BT

InfoQ ホームページ リーダーシップ に関するすべてのコンテンツ

  • 文化変革のパラドックス

    企業はアジリティを高める上で企業文化が重要な要素であることを認識し、その実現に向けて行動しなければならない。望ましい企業文化は、模範によるトップダウン(example top down)によって進められるべきである – すなわち、価値やコミュニケーション、顧客関与に関して、企業のトップで起こっていることが、その企業の“下位”層で起きるであろうことの予見となるのだ。

  • 自己組織化の実験

    自己組織化するチームは効率的でより幸せだ。全ての人が自己組織化するチームに馴染む訳ではない。言われたことをやり、自分の仕事をすることに慣れている。自己組織化するチームを実現するには意図を元にしたリーダーシップ、ソシオクラシー、ホロクラシーのようなモダンなリーダーシップのアプローチが必要だ。

  • Spotify Modelは"アジャイルの涅槃"ではない

    Spotifyでは、マネジメントと組織の動きは人を育てることによってチームとアジャイルの実践を支援している。しかし、Spotifyは"アジャイルの涅槃"ではない。継続的に成長し、変化し、新しいチームに分裂するような高い成果を産むチームに達するのは難しい。

  • 完璧なソフトウェア、継続的デリバリの計測、将来の展望 - Agile on the Beach 2017

    Agile on the Beach 2017の最終日午後の主な内容は、“デリバリチームはリーンやインタラクティブで継続的なデプロイメント方法論を取り入れることで、より迅速な価値追加が可能になる”、“継続的デリバリのメリットは大きいが、現状に対して原則を適用する必要があるため、その実践は簡単ではない”、というものだった。

  • Agile 2017基調講演 - リーダシップと関与をすべてのレベルで実現する

    先頃Orlandで開催されたAgile 2017カンファレンスで、ベストセラー“Turn The Ship Around!”の著者である元海軍大佐のDavid Marquet氏が、インテントベースのリーダシップに関する興味深い基調講演を行なった。

  • ThoughtWorks、プライベートエクイティ企業Apax Partnersに売却

    グローバルなソフトウェア開発およびデジタルトランスフォーメーション企業であるThoughtWorksが、ロンドンを拠点とするプライベートエクイティ企業Apax Partnersに買収される。契約条件は明らかにされておらず、2017年Q4に成立する予定だ。

  • Renee Throughton氏に聞く - リーダシップパターンとアジリティ

    アジャイル導入に成功する上での問題は、チームがアジャイルないしScrumを実践することではない。システムが自身を再構築するより前に、システム内の原則や制約についてのリフォームが最後の課題なのだ。氏はかつてのInfoQで、リーダシップのパターンに語ったことがある。

  • Fleur van Unen氏とSylvain Mahe氏がリーダーシップのアジャイルの道具について語る

    近日開催のAgile Indonesiaカンファレンスでは、Palo ITのFleur van Unen氏とSylvain Mahe氏がアジャイルリーダーシップのツールに関する講演を共同発表し、 Management 3.0などの技術とフレームワークを描くリーダーに具体的なアドバイスを提供する。InfoQは、両氏にインタビューし、リーダーシップの哲学、アジャイルなアイデアの普及におけるコミュニティの重要性、従業員を才能のある大人として扱うことについて話をした。

  • ING Bankのリーンリーダーシップによる組織改善

    改善を組織化し本当の学習が生まれるようにするのはマネージャの仕事だ。真の学習のためには未知を受け入れ、自身の知識の境界を超える必要がある。アジャイルでリーンな継続的デリバリによって学習能力を高めることができる。

  • 謙虚さは有益な特性である

    Jim Collins氏の"レベル5のリーダーシップ"の記述の根拠を検証するために、ワシントン・ポストに掲載された研究で、謙虚さがリーダーシップを含む私たちの生活の多くの面でどれだけ有益な特性であるかが示された。

  • 信頼とリーダーシップ - 新しい研究による関係の再認識

    信頼できることは、リーダシップの成功に大きく関係している。 Ken Blanchard Companiesの最近の調査では、リーダへの信頼が組織に対する個人の意思決定にどのように影響しているかが示され、この関係が再認識されている。これには、成果を上げ、会社を支持し、会社に留まることが含まれる。

  • ソシオクラシ(Sociocracy)3.0を適用したアジャイルプラクティスの実践

    ソシオクラシ(Sociocracy)3.0はアジャイル組織におけるコラボレーションをサポートし,製品とサービスの継続的改善を支援するオープンなフレームワークである。作業のコーディネートや効率的なミーティング,ガバナンス,組織の構築など,さまざまなアクティビティのパターンを提供する。

  • QConSF - 最高に輝くチームを作る

    Alexandre Freire氏はQConSFでModern Agileのフレームワークにフォーカスした講演を行い、組織で実施するための方法を説いた。彼は下地にある文化がこれらのプラクティスをサポートする必要があり、さもなければプラクティスは強制されるだけで、素晴らしいチームを作るに至らないとと強調した。

  • Esther Derbyの変化を起こすための6つのルール

    Esther Derby氏は変化が必要なときに使える6つのルールを特定した。これにより取り組んだ人が尊重され、変化にある複雑性を認められる。変化を起こすための共感、過去の知識、そして実験への意欲に基づいた環境を作ることが、変化のストレスを少なくする。

  • QConSF: 人をひきつけるコツ(と科学)

    QConSFでRonit Avni氏は、視覚的もしくは音声的に気を散らせることによって、言葉によるメッセージ(スピーチ)からメッセージが失われないようにする方法について紹介した。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。