BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ リーダーシップ に関するすべてのコンテンツ

  • レガシシステム廃止のためのパターン - ThoghtWorksが語るITランドスケープの進化

    Martin Fowler氏は先頃、"Patterns of Legacy Displacement"という一連の記事を公開した。レガシシステムのリプレースに関連した、著者らの集合的体験を要約したものだ。プロジェクトを3つのフェーズに分割し、それぞれについて列挙されたパターンに従うことで、成功の可能性は高くなる、と著者らは主張する。

  • 分散DevOpsチーム: デジタルコネクションチームのサポート

    グローバルに分散したチーム内でデジタルコネクションを確立するために、組織はチームメンバにコラボレーションツールと視覚化ボードを備えた追加のモニターの両方を提供した。オンラインチャットとホワイトボードを使用したコラボレーションは、ボードをチームのニーズに合わせる調整のため、当初は課題があった。

  • テストピラミッドを使って品質を左シフトする

    品質の左シフト(前倒し)とは、開発終了後に品質テストを行うのではなく、ソフトウェア開発サイクルの早期に品質を作り込む、という意味である。テストピラミッドモデルを使うことで、テストをより早いステージに移動させることが可能になり、統合時に問題となる欠陥を開発早期に発見することが可能になる。

  • 異文化コラボレーションの促進

    異文化間の関係を構築することは、今日の職場や世界で成功するために非常に重要である。それでも、多くの人々は、自分と異なる人々との関係を構築する方法に躊躇したり、確信が持てない。最初のステップは、自分自身を振り返り、時間とリソースをどこでどのように費やしているかに気づくことである。

  • 適応性のある報酬・表彰システムですべての世代を引き付ける

    報酬・表彰(Reward and recognition)システムは適応性があって、アジャイルで、個々の状況を考慮したものであるべきだ。どの世代であっても、仕事に求めるものは同じ - 自身の仕事を尊重されること、報酬を得ること、認められることの3つ - だが、モチベーションと報酬の形式は、世代によって違う。創造性を持って報酬・表彰システムを常に新しく保つとともに、チームに合わせていくことが必要だ。

  • アジャイルリーダの特徴

    アジャイルリーダはアジャイルプラクティスに対して情熱を持っている。メンバに信頼を教授し、透明性を創出し、建設的な批判をオープンに受け入れることで、大きな成果を上げることを目指すのがアジャイルリーダだ。彼らが重視するのはビジョンと顧客である。アジャイルの意味するところを理解し、メンバに自律性を与えて自身はサポートに回り、学びと実験を通じて彼らの発展と成長を促すのだ。

  • リモートワーク時代の会議

    バーチャル会議に多くの人が参加すると、一部にだけ出席する人や参加できない人が出てくる可能性がある。誰が会議に出席すべきかを質問し、会議から取り残されることへの恐れを減らすために、出席しないことにした人が会議からの情報を利用できるようにする必要がある。

  • プレッシャーの下での心理的安全性の維持

    リーダーがプレッシャーにさらされているとき、ダークサイドの行動に陥る可能性がある。それによって、組織文化と心理的安全に深く永続的な害を引き起こす可能性がある。リーダーは、プレッシャーがかかった状況に対する反応と対応を慎重に管理することに非常に意識する必要がある。強いキャラクターが頻繁に出てしまい害になってしまう可能性を回避するためである。

  • 意図的組織を構築するための総体的アプローチ

    意図的組織(intentional organization)の構築には、組織を構築するブロックのすべてを総体的に把握する考え方が求められる。重要なのはリーダシップだ。マネージャの行動に伴って生ずる組織的な結果は、組織がその目的を達成できるためのデザインに沿ったものでなければならない。

  • QCon Plus: テクニカルフォークの非テクニカルスキルトラックの概要

    Qcon Plusは2020年11月に開催された。トラックの1つは、テクニカルフォーク向けの非テクニカルスキルに焦点を当てていた。eBayのRandy Shoup氏が主催するこのトラックは、チーム内外の効果的なコミュニケーションとコラボレーシ��ンに必要な重要な人材スキルの一部に焦点を当てていた。

  • 個人と組織の勇気を高めるには

    勇気は、可能な最高レベルの創造性、適応性、生産性のためのコンディションを作り出すものであり、今日の複雑化した社会を生き抜くためには必要不可欠なものだ。我々には、自分の役割が何であろうと、勇気を持ってリードする力がある。

  • Katherine Kirk氏との一問一答 - 不確実な時代のエントロピに対処する

    Katherine Kirk氏と、コントロール喪失下での繁栄について議論した。現在のパンデミックの組織への影響を議論する中で、Kirk氏は、エントロピの影響を理解し、対抗するという、状況対応型戦略の重要性について説明してくれた。

  • 複雑なソフトウェアプロジェクトをナビゲートし、不確実な時代をリードする - InfoQ Live 9/23

    InfoQ Liveには、Red HatのGlobal Transformation Officeでシニアディレクタを務めるJohn Willis氏や、FTでオペレーションとリライアビリティを担当するテクニカルディレクタのSarah Wells氏など、世界クラスの実践家が参加して、ソフトウェアエンジニアリングリーダシップに関する価値ある洞察や実践的アドバイスを提供してくれる。

  • ソフトウェアエンジニアリングリーダーシップによるテクノロジーの提供:近々開催されるInfoQライブイベント

    InfoQ Liveは、現代のソフトウェア実務家向けに設計されたインタラクティブな仮想イベントで、9月23日に新しいトピックにフォーカスして開催される。ソフトウェアエンジニアリングのリーダーシップとチームの能力強化によって、テクノロジーを提供する。Sarah Wells氏、John Willis氏(@botchagalupe)、Holly Cummins氏、Sarah Shewell氏などのワールドクラスの実務家と共に、技術プロジェクトのリード、チームデータダイナミクスの分析、不確実なタイミングにおけるチームのリードのベストプラクティスについて深く掘り下げましょう。

  • 製品開発に態度を活用する

    シニシズム(cynicism、皮肉)、懐疑主義、楽観主義といった態度は、プロダクトを開発する方法に影響する。開発を阻害したり、あるいは誤ったプロダクトの構築に導く可能性があるため、態度を認識することは重要だ。Gwen Diagram氏に、シニシズム、懐疑主義、楽観主義と、開発者が与え得る影響、チームにおける態度への対応などについてインタビューした。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。