BT

InfoQ ホームページ リーダーシップ に関するすべてのコンテンツ

  • エンジニアのためのDevOpsにおけるテストについて、Katrina Clokie氏とのQ&A

    ウェリントンで開催されたDevOpsDays NZは、エンジニアがDevOpsで活用できるテストスキルと強大な力に関するKatrina Clokie氏のキーノートで幕を閉じた。 『A Practical Guide to Testing in DevOps』の著者が、テスト現場で見てきた変化と、これがDevOps原則を受け入れる動きにどう影響するのかをInfoQに語った。

  • アジャイル第二の波: アジャイルマインドセットに生きる

    アジャイルマインドセットに生きるとは実際に行うことであって、それについて議論することではない。アジャイルに生きることへのアクセスは、大きな成長を遂げるためにイエスと言う人のみに与えられる。組織に異なる行動を求めるなら、自分の行動から変えなければならない。これはMichael K Sahota氏が”アジャイルの第二の波(Wave 2 of Agile)”と呼ぶもので、誰もが加わるように誘っている。", and invites everyone to join.

  • 内面からのリーダシップとアジリティへの展開

    アダプティブな組織は、気付き(awareness)をリーダシップの基本的な特徴とする、水平的(horizontal)リーダシップに基づいて活動する。好奇心と共感、そして勇気を持って真摯に耳を傾ける行為、すなわちリスニング(傾聴)こそが我々の認識、我々の関係、我々の環境を変えるのだ。

  • Heidi Helfand氏の講演より - 影響力を最大化するための「聞く」技術

    リーダシップは聞き取り(listening)から始まり、聞き取りは影響力を増幅する!Heidi Helfand氏がAgile2018で、よりよいリーダになるための聞き取りのスキルについて講演した。聞く耳を持つリーダは、チームに大きな影響を与える。スローダウンして注意を払って意見を聞くか、一足飛びに答を与えるかは、影響の場所に関わる。遠回りに思えるかも知れないが、その結果には永続性がある。

  • 著作者、教師、コンサルタントのJerry Weinberg氏が死去

    著作者で教師、コンサルタントのGerald M. “Jerry” Weinberg氏が、2018年8月7日、84歳で亡くなった。コンピュータプログラミング、システム思考、リーダシップ、変革、コンサルティング、執筆に関する、およそ100冊の著書を持つ。

  • 新しいCIO像 - IT推進役としてのMark Schwartz氏の提案

    米国市民権移民局の元CIOで、現在はAWSのエンタープライズストラテジストであるMark Schwartz氏が、ロンドンで開催されたDevOps Enterprise Summitで、ITをリードすることの意味について講演した。

  • 適応型アジャイルリーダーであるために必要なこと

    最近、様々なところで、組織のあらゆるレベル、あらゆる役割のリーダーシップと、リーダーシップにおける適応力が議論されている。今日のあらゆる領域のリーダーシップにとって、適応性は必要なものであり、成果を実際に得るための唯一の方法だと見なされている。

  • 信頼がリーダシップと組織変革に与える影響を評価する

    AtlassianのDom Price氏とPrudy Gourguechon氏は、ともに先頃、チームとリーダとの信頼の重要性と、確信を持ってそれを評価することの難しさを記事に書いた。その上で両氏は、チームが協力し、不確実性に対処し、個人のオーナシップを尊重し、リーダシップからの協調性を体験するための行動パターンを提案している。

  • 心理的安全性を育む

    ストレス、恐怖、不安があるとき、創造的に考えたり、協力して働いたり、問題を解決することは難しくなる。間違いを犯すことに対する安全さを知らしめたり、本当に理解するために耳を傾けたり、マインドフルネスを実践したりすることで安全性の文化を作ることができる。

  • 素晴らしいエンジニアリング文化についてリーダーが語る

    QConLondonのBuilding Great Engineering Culturesと題したトラックで、登壇者が聴衆から質問を受け、パネルディスカッションをした。 Google、Sky Betting、Gaming、ITV、Deliveroo、GlobalSignのリーダーたちが、自分たちがどのようにしてエンジニアリングについての素晴らしい文化を支援し構築してきたかを共有した。

  • KPN iTVのアジャイル変革

    マネジメントチームは部隊の業務を直接指揮するチームではなく、作業環境を作り上げるリーダシップチームになった。自律的な部隊が自己選択によって構築されることにより、業務はもはやプロジェクトとして組織されるものではなくなり、永続的な自律型チームへと移行した - KPN iTVのアジャイル変革で実現されたおもな変化をあげるならば、このようになるだろう。

  • 文化変革のパラドックス

    企業はアジリティを高める上で企業文化が重要な要素であることを認識し、その実現に向けて行動しなければならない。望ましい企業文化は、模範によるトップダウン(example top down)によって進められるべきである – すなわち、価値やコミュニケーション、顧客関与に関して、企業のトップで起こっていることが、その企業の“下位”層で起きるであろうことの予見となるのだ。

  • 自己組織化の実験

    自己組織化するチームは効率的でより幸せだ。全ての人が自己組織化するチームに馴染む訳ではない。言われたことをやり、自分の仕事をすることに慣れている。自己組織化するチームを実現するには意図を元にしたリーダーシップ、ソシオクラシー、ホロクラシーのようなモダンなリーダーシップのアプローチが必要だ。

  • Spotify Modelは"アジャイルの涅槃"ではない

    Spotifyでは、マネジメントと組織の動きは人を育てることによってチームとアジャイルの実践を支援している。しかし、Spotifyは"アジャイルの涅槃"ではない。継続的に成長し、変化し、新しいチームに分裂するような高い成果を産むチームに達するのは難しい。

  • 完璧なソフトウェア、継続的デリバリの計測、将来の展望 - Agile on the Beach 2017

    Agile on the Beach 2017の最終日午後の主な内容は、“デリバリチームはリーンやインタラクティブで継続的なデプロイメント方法論を取り入れることで、より迅速な価値追加が可能になる”、“継続的デリバリのメリットは大きいが、現状に対して原則を適用する必要があるため、その実践は簡単ではない”、というものだった。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。