BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース Article: かんばんボードによるプロジェクトの見える化

Article: かんばんボードによるプロジェクトの見える化

ブックマーク
アジャイル開発でプロジェクトを進めている現場では、やるべき作業を表す付箋や、進行状況を示すチャートをプロジェクトルームの壁に貼って状況を見える化し、共有している光景をよく見かけます。

本Articleにおいて、日本におけるプロジェクトファシリテーションのの第一人者である平鍋健児さんが、昨今のアジャイル開発プロジェクトで広く浸透している見える化の手法を見ていきます。その中で、チーム全体がプロジェクトの今の状況を把握し、開発者の自律的な作業を可能にし、協調作業を促進する、三つの視点(とき、こと、ひと)をうまく使うかんばんボードの利用法を提案します。そして最後に、三つの視点によるプロジェクトの見える化を実現している、かんばんボードのソフトウェアによる実装“TRICHORD”を紹介します。

本文はこちらからご覧ください。

また、アジャイル技術に関する他のコンテンツは、こちらからご覧ください。
チームワークに関する他のコンテンツは、こちらからご覧ください。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

BT