BT

InfoQ ホームページ ニュース IBMのBPM Zero Project:RESTfulワークフロー管理

IBMのBPM Zero Project:RESTfulワークフロー管理

ブックマーク

IBMの著名なエンジニアであるChristina Lau氏が、近ごろDevoxxカンファレンスにおいて、「BPM 2.0 -a REST based architecture for next generation workflow management」をプレゼンした(PDF)。その目標は、BPM-as-a-Service(BaaS)の理解を深め、それに備えることである。

Rashid Khan氏の投稿記事(リンク)に基づき、5つの主要概念でBaaSを定義している。

  • ホスト環境においてプロセスをモデル化し、実行する。
  • 内部のファイアウォールデータとインターネットサービスを統合する。
  • ビジネスユーザが協働し、RIAテクノロジーを使用したブラウザで、ビジネスプロセスを作成する。
  • インターネットを介して、プロセスを監視、管理、評価および議論する。
  • Webベースの報告および監視(BAM)機能。

こうした原則に従いながら、BPM Zeroプロジェクト(IBMの Project Zero(参考記事・英語)の一部および詰まるところWebSphere sMash)を開始した。BPM ZeroはWebべースのBPMNエディタを提供する。プレゼンではまた「HTTP activities」:受信、応答、起動と呼ばれている専門的なBPMNアクティビティを目玉にしている。

BPM ZeroはILOG JRulesを統合し、意思決定サービスのビジネス中心の構成 を提供する。

Christina氏とそのチームが、BPM Zeroと彼らが言う「RESTful SOA」:フィード、Twitter、チャット、Eメール、SaaS(Googleアプリケーション)、IaaS(ストレージ)などが完全に統合されるこ とを見込んでいる。Christina氏は、軽量ワークフローがスクリプト記述エンジンとして機能し、RESTfulサービスを結合することを説明してい る。

このスクリプト記述言語の主な特徴は以下のとおりである。

  • BPEL実行セマンティクスのコンパチブルなサブセット
  • 秒単位の起動と実行
  • 内蔵型拡張メカニズム
  • ビルトインセキュリティサポート

Christina氏が説明しているように、セキュリティはこのプロジェクトにおいて重要な項目である。

ワークフローは、たとえばHTTP基本アクセス認証、OAuth、OpenIDなど、さまざまなセキュリティメカニズムを持ったサービスを起動することができる。

最後に、BPM-as-a-Serviceの利点を利用する際の提案をしてまとめている。

  • BPMNを使用し、プロセスを記述する
  • REST可能なAsset
    • 内容を簡潔にして、人による読み取りが可能にする(XML、Atom、JSON)
    • HTTPアクション(GET、POST、PUT、DELETE)のURLを介して、利用可能にする
  • 低コストのデプロイメントおよびクラウドでホストされたサードパーティーアプリケーションを利用する

このプレゼンは、クラウドコンピューティングがBPMに大きな影響を与える(参考記事)というメッセージを送り続けていく。また、すでに市場に出回っている製品(RunMyProcess.com(リンク)やMyProcess.com(リンク)など)や、まもなく発売される製品にも反響する。

 

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2008/12/bpm-zero

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。