BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ リーダーシップ に関するすべてのコンテンツ

  • スタッフプラスエンジニアへの道:管理職から技術職への回帰

    技術分野の従事者には、管理職のキャリアだけが目標ではない。Fabiane Bizinella Nardon氏は、管理職から技術職に復帰してスタッフプラスエンジニアとなり、スタッフプラスフレンドリな会社を設立した人物だ。氏はQCon London 2022で、"A CTO That Still Codes: My Tortuous Path to the Staff Plus Engineer Role"と題する講演を行った。氏は2022年5月10日~20日のQCon Plusでも講演する予定である。

  • 優れたスタッフプラスエンジニアになるには

    スタッフプラスエンジニア(staff-plus engineer)としての自分の有効性を高めるためには、コミュニケーション、リスニング、技術的戦略、ネットワークのスキルを高めることが大切だ。Blanca Garcia Gil氏はQCon London 2022で、スタッフプラスエンジニアとして成功するための5つの行動指針について講演した。さらに氏は、2022年5月10日~20日のQCon Plusでも講演する予定である。

  • スタッフプラスエンジニアになる:リーダーシップとコミュニケーションのトレーニングが大切

    技術的なキャリアを追求したいエンジニアに対する業界のサポートが不十分であり、それがエンジニアに影響を及ぼしている。多くの優れた技術者が、管理職を探すことを余儀なくされている。スタッフプラスエンジニアの役割への道は簡単ではない。スタッフプラスエンジニアになるためのリーダーシップとコミュニケーションに関するトレーニングは、彼らがより優れた技術リーダーになる助けとなる。

  • スタッフプラスエンジニアとして成功するための5つの行動

    スタッフプラスエンジニアは、より大きな影響を与える技術リーダーとして機能するものである。物事を成し遂げる彼らの能力は、他の人を成長させ、指導するため、彼らの個々の能力を超えたものになる。テクノロジー業界は、エンジニアが個別に作業するという考えから離れてきている。コラボレーションがスタッフプラスの役割において最も重要な行動の1つとなる。

  • TSS(チーム一体給与)を全社的な報酬評価に採用する

    TSS(チーム一体給与)は、チームを越えた評価を行うことで、結果が自動的に調整され、スケールアップが可能になる。さらに、そのスコアを見ることで、どこに会話が必要なのかが分かる。TSSは、新たなスキルを習得し、適応することを促すのだ。

  • TSS(Team-set salaries)によるアジャイルチームの公平な個人報酬

    TSS(team-set salaries、チーム一体給与)は、マルチスキルで協調的、かつ自律的なチームの各メンバに対して、公平な報酬を設定することのできる手法である。メンバはそれぞれ、自分自身ではなく、同僚のみを評価する。それによって、給与の決定に関する直接的な発言権が与えられるのだ。

  • 議論によるソフトウェアアーキテクチャの拡張 - アドバイスプロセス

    Andrew Harmel-Law氏は先頃、"アドバイスプロセス(Advice Process)"に基づいた、非集中型で拡張性のあるソフトウェアアーキテクチャプロセスについて解説した記事を公開した。アドバイスプロセスは、ほとんどアナーキーともいえる権限付与を伴った意思決定方法をベースとして、一連の議論を促すことによって、ソフトウェアアーキテクチャを進めていく。ルールはただひとつ、"誰でもアーキテクチャ上の意思決定を行うことができる"というものだ。

  • コーチングでよりよい技術リーダになる

    コーチングは、個人的にも、仕事の上でも、自身の潜在能力について理解し、日々の業務においてその潜在能力を開発する方法を見出す上で有用な手段である。テスタやエンジニアを指導する技術職のMaryam Umar氏にとって、コーチングは大いに役立っている。

  • DevOps変革をリードする - 協調的エンジニアリングアプローチ

    DevOps変革をリードする時、チームをチャンスに引き込む上で有用なのは透明性と可視性だ。ひとたび参加すれば、開発者は知識のマルチプライヤ(増幅器)として機能し、変革活動に貢献してくれる。頻繁に発生する問題の解決、複雑な問題への対処、変革の進捗状況の提示を組み合わせることで、ステークホルダの関与を維持することが可能になる。

  • テスト戦略によってデプロイメント作業の完成度とプロダクト品質を向上する

    テスト戦略の実践は、運用環境への"プッシュ・アンド・プレイ(push and pray)"デプロイメントから、継続的かつ確信を持って行うデプロイメントへの移行を支援する。さまざまなイネーブラ(enabler)を備えたフレームワークにマッピングすることにより、テストという強力なセーフティネットの下で、運用への移行に先立ってプロダクト全体の品質メトリクスを調整することが可能になるのだ。

  • レガシシステム廃止のためのパターン - ThoghtWorksが語るITランドスケープの進化

    Martin Fowler氏は先頃、"Patterns of Legacy Displacement"という一連の記事を公開した。レガシシステムのリプレースに関連した、著者らの集合的体験を要約したものだ。プロジェクトを3つのフェーズに分割し、それぞれについて列挙されたパターンに従うことで、成功の可能性は高くなる、と著者らは主張する。

  • 分散DevOpsチーム: デジタルコネクションチームのサポート

    グローバルに分散したチーム内でデジタルコネクションを確立するために、組織はチームメンバにコラボレーションツールと視覚化ボードを備えた追加のモニターの両方を提供した。オンラインチャットとホワイトボードを使用したコラボレーションは、ボードをチームのニーズに合わせる調整のため、当初は課題があった。

  • テストピラミッドを使って品質を左シフトする

    品質の左シフト(前倒し)とは、開発終了後に品質テストを行うのではなく、ソフトウェア開発サイクルの早期に品質を作り込む、という意味である。テストピラミッドモデルを使うことで、テストをより早いステージに移動させることが可能になり、統合時に問題となる欠陥を開発早期に発見することが可能になる。

  • 異文化コラボレーションの促進

    異文化間の関係を構築することは、今日の職場や世界で成功するために非常に重要である。それでも、多くの人々は、自分と異なる人々との関係を構築する方法に躊躇したり、確信が持てない。最初のステップは、自分自身を振り返り、時間とリソースをどこでどのように費やしているかに気づくことである。

  • 適応性のある報酬・表彰システムですべての世代を引き付ける

    報酬・表彰(Reward and recognition)システムは適応性があって、アジャイルで、個々の状況を考慮したものであるべきだ。どの世代であっても、仕事に求めるものは同じ - 自身の仕事を尊重されること、報酬を得ること、認められることの3つ - だが、モチベーションと報酬の形式は、世代によって違う。創造性を持って報酬・表彰システムを常に新しく保つとともに、チームに合わせていくことが必要だ。

BT