BT

InfoQ ホームページ リーダーシップ に関するすべてのコンテンツ

  • Etsyはなぜ、どのように、職場で多様性を受け入れているのか

    Etsyは、多様性と包括性を向上させるために、さまざまな方策を実施している、先日同社は、自社の指導原則に多様性と包括性を追加した。社員のライフサイクルの各ステップに包括性を統合することで、採用時の多様性向上だけでなく、包括性を備えた文化の促進を目指す。さらに同社では、ERG(Employee Resource Group)に対して、フィードバックに基づいて変革をリードする権限を与えている。

  • リーダへのキャリアチェンジ

    チームリーダになるための移行期間をメンタと共に持てたことで、Dan Persa氏は、シニアソフトウェアエンジニアからエンジニアリーダへと、スムーズに移行することができた。Codemotion Amsterdam 2019で氏は、他の開発者にもリーダへのキャリアパス選択を動機付けるべく、自身の経験や学んだことを公開した。

  • NetObjectivesのAl Shalloway氏が語る,バリューストリーム管理における経営陣とマネージャの役割

    組織がアジャイルに移行する上で,経営陣の取るべき役割は,その文化やパフォーマンスの目標に最も適した効率的な組織のビジョンをデザインし,それについて語ることだ。また,最も効果的な組織においてマネージメントの負う責務は,バリューストリームを妨げる組織的ブロッカを取り除いて遅延コストを削減することだ。

  • テクニカルリーディングに関する一考察

    役割のバランスを見つけるために、雇用者は流動的な人事構造を採用する必要がある。技術職と管理職の道は隣り合わせでなくてはならない。心理的安全なしに、本当の効果的な成長を遂げることはできない。問題とシナリオについて話せる良きメンターは非常に貴重だ。これらは、Redgate Softwareでテクニカルリードを務めるJulia Hayward氏が示した、テクニカルリーディングに関する一考察の一部だ。

  • デザインスプリントによるアジリティ構築

    デザインスプリント(Design Sprint)は、ビジネスのアジリティを損なう従来の作業方法に対抗する強力な手段になり得る手法だ。ビジネスや顧客の難解な問題を驚くほど創造的に、エキサイティングに、価値のある方法で解決することができる。グループとしては、望ましくないアイデアを早期に、かつ積極的に破棄する手段にもなる。

  • マネージャのいない組織管理 - セルフマネジメントの実践例

    Doug Kirkpatrick氏がAgile Peopleカンファレンスで基調講演を行い、組織内におけるセルフマネジメント(Self-Management)の採用に必要なものを深く掘り下げるワークショップを開催した。セルフマネジメントとは、機械的な階層や、他者に対する独裁的かつ一方的な命令権限を持たず、従来の管理機能を個人が自由かつ自律的に行うという組織哲学である。

  • エンジニアのためのDevOpsにおけるテストについて、Katrina Clokie氏とのQ&A

    ウェリントンで開催されたDevOpsDays NZは、エンジニアがDevOpsで活用できるテストスキルと強大な力に関するKatrina Clokie氏のキーノートで幕を閉じた。 『A Practical Guide to Testing in DevOps』の著者が、テスト現場で見てきた変化と、これがDevOps原則を受け入れる動きにどう影響するのかをInfoQに語った。

  • アジャイル第二の波: アジャイルマインドセットに生きる

    アジャイルマインドセットに生きるとは実際に行うことであって、それについて議論することではない。アジャイルに生きることへのアクセスは、大きな成長を遂げるためにイエスと言う人のみに与えられる。組織に異なる行動を求めるなら、自分の行動から変えなければならない。これはMichael K Sahota氏が”アジャイルの第二の波(Wave 2 of Agile)”と呼ぶもので、誰もが加わるように誘っている。", and invites everyone to join.

  • 内面からのリーダシップとアジリティへの展開

    アダプティブな組織は、気付き(awareness)をリーダシップの基本的な特徴とする、水平的(horizontal)リーダシップに基づいて活動する。好奇心と共感、そして勇気を持って真摯に耳を傾ける行為、すなわちリスニング(傾聴)こそが我々の認識、我々の関係、我々の環境を変えるのだ。

  • Heidi Helfand氏の講演より - 影響力を最大化するための「聞く」技術

    ���ーダシップは聞き取り(listening)から始まり、聞き取りは影響力を増幅する!Heidi Helfand氏がAgile2018で、よりよいリーダになるための聞き取りのスキルについて講演した。聞く耳を持つリーダは、チームに大きな影響を与える。スローダウンして注意を払って意見を聞くか、一足飛びに答を与えるかは、影響の場所に関わる。遠回りに思えるかも知れないが、その結果には永続性がある。

  • 著作者、教師、コンサルタントのJerry Weinberg氏が死去

    著作者で教師、コンサルタントのGerald M. “Jerry” Weinberg氏が、2018年8月7日、84歳で亡くなった。コンピュータプログラミング、システム思考、リーダシップ、変革、コンサルティング、執筆に関する、およそ100冊の著書を持つ。

  • 新しいCIO像 - IT推進役としてのMark Schwartz氏の提案

    米国市民権移民局の元CIOで、現在はAWSのエンタープライズストラテジストであるMark Schwartz氏が、ロンドンで開催されたDevOps Enterprise Summitで、ITをリードすることの意味について講演した。

  • 適応型アジャイルリーダーであるために必要なこと

    最近、様々なところで、組織のあらゆるレベル、あらゆる役割のリーダーシップと、リーダーシップにおける適応力が議論されている。今日のあらゆる領域のリーダーシップにとって、適応性は必要なものであり、成果を実際に得るための唯一の方法だと見なされている。

  • 信頼がリーダシップと組織変革に与える影響を評価する

    AtlassianのDom Price氏とPrudy Gourguechon氏は、ともに先頃、チームとリーダとの信頼の重要性と、確信を持ってそれを評価することの難しさを記事に書いた。その上で両氏は、チームが協力し、不確実性に対処し、個人のオーナシップを尊重し、リーダシップからの協調性を体験するための行動パターンを提案している。

  • 心理的安全性を育む

    ストレス、恐怖、不安があるとき、創造的に考えたり、協力して働いたり、問題を解決することは難しくなる。間違いを犯すことに対する安全さを知らしめたり、本当に理解するために耳を傾けたり、マインドフルネスを実践したりすることで安全性の文化を作ることができる。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。