BT

ECMA Common Language Infrastructure 5th Edition

| 作者: Jonathan Allen フォローする 530 人のフォロワー , 翻訳者 佐々木 由也 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2010年5月5日. 推定読書時間: 1 分 |

原文(投稿日:2010/04/20)へのリンク

CLI標準化を担当するECMA作業部会は、 作業ドラフト第5版を公開した。CLIは、マイクロソフト社の、.NET プラットフォームの部分集合であり、Ecmaインターナショナルの配下に置かれてきた。公式にはヨーロッパ電子計算機工業会として知られている ECMA インターナショナルは、国際標準化機構(ISO)と競い、且つ、互いに補完している。

この経過を追跡すると、標準の第3版が第5版として描かれているというかなり奇妙な事が見つかるかもしれない。この状況は、ECMAとISOの相互標準化プロセスにより生じる。 例えば、2006年にECMAにより第3版が批准された後、それは、ISOのファーストトラックプロセスにはいった。一度ISOで批准されると、その結果の文書である ISO/IEC 23271:2006は、 EMCAによって第4版として採用された。

更に付け加えると、どの程度現実かわからないが、企業の得られる利点は、 ECMA 標準は規格は自由に利用可能であるという面で、ISOの規格より有利である。 現行版全ての以前の版は、 数多くのミラーサイトやECMAのウェブサイトから入手できる。

標準規格でカバーされる名前空間は、きちんと解説されているが、かなり限られたものである。以下のとおりである。

System
├───Collections
│ ├───Generic
│ └───Specialized
├───Diagnostics
├───Globalization
├───IO
├───Net
│ └───Sockets
├───Reflection
├───Runtime
│ ├───CompilerServices
│ └───InteropServices
├───Security
│ └───Permissions
├───Text
├───Threading
│ └───Parallel
└───Xml

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT