロジェクト管理にわたったプランニングサポートを提供する。Eclipseインテグレーションはプラン項目とソースコード成果物を自動的にリンクしたり、Eclipseから直接プランを作成・管理することをサポートする。

  • JIRA の改善とコスト削減

    最近 Atlassian は JIRA 4 をリリースした。JIRA の課題追跡、アジャイルプロジェクト管理、ワークフロー製品は世界中で広く採用されている。InfoQ は、リリースと将来について Atlassian と Q&A の時間を取る機会を得た。

  • Atlassian が GreenHopperを買収,JIRAにアジャイルPM機能を追加

    Atlassian は Pyxis Technologies から GreenHopper 製品を買収し,JIRAにアジャイル開発サポート機能を追加すると発表した。同時に,アジャイルソフトウェア開発の概念と Atlassian の技術者が技術と経験を提供する場として,新たなWebサイト"agile@Atlassian"を立ち上げることも発表した。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。