BT

InfoQ ホームページ ニュース JRuby 1.1.5のリリース

JRuby 1.1.5のリリース

ブックマーク

JRuby 1.1.5が利用可能である(リンク)(JRubyダウンロードのページ)(リンク)

リリースノートに記されている主な変更は、以下のとおりである。

-クラスごとのメソッドキャッシング( send、respond_to?およびdefined?の改善)
- Constantキャッシュが定数ルックアップを改善
- コンパイルされた実行におけるメモリ使用量が削減
- Java統合回帰の修正

Constantキャッシュは、バグ「JRUBY-3052 Cache Constants at their call site (const_node)」(リンク)で説明されていた。Github commit of Constant caching(リンク)は、変更に関係したものを示す。

現在、Ruby MRIだけでなく Rubiniusでも利用可能なRuby-ffi(リンク)が1.1.4以降、JRubyと共にシップされている。1.1.5で、ruby-ffiがコールバックサ ポートをインクルード(リンク)したことで、コールバック機能を見込んでいる機能にRubyブロックをパスすることが可能になる。

JRuby 1.1.5はまた、REXMLにおけるDOSの脆弱性(リンク)を修正する(InfoQが脆弱性を取り上げている)(リンク)

最後に、JRuby 1.1.5はRubyGems 1.3.1と共にシップされる。

 

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2008/11/jruby-115

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。