BT

InfoQ ホームページ Lean に関するすべてのコンテンツ

  • Toyotaの方針管理を適用する

    ToyotaはリーンITの更なる活用を目指し、その方向付けのために方針管理を利用している。あらゆるレベルの従業員が方針項目について意見交換を行うことが可能であり、上層部の承認を得る可能性もある。このアプローチによって従業員から多くの積極的な参加を得て、より強力な成果へと繋げることができる。

  • リーンでEコマースを再構築する

    Auchan Franceのオンライン食料品サービスであるAuchan:Directは、新しいEコマースウェブサイトの開発にリーンを導入することにした。CEOが最初の顧客であり、新しい体験をした顧客からの継続的で高速なフィードバックを使って、ウェブサイトの品質を継続的に改善した。

  • デジタル時代のリーンな組織

    リーンITは、顧客のための価値を創造する方法、そして将来のためのより良いソリューションをいかに発展させるかについて、それらを簡素化し、改善するのに役立つはずだ。将来の組織は水平展開の製品やサービスの潮流に焦点を当て、そして専門家とマネジャーを含む他のすべての存在が、現場の人間が苦労せず必要に応じた作業を適切なときに行えるようにするためにある。

  • Lean Pilotによる改善推進

    リーン、アジャイル、リーンスタートアップは、改善を進める上でお互いを強化することができる。データ駆動型改善フレームワークであるLean Pilotsは、部門間の協力を阻害する主要な組織的障害の排除を目的として、組織内の継続的改善の推進に使用される。

  • フィンランド国営放送Yleにおけるリーンとアジャイルカルチャー

    リーンとアジャイルをスケールすることはフレームワークの問題ではない -  価値、原則、そしてマインドセットの問題なのである。Yle の会社経営層は、実験を行うこと、学習して実施することにより、アジャイルトランスフォーメーションに深く関わってきた;フレームワークを実装したことによるのではない。マジックは、あらゆるレベルにいるチームの人々と一緒に作業することで起きる。

  • ING Bankのリーンリーダーシップによる組織改善

    改善を組織化し本当の学習が生まれるようにするのはマネージャの仕事だ。真の学習のためには未知を受け入れ、自身の知識の境界を超える必要がある。アジャイルでリーンな継続的デリバリによって学習能力を高めることができる。

  • オピニオン:2017年のCulture & Methods は何が待ち構えている?

    われわれは InfoQ Culture & Methods の編集チームに、2017年のテクノロジー分野で目立ってくるトレンドは何か、世界中の組織に影響するものは何か調査を行った。

  • レトロスペクティブを越える継続的改善

    継続的改善(continuous improvement)を望むならば,まずはレトロスペクティブから始める方法もあるが,マネジメントの変革や文化の改革,イノベーションによって,さらに先に進まなければならない。組織の変革を実現する上で最も重要なのは,新たな習慣を作り上げること,文化を変えること,この2つだ。

  • Agile 2016: Lee Cunningham氏が大規模アジャイルとVersionOneについて語る

    先日のAgile 2016カンファレンスで,VersionOneのエンタープライズアジャイル戦略シニアディレクタであるLee Cunningham氏がInfoQの質問に答えて,アジャイルのスケーリング,ITを越えたアジャイルの拡張,価値の認識,VersionOneプラットフォームの方向性などについて話してくれた。

  • アジャイルコラボレーター、リーダー Jean Tabakaとの別れ

    アジャイルコミュニティはソートリーダー、インフルエンサー、そして友であるJean Tabaka氏を失った。彼女は今週初めに亡くなり、CA Technologies (前Rally Software)におけるアジャイルフェローとしての仕事、そして"Collaboration Explained: Facilitation Skills for Software Product Leaders"の著者としてよく知られていた��

  • Wrike、2016年版アジャイルマーケティングサーベイ結果をリリース

    ワークマネジメントおよびコラボレーションプラットフォーム企業Wrikeが、アジャイルの利用、仕事にどう役立っているか、その全体的な満足度について、800名のマーケティング担当者を調査した。

  • VersionOneが第10回のState of Agile年次調査結果をリリース

    VesionOneが第10回のState of Agile年次調査結果をリリースした。世界各国からの3,800件を越える回答を元にした調査結果は,アジャイルメソッドが具体的なメリットを提供していること,ソフトウェア開発の既定のメソッドとして着実に浸透していること,ソフトウェア以外の領域にも拡大し始めていること,などを示している。

  • Tomas Rybing氏による"標的型かんばんボード"の紹介

    この記事では,Tomas Rybing氏の紹介する,射撃の標的を応用したかんばんボードについて説明する。

  • Shane Hastie氏、ビジネス課題に対するアジャイルマインドセットの適用について語る

    Shane Hastie氏がAgile Tour Singapore Conference 2015でキーノートを行い、アジャイルマインドセットとそれが難問解決にどう役立つか説明した。

  • チームレベルのパフォーマンス最適化をすべきでない理由とは

    Klaus Leopold氏がGOTO Berlin 2015カンファレンスでの講演で,チームレベルのパフォーマンスの重視が多くの場合,局所的な部分最適化を引き起こし,結果としてチーム全体のアジリティが向上しない理由について,詳しく説明した。InfoQは氏にインタビューして,なぜアジャイルフレームワーク導入がアジリティ向上に結び付かないのか,コラボレーション向上にかんばんをどのように利用すればよいのか,チームがかんばんに期待できるメリットは何か,などを聞いた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。