BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Lean に関するすべてのコンテンツ

  • カンバンは進化的変化をどのようにサポートできるのか

    進化的変化とは、現在の場所から始めて、一度に1つの小さな変化で改善することだ。変化を引き起こし、それを制度化するには、ストレッサー、内省メカニズム、リーダシップの行動が必要だ。共感的理解によって、変化エージェントは、誰かと共鳴するものを見つけ、抵抗に対処できる。

  • リーンと「LeanとDevOpsの科学 (Accelerate) 」を適用して価値をデリバリする: QCon Plus Q&A

    リーンの原則と実践の背景にある科学と数学を理解することで、エンジニアリングリーダは、職場でそれらを提唱し、実装することができる。このようにして、David Van Couvering氏がQCon Plus 2020で価値を提供するためのリーン原則と実践の適用についての講演で説明したように、従業員のエンゲージメントと士気、そして収益に直接影響を与えることができる。

  • リーンによってITチームの業務にプライドを取り戻す

    より強いチームワーク、日々の業務に対するより明確なビジョン、業務に集中することのできるチーム、優れた業務を行うことに対する高い意識 — ActaのITチームがリーンの導入によって得たメリットとして、Mélanie Noyel氏はこのようなことを挙げた。氏はLean Digital Summt 2019で、リーンによるITチームの日常業務の改善について講演した。

  • 第14回 State of Agile Report が公開

    第14回 State of Agile Report が公開され、ソフトウェアプロフェッショナルはオンライン調査への参加を勧められている。

  • アジャイルな見積もりのためのウェブベースのモンテカルロシミュレーション

    モンテカルロシミュレーションを利用した、プロジェクト見積もりを計算するウェブベースのツールが最近公開された。アジャイルチームがそれを使って、過度に甘い見積もりではなく、現実的な成果にフォーカスしつつ、スクラムマスターとプロダクトオーナーの会話を円滑に進められればという願いが込められている。

  • リーンにアジャイルを加えるToyota Connected

    リーンプロダクト開発にアジリティを加えることで、Toyoa Connectedでは、より早いデリバリ、より高い品質、より低いコストの実現を可能にした。Nigel Thurlow氏は、Lean Digital Summut 2018で"Lean is NOT enough"と題して講演し、コロケーションチームやアウトソースチームにおけるアジャイルの実践方法、ポートフォリオ計画をエグゼクティブ優先モデルにすることによるビジネスアジリティの向上,などについて話した。

  • リーンコーディングでより良いコーディングを学ぶ

    リーンコーディングは、実際のコーディング作業についての洞察を提供することを目的としており、開発者が10分レベルで物事が想定通りに進行していないことに気付き、直ちに支援を求めることを可能にする。開発者はリーンコーディングを使用することで、より良いコードを書けるような技術的スキルを向上させることができる。

  • リーン原則を使って増員せずにデリバリを倍増する

    リーンツールは生産性の向上と顧客コミットメントの改善に寄与する。Keepeekでは、問題解析にプルフロー、PDCA、Red Binといったテクニックが使用されている。改善で最優先されるのは顧客への影響だ。その結果、同社のスループットや顧客満足度は著しく向上し、NPSが改善された。

  • リーンを使ってデジタルネイティブから何を学べるか

    Theodo UKの創業者でありCEOであるFabrice Bernhard氏は、Lean Digital Summit 2018で ”what lean can learn from digital natives(デジタルネイティブからリーンは何を学べるか)”という講演を行った。デジタルネイティブはリーンスタートアップやアジャイルプラクティスになじんでおり、彼らはアジャイルとトヨタ生産方式を結びつけ、アイデアの実験、イノベーションの展開、スケールの高速化を可能にして先へと進んでいく。

  • カスタマーサポートに人間性を取り戻す

    サポートチームを大事にすれば、彼らは顧客を大事にしてくれる。サポートチームはトレーニングを受け、信頼される必要があり、仕事に対して自律性と所有権が与えられて然るべきである。ボットは、人々が問題を解決するの��助けるカスタマーサポートで使われるべきではない;人が人を助ける必要があるのだ。たとえそれがロボットを雇うより高くつくとしても。

  • 分散チームの同調を保つには

    分散チームの最大の課題はコミュニケーションである。コミュニケーションは、コラボレーションの基本ルールを確立する上で不可欠なものだ。お互いの連絡に都合のよい勤務時間へのシフトやチームリエゾンは、コミュニケーションと作業同期を行なう上で有効な手段である。信頼と尊敬とオープン性に立脚したチームは、組織全体の人々を積極的に支援し、チーム間の同調を維持する文化を育む。

  • すべてのマネジメントをアジャイルに - Fin Goulding氏の講演より

    AvivaのインターナショナルCIOであるFin Goulding氏が、先日のDevOps Enterprise Summit Londonで、組織全体のフロー原理(flow principles)によるアジャイル能力向上について講演した。講演で取り上げられた内容のいくつかについて、詳しい説明を氏に依頼した。

  • The Phoenix Project後の世界をJohn Willis氏とGene Kim氏が語る

    IT Revolutionは、約8時間に及ぶオーディオブックを発表した。これは、Beyond the Phoenix Project; the Origins and Evolution of DevOpsという名前で、Gene Kim氏とJohn Willis氏の対話だ。

  • 第12回 State of Agile Reportが公開

    2018 State of Agile ReportがCollabNet VersionOneから公開された。報告書の結論からは、顧客満足度の必要性の増大、アジャイルを大規模展開する企業の増加、アジャイルソフトウェア開発における分散型チームの一般化に加え、多くの企業が今後12ヶ月以内にDerOps活動を開始ないし計画していることが確認される。

  • アウトソーシングのためのリーンアジャイル調達

    アジャイルを導入している組織にとっての最後の障壁の1つは、調達プロセスである。最近のAgiliaカンファレンスで、Mirko Kleiner氏が調達担当者、ITチーム、サプライヤが関与するサービス契約交渉のアプローチであるLean-Agile Procurementを提案した。これは、顧客ニーズに対応するために闘争的なスタンスから協力的なアプローチに移行するためのものである。

BT