BT

Your opinion matters! あなたのご意見でInfoQが変わる!

開発の分散は品質の問題が生じるだろう

| 作者: Vikas Hazrati フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 沼田 暁子 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2009年1月5日. 推定読書時間: 4 分 |

あなたのリクエストに応じて、ノイズを減らす機能を開発しました。大切な情報を見逃さないよう、お気に入りのトピックを選択して、メールとウェブで通知をもらいましょう。

「ロケーション間でのスキルレベルの違いによるソフトウェアの品質の問題」は世論調査結果からわかった最も興味深いことの一つであるが、この調査は2008年9月のReg読者調査(リンク)で行われたものである。この調査の回答者は369人で、その内80%は分散ソフトウェア開発を直接経験していた。地理的には44%が英国、36%が米国、そして他の場所が20%に分かれていた。

コミュニケーションとコラボレーションは依然として分散開発の主要な課題であり回答者の85%以上が挙げていたが、驚いたことに2番目は、調査によると、サイト間でスキルセットに差異があり過ぎることに起因するソフトウェアの品質の問題であった。もう一つ密接に関係している問題は、プラクティスやプロセスの質における違いである。これらの課題は、組織の種類や以下のような管理手法にかかわらず、該当するものであった。分散開発において、回答者たちが利用している3つの主な手法には以下のものがある。

  • ハブ・アンド・スポーク – 中心となる開発機能を地理的に分散されたチームが囲む
  • ピア・ツー・ピア – 全てのアクティビティを対等な立場のチームで分担する
  • アドホック – 一貫した方針は無く様々な手法を組み合わせる

調査では、分散開発の課題はアドホックな手法をとると大きくなることが明らかになったが、しかし、課題の順番は手法を問わず同様であった。手法全体で報告された課題の上位5つは次のものである

  1. 全般的なコミュニケーションやコラボレーションの課題
  2. ロケーション間でのスキルレベルの違いによるソフトウェアの品質の問題
  3. 組織を構築する方法に関する政治的な課題
  4. プロセス/プラクティスの違いによる品質に関する懸念
  5. 分散開発の複雑さに起因するプロジェクト管理の問題

分散開発の背後にある一番の動機は、コストに照らしたリソースの柔軟性と戦略上の価値からきたものである。これは、コストだけに焦点を合わせることは役に立たないという意見に至るかもしれないが、それは安価なリモートのリソースが不十分な経験やスキルに結びつくかもしれないからである。

もう一つの興味深い意見は、どれが分散可能であるかというアクティビティに関する結果である。回答者たちの中でハブ・アンド・スポークの手法をとっている人たちは、仕様の定義や分析、設計のような、何らかの重大なアクティビティよりも、コーディングやテストのアクティビティを分散することを好んでいる。ピア・ツー・ピアの手法をとっている人たちは、これらの重大なアクティビティを分散することを、比較的に渋ってはいなかった。

同じような分析の中で(リンク)、Scott Ambler氏(リンク)はDr. Dobb'sが行った2008年のアジャイル採用に関する調査(参考記事)の結果をまとめたが、その中では、プロジェクトの成功率が地理的な距離に反比例することが明らかにされた。以下はアジャイルチームの成功率である。

  • 一緒にいたチーム – 83%
  • 近くにいたチーム – 72%
  • 遠く離れていたチーム – 60%

Scott氏の意見では、コミュニケーションとスキルの発展を助ける分散開発成功への鍵(リンク)は、次のものである。

  • プロジェクトの開始時に全てのチームが集まる。
  • 比較可能なスキルを確立するため、いくつかの最初のモデリングを前もって行う。
  • ハイレベルな計画を立て、主要な依存関係とマイルストンの日付を確認する。
  • アーキテクチャを中心としてチーム構造を組織化し、いくつかのサブチーム間で必要となるコミュニケーションを減らすようにする。
  • チームが同じ場所で作業する場合よりも優れたツールを使う。なぜなら離れたところでは、インデックスカードやコルクボードやホワイトボードはうまくいかないからである。
  • 使節の役割をする人や境界をまたぐ人を作ること。

他に、Martin Fowler氏(リンク)のOffshore Development(リンク)(オフショア開発)や、Jeff Sutherland氏(リンク)が分散開発成功のための優れたプラクティスについて話したReaching Hyper-Productivity with Outsourced Development Teams(リンク)(アウトソースされた開発チーム群で高い生産性に到達する)などのサクセスストーリーがある。

分散開発は自らの課題を抱えているが、今日の世界における現実である。鍵は、効果的なツールを使用することと、より優れたコラボレーションのプラクティスにあり、それらはコミュニケーションの促進や地理的な配置を超えたスキルの構築を支援するだろう。

 

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2008/12/distributed-development-quality

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT