BT

InfoQ ホームページ ニュース ErlangおよびRubyの総まとめ:Vertebra、Fuzedでのスケーリング、Github

ErlangおよびRubyの総まとめ:Vertebra、Fuzedでのスケーリング、Github

ブックマーク
近ごろ、さまざまな方法でErlangを使用したプロジェクトをRubyチームが開始した。Erlang(参考記事リンク)が使用される3つの方法を見てみることとする。

EngineYard'のVertebra(参考記事)は、RubyおよびErlangの組み合わせに依存している。以前、以下のように取り上げた。
セキュリティ/ディスカバリー機構、状態マシンワークフローシステムおよび分散キー値ストレージシステムは、すべてErlangで記述されている。エー ジェントを記述するためのエージェントフレームワークはすべてruby経由であり、エージェントの実際の機能性はrubyである。
システムはErlangベースのejabberd(リンク)を中心に構築され、ejabberdはXMPP(リンク)でメッセージングを実装する。Erlangで記述される別 のメッセージングサービスはRabbitMQ(リンク)で、ビジネスメッセージングのインターネットプロトコルであるAMQP(リンク)を実装する。

検索エンジンPowerset(リンク)(近ごろMicrosoftがPowersetを買収)(リンク)は、ErlangやRubyを含む多くのテクノロジー(リンク)上にビルドされる。このインフラの一部は、現在Fuzedという名のもとGithub(リンク)で利用可能である。以下は、プロジェクトのReadmeからの抜粋である。
FuzedはErlangベースのクラスタリングシステムであり、複数の単一スレッドプロセス(信頼度は不明)がリモートホストへの要求に応えることがで きるプールになるよう意図されている。このようなリソースは同種である必要がなく、Fuzedは内部的にそれらを同種プールに分割し、ソフトウェアバー ジョンの「ストリームを越える」ことなしに要求に応える。 これはPowersetのインターナルクラスタリングソフトウェアのリリースであり、Railsでの使用に適合しているが、 generic_json_responderで、正確には内部でどのように使用されているのかを確認するとよい。
FuzedはRubyとErlangを接続するライブラリであるErlectricity(RubyForgeプ ロジェクト)(リンク)を活用する。それは、JavaとErlangを接続するJInterface(リンク)ライブラリに似ている。こうしたライブラリはErlangのポー トおよびメッセージングシステム(リンク)にビルドされる。ざっと概要を知るには、Scott Fleckenstein氏のErlectricity入門を読むとよい(リンク)。Scott Chacon氏は、Amazon EC2でFusedを使用した経験について書いた(リンク)

最後に、Tom Preston-Werner氏が取り掛かっているegitd(リンク)についてgithubブログ上で述べた。

過去数週間に渡り、新しく斬新な方法でGitHubを進化させることを可能にする機密のErlangプロジェクトに取り組んできた。そのプロジェクトはegitdと呼ばれ、gitでシップされるストックgitデーモンの代わりである。

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2008/07/erlang-ruby-roundup

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。