BT

JRuby 1.1.5のリリース

| 作者: Werner Schuster フォローする 6 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2008年11月9日. 推定読書時間: 1 分 |

JRuby 1.1.5が利用可能である(リンク)(JRubyダウンロードのページ)(リンク)

リリースノートに記されている主な変更は、以下のとおりである。

-クラスごとのメソッドキャッシング( send、respond_to?およびdefined?の改善)
- Constantキャッシュが定数ルックアップを改善
- コンパイルされた実行におけるメモリ使用量が削減
- Java統合回帰の修正

Constantキャッシュは、バグ「JRUBY-3052 Cache Constants at their call site (const_node)」(リンク)で説明されていた。Github commit of Constant caching(リンク)は、変更に関係したものを示す。

現在、Ruby MRIだけでなく Rubiniusでも利用可能なRuby-ffi(リンク)が1.1.4以降、JRubyと共にシップされている。1.1.5で、ruby-ffiがコールバックサ ポートをインクルード(リンク)したことで、コールバック機能を見込んでいる機能にRubyブロックをパスすることが可能になる。

JRuby 1.1.5はまた、REXMLにおけるDOSの脆弱性(リンク)を修正する(InfoQが脆弱性を取り上げている)(リンク)

最後に、JRuby 1.1.5はRubyGems 1.3.1と共にシップされる。

 

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2008/11/jruby-115

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

特集コンテンツ一覧

.NETの派生を理解する

Wayne Citrin 2018年7月18日 午前3時44分

ASP.NET Core - シンプルの力

Chris Klug 2018年6月4日 午前3時26分

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT