BT

InfoQ ホームページ リーダーシップ に関するすべてのコンテンツ

  • Katherine Kirk氏との一問一答 - 不確実な時代のエントロピに対処する

    Katherine Kirk氏と、コントロール喪失下での繁栄について議論した。現在のパンデミックの組織への影響を議論する中で、Kirk氏は、エントロピの影響を理解し、対抗するという、状況対応型戦略の重要性について説明してくれた。

  • 複雑なソフトウェアプロジェクトをナビゲートし、不確実な時代をリードする - InfoQ Live 9/23

    InfoQ Liveには、Red HatのGlobal Transformation Officeでシニアディレクタを務めるJohn Willis氏や、FTでオペレーションとリライアビリティを担当するテクニカルディレクタのSarah Wells氏など、世界クラスの実践家が参加して、ソフトウェアエンジニアリングリーダシップに関する価値ある洞察や実践的アドバイスを提供してくれる。

  • ソフトウェアエンジニアリングリーダーシップによるテクノロジーの提供:近々開催されるInfoQライブイベント

    InfoQ Liveは、現代のソフトウェア実務家向けに設計されたインタラクティブな仮想イベントで、9月23日に新しいトピックにフォーカスして開催される。ソフトウェアエンジニアリングのリーダーシップとチームの能力強化によって、テクノロジーを提供する。Sarah Wells氏、John Willis氏(@botchagalupe)、Holly Cummins氏、Sarah Shewell氏などのワールドクラスの実務家と共に、技術プロジェクトのリード、チームデータダイナミクスの分析、不確実なタイミングにおけるチームのリードのベストプラクティスについて深く掘り下げましょう。

  • 製品開発に態度を活用する

    シニシズム(cynicism、皮肉)、懐疑主義、楽観主義といった態度は、プロダクトを開発する方法に影響する。開発を阻害したり、あるいは誤ったプロダクトの構築に導く可能性があるため、態度を認識することは重要だ。Gwen Diagram氏に、シニシズム、懐疑主義、楽観主義と、開発者が与え得る影響、チームにおける態度への対応などについてインタビューした。

  • 職場をもっと人間的にするには

    企業は職場の人間化(humanization)に対する意識を強めることで、プロフェッショナルのパフォーマンス向上を支援しようとしている。職場をより人間化するためには、作業のオフスクリプト(off-script)化、適切な作業時間の探求、弱いリーダ、多様性の受容、などの方法がある

  • 継続的な組織改革によって企業の急成長に対応する

    急速に成長する企業には、さまざまな規模のさまざまな構造が必要になる。構造、プロセス、役割を繰り返すことで、企業の成長に伴って企業自身を改革し続けなければならない。企業の変革を成功させるには、継続的な学習が不可欠であると同時に、高いレベルの企業規模のアジリティが必要である。

  • ハイテク産業における”心の健康”: QCon London Q&A

    企業はメンタルヘルス不調(mental ill-health)により、多大な損害を被っている。ハイテク産業の移り変わりのペースと製品提供のプレッシャは、それに追いつこうと苦闘するスタッフにストレスを加え続ける。プレッシャやパフォーマンスに対するスィートスポットは人それぞれであり、時間とともにも変化する。ひとりひとりのスィートスポットを知るには、言葉を交わし、仕事の状況を知ることが必要だ。

  • サーバントリーダの孤立を避けるには

    チームの成功を祝う時、サーバントリーダ(servant leader、奉仕型リーダ)の果たした役割に対する認識あるいは理解のないことが少なくない。彼らの活動が資料に残っていなかったり、他のメンバから見えなかったりする場合があるからだ。このような孤独な状況を避けるには、サーバントリーダをサポートするネットワークを構築して、自分たちの行動を共有し、成功を称え合い、その方法についてブログを書き、自分たちの成果をマネジメントに対してアピールする、という方法がある。

  • GitLab 2020 Remote Work Reportに見るリモートワーク導入の理由

    GitHubは先頃、"2020 Remote Work Report"をリリースした。リモートワーカと雇用側の両方の視点から、リモートワークの全容が詳細に報告されている。3,000人を越える、さまざまな業界のさまざまな立場からの回答に基づいたこのレポートは、将来のリモートワークがどのようなものになるのか、その未来像を垣間見るためのものでもある。GitLabのリモート責任者であるDarren Murph氏に話を聞いた。

  • JAFAC 2019のハイライト - 第1日: リーダシップ、破壊、倫理、社会改善

    JAFAC (Just Another F#k!ng Agile Conference) 2019が、2019年9月5~6日、ニュージーランドのウェリントンで開催された。このカンファレンスは、新しいさまざまな声を表に出し、共通する疑念を解消するとともに、アジャイルのアイデアがさまざまな状況において広く適用されている方法の周知を目的としたものだ。掲げられたテーマにはリーダシップ、破壊(disruption)、倫理(ethics)、社会改善におけるテクノロジの応用、などがあった。

  • 急拡大する組織におけるリーダシップとマネジメントの重要性

    QCon New York 2019で、NPatrick Kua氏が、スタートアップのフィンテック企業で優秀なチームを育成するための種蒔きと環境の肥沃化に関して、自らが学んだ教訓を公開した。今回の記事は、急成長企業において技術マネージャを管理する方法について説明する。

  • 自律性と説明責任 - Randy Shoup氏の講演”Moving Fast at Scale”より

    WeWorkエンジニアリング担当副社長のRandy Shoup氏はCraftCon 2019で、"Moving Fast at Scale"と題して講演し、イノベーション、ビジネス価値、品質、あるいはチームの自律性といったものを犠牲にすることなく、大規模かつ迅速なチームを作り上げた氏の方法を論じた。

  • Etsyはなぜ、どのように、職場で多様性を受け入れているのか

    Etsyは、多様性と包括性を向上させるために、さまざまな方策を実施している、先日同社は、自社の指導原則に多様性と包括性を追加した。社員のライフサイクルの各ステップに包括性を統合することで、採用時の多様性向上だけでなく、包括性を備えた文化の促進を目指す。さらに同社では、ERG(Employee Resource Group)に対して、フィードバックに基づいて変革をリードする権限を与えている。

  • リーダへのキャリアチェンジ

    チームリーダになるための移行期間をメンタと共に持てたことで、Dan Persa氏は、シニアソフトウェアエンジニアからエンジニアリーダへと、スムーズに移行することができた。Codemotion Amsterdam 2019で氏は、他の開発者にもリーダへのキャリアパス選択を動機付けるべく、自身の経験や学んだことを公開した。

  • NetObjectivesのAl Shalloway氏が語る,バリューストリーム管理における経営陣とマネージャの役割

    組織がアジャイルに移行する上で,経営陣の取るべき役割は,その文化やパフォーマンスの目標に最も適した効率的な組織のビジョンをデザインし,それについて語ることだ。また,最も効果的な組織においてマネージメントの負う責務は,バリューストリームを妨げる組織的ブロッカを取り除いて遅延コストを削減することだ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。