BT

InfoQ ホームページ ニュース Microsoft Patterns&PracticesがEnterprise Library 4.1およびUnity Application Block 1.2をリリース

Microsoft Patterns&PracticesがEnterprise Library 4.1およびUnity Application Block 1.2をリリース

ブックマーク

Microsoft Patterns & Practices(リンク)は、Enterprise Library 4.1(リンク)の可用性を発表した。Enterprise Libraryは、再使用可能なソフトウェアコンポーネント(アプリケーションブロック)のコレクションで、ソフトウェアデベロッパがエンタープライズ開 発で出くわす一般的な課題(ロギング、妥当性検査、キャッシング、例外処理など)を支援することを意図している。アプリケーションブロックは、 Microsoftが提案する開発実践を要約した一種のガイダンスである。

その記事(リンク)によると、このリリースは5月のリリース(参考記事)にビルドし、一貫性、拡張可能性、使い易さおよび統合に重きを置く。バグ修正およびVisual Studio 2008 SP1のサポートの他に、機能拡張には以下が含まれる。

– ユーティリティ代行受信機構およびPolicy Injection Application BlockとUnity Application Blockの統合

– Unity Application Blockでの汎用に対する追加サポート

– Unity Application Blockでの配列に対する追加サポート

–パフォーマンスの改善

– 構成ツールの使用性の向上

その発表では、既存の公開API(v3.1およびv4.0)がまだサポートされていることが触れられた。

リリースは、QuickStartのサンプル、Hands-On Labs、Enterprise LibraryおよびUnityのWebキャストおよびデモコードが付属している。

その発表で明らかにされているように、そのリリースにおける重要な機能拡張は、Unity Application Block 1.2(リンク)に関連している。Unity Application Block (Unity)は、軽量であり、拡張可能な依存性の注入/制御の反転(IOC)コンテナである。Unityアプリケーションブロックは、スタンドアロンラ イブラリとしても利用可能である。上記にあるように、ライブラリの改善は、汎用、配列およびパフォーマンスに対するサポートの改善に関わる。

Unityのリリースは、Unityを使用した依存性の注入の導入(リンク)およびUnityの依存性注入コンテナの拡張方法(リンク)を提供するクイックスタート(リンク)および Webキャストが付属している。プロジェクトソースは、 www.codeplex.com/unity で利用可能であり、Community Extensions(リンク)向けのCodeplexプロジェクトもある。

 

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2008/11/enterprise-libary-unity-release

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。