BT

InfoQ ホームページ nHibernate に関するすべてのコンテンツ

  • NHibernateがIesi.Collectionsを削除,SQL Server 2012サポートを改善

    NHibernate 4.0 GAがリリースされた。 .NET 4.0をサポートする一方で,従来のIesi.Collectionsライブラリが外されている。さらにシーケンスやクエリ結果のページングなど,SQL Server 2012機能も部分的にサポートしている。

  • ORMと永続性非依存

    Julie Lerman氏は先日,Entity Frameworkでprivateなコンストラクタとprivateなプロパティセッタを持つクラスの操作が可能なことを指摘した。永続性非依存を促進するこの特性について,もっと詳しく見てみよう。

  • NHibernate と Entity Frameworkの比較

    ポルトガルの 開発者Ricardo Peres氏は、主要な.NET ORMであるNHibernate と Entity Framework を見たところ公平に比較し、公表した。両方を考えている人には、彼の記事、NHibernate と Entity Frameworkの差を読むことを薦めるが、主要な差の幾つかは、難しい。

  • LLBLGen Pro 3.5がOData、SQL Server 2012のサポート、デザイナーの改善を追加

    ORMツールであるLLBLGen Proのバージョン3.5が今週リリースされた。その中には、 Entity Frameworkへのアップデート、 NHibernateのサポート、デザイナーの改善、そしてランタイムへのいくつかのアップデートが含まれている。

  • S#arp Lite: シンプルなS#arp Architecture

    S#arp Liteはより使いやすくしたS#arp Architectureだ。NHibernateを使ってデータベースに接続するためのプロジェクトテンプレートや、再利用可能なクラスライブラリ、ベースリポジトリクラス、そしてサンプルプロジェクトを含んでいる。

  • NHibernate 3.0 公開

    NHibernate 3.0 は人気 ORM の一年ぶりとなるメジャーリリースである。今回のリリースでは,CLR のバージョンが .NET 3.5 に変更されている。これに伴って QueryOver API が実現され,これまでの文字列ベースの ICriteria 式が,強く型付けされた lambda 式に置き換えられる。これはビルトインされた LINQ プロバイダの付加機能である。

  • NHibernateの最新開発状況

    NHibarnate関連で最近、NHibernate 3.0.0α1、NHibernate 3.0をサポートするNHibernate Profiler、HQL Language Service for Visual Studioなどが開発されている。

  • LLBLGen Proが複数の永続化フレームワークをサポート

    LLBLGen Proは、複数の永続化フレームワークをサポートするORMツールである:LLBLGen Pro Runtime, Entity Framework, NHibernate and LINQ to SQL。他の新しいフィーチャとしては: .NET 4.0、モデル-ファーストあるいはデータベース-ファースト開発モード、モデル ビュー、プロジェクトの検証のサポートがある。

  • 討論 : NHibernate と EF 4 の比較

    近頃、Oren Eini氏 (別名Ayende Raheim氏)の記事をきっかけにして、NHibernate と Entity Framework 4.0というふたつの .NET のオブジェクト/リレーショナルマッピングフレームワークについて、それぞれのメリットと能力に関する議論がわき起こった。InfoQはこの議論が与えてくれる視点を理解するため、この議論の詳細に分け入った。

  • .NETプラットフォーム用のORMプロファイリング・ツール

    悲しいことに、「ORM」という言葉には、「パフォーマンス問題」がいつも付きまとう。開発者から基礎となるSQLを隠すことで、ORMは、大きな生産性の向上を提供することができる。残念ながら容易に、ばかばかしいほど悪いクエリを生成し、それを認識することもない。クロスリファレンスするストアド・プロシージャなしで、ORM用のプロファイラを使わずに問題のあるコードを見つけるのは、非常にトリッキーな方法が要る。

  • Fluent NHibernate が 1.0RC をリリース

    Fluent NHibernate プロジェクトのオーナである James Gregory 氏は,プロジェクトが 1.0 マイルストーンに到達したと発表した。同プロジェクトは現在,リリース候補(Release Candidate)の段階にある。

  • 詳細なNHibernateマッピング

    Ayende Rahien氏は、13のブログ投稿記事を掲載した。それらは、さまざまなNHibernateマッピングを詳細に例を交えて説明している。Ayende 氏は、NHibernateの寄稿者の1人であり、 NHibernate Profilerの作成者であり、NHibernateを何年も使用している。

  • Fluent NHibernateがWikiを搭載

    Fluent NHibernateは、NHibernateでのXMLマッピング使用に代わるものである。Fluent NHibernateは、緩やかなインターフェイスを使用し、XML.の代わりにコードでマッピングの定義を可能にする。コミュニティの人によっては、 Fluent NHibernate用の文書が不足していることに不満をこぼすものもいて、その反応として、近ごろJames Gregory氏はFluent NHibernate向けの正式なWikiを発表した。

  • 新しいNHibernateコミュニティサイト

    NHibernateチームの一員であるFabio Maulo氏はNH Forgeと呼ばれる新しいNHibernateのWebサイトの開設を発表した。その名称は、NHibernateがかつてSourceForge.netでホストされていたことを思い起こさせるものである。新サイトの目的は、NHibernateコミュニティを統合して、必要なすべてのものを1ケ所にまとめることである。

  • NHibernate 2.0 リリース

    NHibernate 2.0は、Ayende Rahien氏によって一般利用が発表されて、公に知られるようになった。発表は、アルファとリリース候補版の数ヵ月後に行われ、現時点ではHibernate 3.2の機能と適合する。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。